デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« デジタルツール入れるなら、このバッグ | メイン | 「なるほど、Appleはそこを突くのか……」という広告動画 »

2018年2月26日 (月)

『EOS M』に『Kiss』が付いた意味。万民のための『キヤノンEOS Kiss M』登場!

Kiss Mは、M5の後継、いわばM7

今日、キヤノンからEOS Kiss Mが登場した。

Eebf4020ab6b2e76e7e8f0a32a7d052c

『EOS M』とは、キヤノンのミラーレスシリーズ。EOS Mは、2012年6月に発売された、キヤノン初のミラーレスカメラ。M2、M3と代を重ねたが、一眼レフシリーズに対して、どうしてもAFの遅さなどが気になるモデルだった。

2016年11月のM5になって、『デュアルピクセルCMOS AF』を搭載。一眼レフに勝るとも劣らないAF速度を手に入れた。続いて発売されたM6はM5のEVFなしという位置づけのモデル。

そして、今回発表されたEOS Kiss Mは、いわばM7に位置するモデル。

DIGIC 8搭載。約2,580万画素相当のAPS-CサイズCMOSはM5とほぼ変わらないが、常用最高ISO感度は25600だが拡張51200相当。動画撮影時も常用12800だが拡張25600相当となった。

連続撮影はAF固定で最高約10.0コマ/秒、AF追従で約7.4コマ/秒と、EOS M5をもしのぐ。

液晶ディスプレイはM5の3.2型 約162万ドットから、3.0型の約104万ドットに縮小されたが、バリアングルタイプとなった。

さらに本体重量は約427gから、約387g(ブラック)/約390g(ホワイト)へと軽くなっている。


3月下旬発売、7万3500円(ボディ・税別・キヤノンオンラインショップ販売予定価格)。


『Kiss』らしく、軽快にして扱いやすい

IMG_0768_Flick_AO

お借りして、使ってみて、その名の理由はしっかりと感じ取れた。

『Kiss』はEOSシリーズで最も普及価格帯のモデル。同時に、初心者が使っても戸惑うことなく軽快に使えなばならない。

EOS M3までのモデルでは、子供の笑顔の瞬間を、運動会のゴールの瞬間を撮るには動きが遅過ぎたし、使い勝手も良くなかった。

M5になって、ようやくその速度を得たし、さらにそれに使い勝手の良さを加えて、『Kiss』の名を冠するモデルとなったのだ。


IMG_0741_Flick_AO

EOSが連綿と引き継いできた性能と、EOS Mが磨いてきたコンパクトネス。その進化の果てに、登場したのが『EOS Kiss M』なのだ。

IMG_0789_Flick_AO
撮影モードも多彩で、シャッター速度優先、絞り優先、マニュアル撮影などが可能なのは言うまでもないが、もっと簡単にボケ具合や、色味を設定することもできる。

IMG_0779_Flick_AO

はじめてカメラを持ったお母さんでも、我が子のかわいい笑顔の瞬間を最高の画質で撮影できるし、もっと上手に設定を扱える人なら、さらに思い通りの写真を撮れるのだ。

いくつか、試しに撮ってみたので、ご覧いただきたい。

試用できた時間は限られていたのだが、コンパクトなボディは持ちやすく、レスポンスもよく、日常持ちのカメラとしては、とてもいいカメラだと思う。特に私のように、EOSの操作系に慣れている人間にとっては、非常に扱い良い。

IMG_0160

(EF-M22mm  1/165 F2  ISO100 EV±0)

IMG_0174

(EF-M22mm  1/80 F2  ISO200 EV±0)

IMG_0187

(EF-M22mm  1/80 F2  ISO800 EV±0)

IMG_0233
(クリエイティブフィルターモード、ジオラマ風)

コンパクトで、扱いやすく、その気になれば詳しい設定も可能なキヤノンのミラーレス『EOS Kiss M』。興味がある方は、ぜひ店頭で、試してみて欲しい。

(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー