デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« cheeroの5万mAhのモバイルバッテリーは『宅内モバイル』の世界を開く | メイン | AndMeshのiPhone X用ケースが、相変わらずテッパンのフィット感 »

2018年2月22日 (木)

cheeroからApple Watchユーザー必携の充電台登場

Apple Watchも進化して、2〜3日はバッテリーが持つのだが、忘れないようにするには、毎日充電するのがいい。そして、毎日充電するためには、置き場所を変えないことが大切。

そういう意味では、純正の充電ケーブルは、Apple Watchの位置が落ち着かない。

他社製で、充電台はけっこう出てるが、多くは、純正の充電器をハメ込む形式のもの。しかし、cheeroから発売された『Charging Dock for Apple Watch』は、非接触充電器部分、ケーブルも含むもの。

Img_6499
充電能力は5V/1Aとけっこう高い。重さは約70g。38mm、42mm、どちらのApple Watchも充電できる。Made for Apple Watchも取得しているから安心。

価格は参考小売価格(家電量販店などの価格)が5980円(税込)、直販価格がAmazonが3580円(税込・送料込み)、楽天・Yahoo!が3680円(税込)。さらに、発売記念価格はAmazonが3180円(税込・送料込み)、楽天・Yahoo!が3280円(税込)。簡単に言えば、いますぐポチろう。

発売は今日。2月22日(木)正午。

Img_6492

ご覧のような感じで。引き上げることができる。

Img_6493

ケーブルは固定で、約1m。

Img_6494

縦に置くとこんな感じ。

Img_6496

個人的には机の上やベッドサイドテーブルだと、モノが多いので、壁につけられるといいなぁ。裏面は安定感の高いシリコンだけど、これに両面テープをつけて、壁に貼り付けて運用できないかなぁ……。ちょっと試してみよう。
Img_6497

この価格で、非接触充電器部分、ケーブル含むなので、まだケーブルを1本しか持ってない人は絶対買いかな。純正の充電ケーブル(1m)買ったって3200円(税別)だし。で、これを定位置に置いて、純正ケーブルはバッグの中とか、非常用に会社……とか。






(村上タクタ)


コメント

コメントを投稿

2018年12月

カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー