デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月30日 (月)

フォーカルから骨伝導 AfterShokzの軽量版登場

フォーカルポイントが販売していたAfterShokzの軽量版TREKZ AIRが登場した。


01

AfterShokz TREKZ AIRは、骨伝導で音を伝えるヘッドフォン。最大の特徴は骨伝導なので、耳を塞がないこと。だから外の音が聞こえる。たとえば、道を歩いていても危険な感じはしないし、会社で仕事をしながら音楽を聞いていても、話しかけられた時に聞こえる。

AIRの名の通り、従来モデルより軽くなっており、なんと重量は30g。バッテリー駆動時間は約6時間。価格は1万9310円(税込・Amazonストア価格)。

02

ヘッドフォンには『引きこもるための装置』としての機能があり、周囲がうるさい時にはその機能が必要なこともあるが、TREKZ AIRはむしろオープンな感覚を楽しむための装置。たとえばジョギングしていたって、周囲のクルマや他の人の走る音などは聞こえる。

規制は地方自治体にもよるが、東京都の場合、周囲の音が聞こえれば自転車でも使用出来るとのことで、サイクリング中のバックミュージック用としても使えそうだ。なんというか、耳を塞いで他の音を聞かないのではなく、自分専用のスピーカーが近くにある感じで聞こえてくる。

その特性上、音質は少し軽め。私は、前モデルのTREKZより、音の広がりが増し、低音も豊かになった気がしたが、基本的には音質は前モデルと同様とのこと。私が、骨伝導の音に慣れたのかもしれない。

ちなみに、付属のイヤープラグをすると、音質はさらによくなり、値段相応の音の響きを提供してくれる。やっぱり耳の穴が開いたままの状態では、中低音の音の響きでは少し不利なようだ。なので、ジョギングしたり、屋外を歩いたりする時には耳を開けて、室内で聞く時にはイヤープラグを使うといいだろう。

従来モデルの36gから、30gへ、軽量化は6gだが、顔に付けるデバイスで、この6gは大きい。30gになると、ちょっとしたメガネぐらいの重さしかなかいから、とっても軽く付けることができる。
07

テンプル部分のチタンワイヤーが細くなっていて軽快感が増しているというのもあるかもしれない。

05

ジョギングしながら、周囲の音を聞いて安全に音楽を楽しみたい……という人にはぜひお勧めだ。


(村上タクタ)



にゃあ♪

フォーカルポイントから、ネコ好きにはたまらないバッテリーが発売されました。

Img_3864

『TUNEMAX CAT'S EYE BATTERY 10,000mAh』は、ネコ目型のLEDでバッテリー残量を知らせるモバイルバッテリー。目の部分は不思議なLEDで、いかにもネコの目のように暗く光る。フラットで不思議なLEDです。

Img_3870

残量確認のために、裏面のタッチボタンに触れると、暗闇の中でもパチパチとまばたきします。

Img_3542
容量は1万mAhで、サイズ感的にはiPhone 8 Plusに近い。フラットでバッグに収まりやすい。そして、充電側はmicro USBなのは一般的だが、出力側は、USB-Aに加えて、新しいUSB-Cが備わっている。USB-Cタイプのスマホを使っていれば便利だろうし、iPhoneも、いっそUSB-C - Lightningケーブルを持ち歩けば、MacBook Proからの充電と共用して使える。

Img_3549

今のところそれが便利かどうかは分からないが、そうやって少しずつUSB-C側にシフトしていきたいものだ。

2_pages




本体カラーは、ブラックの他に、レッドと、ホワイトがある。価格は6980円(税別)。


触り心地のいい布製のキャリングポーチと、USB-A - micro USBとUSB-C -USB-Cケーブルが付属するのもお得な感じ。

Img_3544

また、フォーカルオンラインストアから購入の先着500名には、2ポートUSBアダプターがプレゼントされる。小型ながら2ポートで合計2.4A充電なので、本機のような大容量バッテリーの充電に適している(色は選べないとのこと)。

対象となるのはフォーカルストア(http://www.focal.co.jp/products/detail.php?product_id=1329)と、アウトラウド楽天市場店。

Img_3540

USB-C対応ということで、MacBookやMacBook Proの充電にも使えるのではないかと思う。メーカーとしてはサポートしていないとのことだが、使ってみてその結果をレポートしてみたい。

(村上タクタ)





2017年10月27日 (金)

iPhone X予約受付開始! CMの楽曲がPokémonみたいに中毒性が高い

2017年10月27日の16時10分からのiPhone X予約合戦。みなさんは勝者となられましたでしょうか?

私は、ちょうど会社の大事な会議中で、複数台の端末を用意して連打したり、情報収集をしたりができず、iPhoneとMacでポチポチとやっていたら、たいへんに出遅れてしまい、11月30日〜12月6日の受け取りとなってしまいました。いやー、出遅れは職業上たいへんにハズかしいです(汗)

それはそうと、『iPhone X』のテレビCMが始まり、You Tubeでも公開されています。



動画、終盤下部に出てくるメッセージが、争奪戦の敗者となった私を泣かせますが、またいつもと同じくカッコいいCMです。新しいOLEDの発色の美しさと、本体端までの広さ、液体の中を流れる微粒子が画面の精細さを物語っているようです。

背景に流れている楽曲はSofi TukkerというSXSWなどで話題になったデュオのもので、『Best Friend (feat. NERVO, The Knocks & Alisa Ueno)』というタイトルで、オーストラリア出身の女性デュオNERVO、NY出身のダンスポップデュオ The Knocks、そして日本の植野有砂が『Best Friend』のタイトル通り、コラボレーションを展開しています。

植野はDJであり、レディースアパレル FIG&VIPERのプロデューサーであり、人気モデルでもある。彼女もInstagramにも、iPhone XのCMに採用されたと投稿されている。

このCMは世界同時公開されているとのこと。

楽曲は、You Tubeで公開されているが、植野はじめ、Sofi Tukker、NERVO, The Knocksが、どこかの荒野でATVを乗り回しながら楽しそうに過ごす様子が描かれる。



ちなみに、植野が歌う歌詞は、

『"だって、バレバレ" we’re in love
Ain’t nobody loved me like you’ve done
I might have first "大恋愛、きっと最初で最後" in my life
Alisa from Tokyo
I’m so addictive like some Pokémon
"あいまいなんて要らない"
Like "一、二、三で" bye bye bye』

だそうで、この楽曲もポケモンみたいに中毒性が高い。

iTunesでのお求めはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/album/best-friend-feat-nervo-the-knocks-alisa-ueno-single/id1280185637

顔認証のFaceIDや全面ディスプレイなど、スマホの未来を垣間見せてくれて、おそらくは近々AR空間で動作するポケモンも遊べるiPhone Xが我々のもとに届くまで、あと数日だ(私のはもうちょっとかかりますがw)。

Img_2478

(村上タクタ)

2017年10月24日 (火)

プロフェッショナル向け入力デバイス『Orbital 2』登場!

作業効率は入力デバイスによって大きく変化する。汎用的に提供されるデバイスは、ここ30年ぐらいキーボードとマウス(もしくはトラックパッド)だ。

しかし、トラックボール、マルチボタンマウス、HHKB、トラックポイント……のような、使っているだけで気持ちのいい入力デバイス、より効率的な入力デバイスから離れられないという人もいるハズだ。

30年でコンピュータは驚くほど進化し、昔と違って多様性のある入力デバイスに対応することが可能なのだから、もっと便利な入力デバイスがあってもいいハズだ。

というところで、Photoshop、Illustrator、InDesignなどAdobeのアプリを使っている人に特にお勧めなデバイスが発表された。それがこの『Orbital 2』(略称 O2)だ。

Dsc07303
8方向に傾けることができ、スティック部分は回すことができる。その操縦桿的使い心地が、新時代の入力デバイスを感じさせる。

たとえば、下の写真はPhotoshop用にプリセットされているものだが、右に傾けて、スティックを回すと画面拡大縮小、右の斜め前だとブラシの不透明度、手前だとブラシサイズを変えることができる。『傾けて回す』という、身体が覚える動作だから、とてもスムーズに出来るのだ。

これまでだと、あのPhotoshopの細かいメニューをたどるか、ショートカットを使わなければならなかったのが、『傾けて回す』それだけなのだ。

身体性を伴う動作だから、身体が覚える。私が会場で触った数分の時間で、『ああ、これは明らかに気持ちいい』と思ったぐらい。

Dsc07288

また、傾けるために必要な力、それに応じるバネ感も絶妙だし、操作時に振動モーターによって与えられるバイブレーションも操作感を向上させている。ボタンのクリック感も良好。手にするデバイスなので、そこのところがとっても大事なのだ。

Dsc07283

リングはRGBフルカラーで光り、Photoshop用の操作系になっている時は青、Illustrator用になっている時は黄色……などと、デバイスのプロファイルに基づいて発光設定を変更することができる。このあたりも一目みて、どういう状態で動作するか分かるということで、動かした時の『あれ? 違う?』という操作のミスを減らしてくれる。

ボタンやスティックの操作には、キーストロークによるショートカットの他、プログラムマクロや、テキストブロックを登録しておくこともできる。

Dsc07307

ちなみに、今どきのBluetoothではなくUSB有線接続なのは、デスクトップで操作するには確実に繋がり、充電の必要もない有線式の方が確実性が高く、快適だからということだ。

この『Orbital 2』を作ったのは、ベンチャー企業のBRAIN MAGIC

代表は、デジタルハリウッド大学院を卒業した神成大樹さん。

Dsc07295

このデバイスは10月25日午前10時から『Makuake』でクラウドファンディングをスタートする。最速お渡しコースのパック1(動画制作講座付き/イラストレーター向け講座付き/フォトグラファー向け講座付き・各50個)2万7800円から。

販売サイトはこちら。
https://www.makuake.com/project/brainmagic_o2project/
(執筆時点では、まだ繋がってません)

デジタルハリウッドでは、卒業生に限定したインキュベート機関『D ROCKETS』を設立しており、最初の卒業生輩出から1年11カ月で、20社を起業、3億2500万円を調達しているという。支援は資金だけにとどまらず、メンターとの繋がりを作ったり、ハッカソンを行ったり、パートナー企業からさらなる出資を募ったりと多岐に渡る。

その結果、現在デジタルハリウッド大学は、学発ベンチャー創出数で全国10位、私立大学としては早稲田に次いで2位となっているとのこと。

大学を卒業して、単に大企業に入るだけが人生ではない時代、大学・大学院が起業の道を支援するというのは、これからもっと必要となるアクションかもしれない。

(村上タクタ)


2017年10月23日 (月)

AUGM TOKYO 2017 後半戦 #AUGM東京

一昨日、AUGMのレポートを書いていたのですが、途中から登壇者の方になってしまい(登壇前の打ち合わせとかあって)レポートが知り切れトンボになってしまいました。

ので、続きを書いておきます。

Adobeの西山さんが大事な話をされていたので、ちょっと遡りますが、そこから。

Dsc07161

フリック!ニュースでもちょっと前に安井さんが書いてくれてますが、先週開催されたAdobe Creative CCのアプリが大量にバージョンアップされています。

Dsc07160

で、一番話題になったのが、

Lightroom Classic(旧Lightroom CC)と、(新しい)Lightroom CCの違い。

問題は、従来のスタンドアローン版がClassicという名前になったことで『古いの?』『そのうちなくなるの?』という疑問を呼んだことにある。

英語で言う『classic』は、『最高水準の』とか『由緒ある』って言う意味であって、日本で言うような古くさいという意味はないんです! ……ということなのだが、同じ名前のアプリが2つ存在するとやはり片方がなくなるのではないかと心配になってしまう。

西山さんの説明によると、Lightroom Classicは、これまで通り何テラバイトもの写真データを持つようなプロフェッショナルの人に使って欲しいとのこと。

対して、新しいLightroom CCは、スマホやタブレットで写真を撮るような、でも美しく加工したい……というような人に使って欲しいとのこと。

たしかに、画面のデザインからして、仕様が違う。

Dsc07178

↑どっちかっていうと、プロっぽい雰囲気のLightroom Classic(グレー60%は、写真の色評価に影響を与えない色として、プロが背景に使う色)。

Dsc07173

扱いとしてはこんな感じ、基本はデータをパソコンに置いておいて、クラウド経由でiPhoneやiPadで参照・加工する流れ。

対して、新しいLightroom CCは、まるっとクラウドに置かれるのがポイント。

Dsc07174
(CCCではなく、CCですけど……)

画面設計も、美しくて楽しい。写真の美しさを堪能できる感じになっている。

Dsc07179

続いて、フォーカルポイントさんのプレゼンから。

この日、発表のAfterShokzの骨伝導ヘッドフォンの新型、TREKZ AIR。たった30gでメガネより軽いほど。オープンエアで防水、ジョギングなどに最適とのこと。外の音が聞こえるから、会社で仕事しながら音楽聞くのにも便利ですよね。発売も21日からです。

Dsc07194

それと、ちょっとユニークなモバイルバッテリーCAT'S EYE バッテリー。

1万mAhで、猫の目の開き方でバッテリー残量が分かるのです。

Dsc07199

ネコの目はけっこう大きいのですが、LEDで光るそうです。これは新しい仕組みらしい。サイズもiPhone 8 Plusにフィットする感じで、1万mAhにしては軽くてコンパクト。とってもいいですよ。

フォーカルのプレゼンは、新しく広報を担当することになった石川うららさんです。『うらりー』と呼んでねとのことです。

Dsc07197

その後、サンプラザ中野くんと、大西結花さんが登場! 村上丈一郎さんと、弓月ひろみの4人で、4人のアップル愛が語られます。

Dsc07226

大西さんは弊社のiPadの本にも登場いただいたことがあるのですが、実際にお会いすると(その時は私が担当ではなかったのです)やっぱりすごい美人さんでした。また、本当に話題が古くからのMacユーザーでびっくりしました。

Dsc07222

サンプラザ中野くんは、なんとApple Storeの表参道に並んでiPhone 8 Plusを買ったエピソードを披露。お店の方も、さぞやビックリしたでしょうね。それともサングラスをしていなかったそうなので、逆に分からなかったのでしょうか?

Dsc07239

その他にも、サンプラザ中野くんが、iPhoneを2台持ち歩いているのは、片側で作詞、片側で作曲するためとか、はるか昔、名古屋の大学のライブで消火器をぶちまけた時、村上丈一郎さんは高校生で現場にいたとか、いろいろ面白そうな話満載でした。

そして、その次はiPhone X発表会に行った3人組。フリーライターの西田宗千佳さんと、ギズモード編集長の鈴木康太さんと、私が登壇。

芸能人の方で盛り上がって、暖まり切ったステージなので、敷居が高かったですが(笑)、この200人近いアップルファンの人の中でも、iPhone Xに触ったことがあるのも、Apple Parkに行った事があるのもこの3人だけということで、そんなお話をしてきました。

Dsc07252

閉会して、ちょっと時間を置いてから、別の場所のライブハウスで、打ち上げ&懇親会。

弊誌にもよく登場して下さる弓月ひろみさん率いる、Yzuquito Errorsや、SandyTrip、どこからともなく現れたAppleManさんや、しまいには某芸能人の方もステージに上がっての、大盛り上がりのライブな打ち上げとなりました。

Dsc07260

恒例のじゃんけん大会も、豪華景品で楽しかったです!

(村上タクタ)









2017年10月21日 (土)

本日AUGM TOKYO 2017開催中です! #AUGM東京

本日は、AUGM TOKYO 2017開催中です。11:00から、新宿で。

AUGM TOKYO 2017

AUGM とはApple User Group Meetingの略で、アップルユーザーの方の集まりで、終日、いろんなベンダーの人がお話する会合です。

ちなみに、事前申し込みの必要なイベントなので、残念ながら今から参加することはできません。

Dsc07098

面白そうなことがあれば、ボチボチと追加で描き込んでいきますね。
Dsc07092


まず、最初のお話はユニティテクノロジーの𥱋瀨洋平さん。

なぜだか、私の写真とか、ウチの息子の話とか出てきてビックリしたのですが(笑)、これからARにアップルが力を入れていく中で、すっごく重要になってくるテクノロジーだなぁと思いました。

Dsc07088

とにかく、立体を描写するといえばユニティ。たとえば、Pokémon GOも、ほとんどのゲームも、さまざまな研究機関でも、とにかくユニティが使われています。

Dsc07086

𥱋瀨さんのお話では、誰でもちょっと頑張れば使えるというお話で、私の息子が小学校5年生の時に作った3D映像をプレゼンで使って下さっていたというワケです。

この話、本当に家に転がってた古いMacに「パパ、ユニティをインストールして」と言われて、本当にインストールだけしたら、あとは自分で(英語もわからないのに)、島の上をF16が飛び回る画像を作ってましたから、簡単に扱えるというのは本当のようです。


続いては、マックファンにとっては昔から馴染みの深いベルキンの石井靖人さん。

Dsc07102

いろいろとQi関連のお話が面白かったです。安全性が高く、7.5Wで充電できるっていうのは、かなり難易度が高いそうです。

Dsc07109

ナイショの話もいろいろとして下さって楽しかったです。

続いてトリニティの星川哲視さん。

Dsc07116

もう、めっちゃすごい勢いでプレゼンして下さいましたが、電源通らない系の製品がいろいろ出てたのが良かったなぁ。このコロニーというデバイススタンド、欲しい。

Dsc07123
続いて、Apple CLIPの公開収録。

大塚商会の丸山さんと、弓月ひろみさんであります。これはあとでPodcastで聞けるはず。丸山さんが、やたらペッパー君について愚痴ってらっしゃったのが面白かったです。

さて、今回ちょっと特徴的だったなぁ……と思うのが、いらっしゃっているベンダーさんの顔ぶれがだいぶ変わってたこと。AUGMといえば、良くも悪くも『いつもの』ベンダーさんがいらっしゃっているのだったのだが。今回はひと味違った。

Dsc07129

たとえば、今回、めずらしくフォーカルポイントがブースを出してなかったし、cheeroのブースも、プレゼンもなかった。しかし新たに、SynologyやStarTech、アクロキューブなどのブースが増えているし、Ankerの出展も根付いてきたような気もする。

参加者としては、入れ替わり、立ち替わりでも、いろんなベンダーさんが参加してくれた方が、毎回目先が変わって嬉しいと思う。

Dsc07136

Dsc07141

さて、お昼を超えて、Parallels、Anker、Adobe、フォーカルという馴染み深いメーカーのプレゼンが続く。

Ankerさんは、モバイルバッテリー屋さんというところから、どんどん商品展開が広がっています。

Dsc07158

そのうちのひとつがスマートスピーカーのeufy。

Dsc07155

zoloというもっと家電寄りのブランドも用意されており、そちらには音質のいいスピーカーが搭載れているとのこと。

Dsc07156

さて、続いて、Adobe。部署が変わって営業戦略本部の部長さんになったゼットン……もとい西山さん。

Dsc07161


えーすいません、忙しくなっちゃって、Adobeとフォーカルの話しはできず(またしますね)、本日のスペシャルゲスト、サンプラザ中野くん、大西結花さんの登場!!

Dsc07207

そして、すいません、このあと、私も登壇しなきゃいけなくて、打ち合わせとかあって……ちょっとレポート途切れます(笑)またのちほど。



(村上タクタ)

2017年10月20日 (金)

Apple Event特集記念。激レアApple Parkのお土産プレゼント!

フリック!2017年11月号Vol.73Apple Event 特集号、絶賛発売中であります


で、取材時にApple Park Visitor Centerで買ってきたお土産、Tシャツ2枚と、ポストカードセット2組をプレゼントします!

Img_e8102

そもそも、アップルは自社の商品以外のノベルティグッズを販売しません。普通のApple Storeに行ってもTシャツなどは販売していないのはご存知の通り。

ただ、世界中で一ヶ所だけ、アップル本社横のストアでだけ、ロゴ入りのTシャツやマグカップなどの記念品を販売していました。

が、どうやらこれからはもう一ヶ所、新しい本社Apple Parkのビジターセンターでもノベルティグッズを販売するようです(旧本社側のストアがどうなるのかは発表されてませんが)。

で、2017年9月12日のiPhone X、iPhone 8/8 Plusの発表会の日、1日だけそのストアがオープンして、いくつかのノベルティを販売したのです。

Img_2557

そこで買ってきたのが、このTシャツとポストカード。つまり、今のところたった1日、Apple Park本社に取材に行ったメディアしか買えなかったTシャツです(ポストカードはもしかしたら、その後旧本社側で売ってたりするかも)。そこにいた日本人メディアは10数人。つまり多く見積もっても2〜30枚しか日本に存在しないはずです(しかもメディアの人しか持ってない)。

それぞれ、フリック!のFacebookページの本エントリーの投稿に、いいね! 下さった中からプレゼントします。

Tシャツは白と黒、ちなみに黒がLで、白がMです。

Dsc07070
背中には、Apple Park California 95014と入ってます。95014は郵便番号です。なぜに郵便番号?
Dsc07071

ポストカードセットは、12枚組。懐かしい商品から最新の商品まで、美しいアップル製品の写真がセットになっています。

Dsc07073


■応募要項

・応募要件はFacebookのこの投稿にいいね!するだけです
 https://www.facebook.com/flickmag/posts/1670341443030327
・シェアいただいたり、コメントをしていただいたり、Facebookページ自体にもいいね!をしていただくと担当者は喜びますが、当選確率には影響しません。
・応募期間は、2017年10月20日〜30日24時までです。その後、メッセージで連絡をいたします。3日経ってもお返事がない場合は、当選の権利を失うものとし、もう一度抽選いたします。
・サイズや商品についてはこちらで決めさせていただきます。
・撮影のために開封しております。また、バッグに入れて帰国したので、Tシャツや箱が若干へしゃげております。ご了承下さい。
・発送の都合上、発送先は日本国内に限らせていただきます。
・このご時世ですので、当選発表は発送をもって代えさせていただきますが、SNSなどで「当たった〜!」と公開で投稿いただければシェアします(笑)


ご応募お待ちしております。

Img_7970

購入は大混乱でした。色とサイズを探して持って来てくれたストアの女性と(撮影許可いただいてます)。

(村上タクタ)

2017年10月19日 (木)

Adobe Creative Cloudがアップデート。新Lightroomが登場!? 『Classic』が付いたこれまでのLightroomはどうなる?

ラスベガスで開催されているAdobe MAXで、新しいCreative Cloudが発表されました。

 

Adobeがクリエイティビティのプラットフォームと居続けるCreative Cloudは、『Next Generation Experiences』と題し例年以上に大規模なアップデートを行っています。

 

気になるのはやはり新しいアプリケーション。デザイン/Webデザイン関係としてAdobe XD、Adobe Dimension、Adobe Sparkが、ビデオ関係としてはAdobe Character Animatorが登場。そして写真関係としてLightroom CCが新たにリリースされています。

 

Dimension_cc_decal

↑パッケージデザインなどに最適なグラフィックデザイナー向け3Dツール『Adobe Dimension』

 


Lightroomがふたつに?

デジカメの進化、そしてスマホの登場になった写真。記録のため、作品としてといった役割だけでなく、Instagramの流行などからもわかるようにきれいで手軽に撮れるようになった写真は、大切なコミュニケーションツールとしても大事なものになっています。また、その量も大幅に増えていて、賢い管理もまた重要なものに。そんな写真データの管理、画像処理を行うソフトがAdobe Photoshop Lightroomです。

 

そんなLightroomですが、先にも触れたとおり、今回のアップデートで新たに『Adobe Photoshop Lightroom CC』が登場しています。この『Lightroom CC』はクラウドベースのフォトサービスで、画像処理もできますが主な役割は写真の管理。用意される1TBのクラウドストレージ上にフル解像度の写真データをバックアップすることが可能で、PCのアプリからはもちろん、スマホアプリなどからもアクセス可能。端末を問わず写真を見たり、編集することができます。

 

Adobe_lightroomcc_macbookpro_3

↑ネーミング的にはメインはこっち? クラウドでの写真管理が得意な『Lightroom CC』。

 

一方、従来のLightroomは『Adobe Photoshop Lightroom Classic CC』に名前を変えて進化。プレビュー生成の高速化をはじめとしたパフォーマンスの向上だけでなく、色域・輝度指定マスク作業ができるようになるなど機能の追加が図られています。『Lightroom Classic CC』は、これまでのLightroom同様、ローカルだけでなくクラウドにも写真を保存することが可能です。

 

Lightroom_classic_cc_color_range_ma

↑ローカルでの写真編集が得意な『Lightroom Classic CC』。

 

同じLightroomの名前を持つだけに、できること、役割は大きくカブっていますが、『Lightroom CC』は、写真の管理や共有が得意なツール、『Lightroom Classic CC』は写真の編集が得意なツールになっています。併用する必要はなく、PCだけでなくスマホやタブレットでも写真を見たい、編集したい、そしてSNSへも投稿する機会も多いといったユーザーであれば『Lightroom CC』のほうが便利だし、編集作業がメインだというユーザーであれば『Lightroom Classic CC』を選べば問題ないと思います。

 


写真の管理と保存、どうしよう?

とはいえ、気になるのはネーミング。新サービスが『Adobe Photoshop Lightroom CC』となっているのに対して、これまでの進化版であるはずのツールには『Adobe Photoshop Lightroom Classic CC』と『Classic』というワードが追加されています。

 

この『Classic』、日本語の『古い』という意味ではないとのことですが、従来の延長にあるほうに『Classic』とついてしまうと、遠くない未来にツール自体がなくなってしまうのではないか……という不安も……。

 

過去、写真共有サービスであるFlickrが料金体系を見直しを行った際、大混乱を起こしたり、Adobe自身も画像保存サービスである『Adobe Revel』を終了させました。写真データは容量が大きいこともあり、終了するサービスから他に移るにしてもその作業は大変で面倒なものです。また、写真は二度と手に入らないものす。それらを管理・保存するサービスはとても重要なものはずですが、途中でサービス自体が終わってしまうという出来事が少なからずありました。

 

『Adobe Revel』が終了する際に提案されたのがLightroomへの移行。そのLightroomに『Classic』というワードが追加された……ということは……。どっちを使えばいいのか? クラウドベースで新しい『Adobe Photoshop Lightroom CC』にさっそく移行したほうがいいのか? それともこれまで通り『Adobe Photoshop Lightroom Classic CC』のままでいいのか? Lightroomはプロが使うことが多いツールだけに、ふたつのLightroomが用意されたことによる混乱は少なくないようです。すぐに決めてしまう必要はないのですが。

 

Adobe_lightroomcc_editanywhere

↑クラウドでの写真管理が普通になった現在、新『Lightroom CC』が写真保存の定番になるのかしら。

 

料金は『Lightroom CC』『Lightroom Classic CC』『Photoshop CC』が使えるCreative Cloud フォトプランが980円/月(税別・20GBクラウドストレージ、1TBのクラウドストレージ付きプランは1980円/月)、新たに設けられた『Lightroom CC』のみが使えるLightroom CCプランは980円/月(税別・1TBのクラウドストレージ付きプラン)になっています。

 

また、『Lightroom CC』『Lightroom Classic CC』は4980円/月(税別)のすべてのツールが使えるコンプリートプランでも利用可能です。ただしクラウドストレージは100GB〜。気がねなくクラウド上で写真データを管理・保存するには増量する必要があるようです。


(安井克至)

MacのSiriをキーボードから使えるようにしたら、すごく便利に!

音声認識って、めっちゃ便利なんですよね。

家やクルマの中でSiriを使ったら分かるんですけど、アプリを開いたり、メニューの階層とか考えずに一気に指示できるところがとっても便利。

特にMacで『昨日、開いたExcelファイルを見せて』『先週の金曜日に○○さんから来たメールを開いて』『来月の19日、○○さんとミーティングってスケジュールに入れて』みたいな、指示をすると本当に新しい時代が来た気がするぐらい便利。

20171019_191813
しかし、自宅やクルマの中ならともかく、オフィスや電車の中でSiriを使うのはまだちょっと抵抗がある。

そんなあなたのために、MacのSiriをキーボードから使う方法をお教えします。

設定は簡単。アクセシビリティのSiriで、『“Siriにタイプ入力”を有効にする』にチェックマークを付けるだけです。

これだけで、キーボードでSiriを使えるようになります。通常の設定では、『⌘+スペース』で使えるようになります。またAirPodsを使っていれば、そちらのタブルタップで音声認識も併用できます。

Photo

ちなみに、この設定、iPhoneやiPad でも使えます。iOSデバイスなら音声認識を使った方が早いような気もしますが、『Siriに話しかけるのがどうしても恥ずかしい……』というような人や、オフィスや電車の中など、声を出せない状況でSiriを使いたい時には便利です。

Dsc07076

こちらも設定は『設定>一般>アクセシビリティ>Siri』から、『Siriにタイプ入力』をONにすることで設定できる。

Img_8580_

携帯電話が普及し出した時に『道を歩きながら電話で話してる人がいる!』と驚いたけど、いつの間にか慣れたように、スマートデバイスに音声入力するのが日常になる時代がすぐにやってくるとは思う。

だからこそ、音声アシスタントには早いうちに慣れておきたいものだ。

(村上タクタ)

2017年10月13日 (金)

iPhone移行の注意点。2017年度版

いつの間にかiPhoneの移行が面倒に

iPhoneは移行が簡単なデバイスだった。

パソコンのiTunesにバックアップを取っていればほぼ完全に、iCloudのバックアップでもほとんどのデータは保全されて多くのデータは、新しいiPhone上に復元されてきた。それは、初代iPhoneからiPhone 7に至るまでほぼ完全に保たれたiPhoneの美点だった。

しかし、今回、iPhone 7からiPhone 8 Plusに移行してみて、最新の使い方をしていると、それが意外と面倒になっていることに気がついた。

02

主な理由はふたつ。ひとつは、Apple Watchという子機ができたために、そのヒモ付けを、切り替えるという手間が発生したこと。いまひとつは、Apple Payというお金を扱う仕組みができたために、その再登録が必要になったこと。

クレジットカード(何台の端末にでも登録可能なので、基本新しい端末に再登録すればいい)とSuica(1台の端末にしか登録できないので、旧端末で登録を切って、新しい端末で登録する必要がある)の扱いも違うし、それをApple Watchに登録していると、さらに複雑だ。また、Apple WatchがSeries 3のセルラーモデルだと、eSIMの連携もある。

そこで、思いつく限りの事象を考え、トラブルのない移行手順を考えてみた。

最新iPhoneの移行はこの手順で!

まずは、端末側での作業

1.通常通り、iPhoneのバックアップをパソコン側のiTunesに取る

iCloudのバックアップでもいいのだが、すべての環境を丸っと復元したいなら、依然としてパソコンへのバックアップが安定していて、速度も早くて便利。暗号化しておくと、アイコンの位置なども元通りにしてくれる。

2.LINEのトーク履歴をバックアップ

LINEは以前から普通のiPhoneのバックアップの復元からではトーク履歴を引き継げないので、個別にバックアップを取って復元する必要がある。メールアドレス登録かFacebook連携をして、アカウントを引き継ぐを選択し、トーク履歴のバックアップを取る。

3.Suicaを削除する

クレジットカードは複数の端末に登録できるが、Suicaは1台にしか登録できないので、Suicaを旧端末から削除する。クレジットカードの情報も、旧端末に残さないなら削除してしまっていい。iPhone自体でSuicaを使っている場合にはWalletアプリ、Apple Watchで使っている場合にはウォッチアプリの『マイウォッチ>WalletとApple Pay>My Suica』に行って、『カードを削除』を選択する。赤い字なので、少しビビるが、削除するとクラウドに保存された状態になり、新しい端末から登録できるようになる。

01
4.iPhoneを探すを切る

端末を手放す場合には、かならず『iPhoneを探す』を切っておく。でないと、iPhoneの内容を削除できない。

5.新しいiPhoneの電源を入れる

ガイダンスに従って新しいiPhoneの設定を行う。iCloud IDやiTunes IDを登録し、指紋の登録を行う。指紋などの生体情報は、端末内のみに保存されることになっているので、他の端末などに移行したりができないからだ。5本の指を登録したりしていると、すべて登録しなおさないといけないので、意外と面倒。にしても一部のデータの移行は、今回3次元バーコードで引き継がれるようになったので、少しはマシになった。

04

03

6.Apple Watchを復元

Apple WatchはiPhoneの子機として動作し、常に連携しているので、バックアップを取る必要はない。Apple Watch単体で『設定>一般>リセット>すべてのコンテンツと設計を消去』で初期化して、iPhone側に存在するバックアップから復元する。そして、Apple Watchがセルラーモデルなら、eSIMを連携させて通話できるようにする。

7.カード情報を登録

iPhoneとApple Watchにクレジットカード情報を登録。そしてSuicaの情報も復元。同じiCloud IDなら容易に復元できる(同じSIMでないといけない説もあり)。

8.LINEのトーク履歴を復元

ログインして、電話番号認証や2段階認証を行って、LINEの履歴を復元する。

……で完了です。これでも、新たなにログインやパスワードが必要なサービスが複数あるハズなので、数日はいろんなパスワードが調べられる状態にしておいた方がいいでしょう。

生体情報や、お金に関する情報が厳密に扱われるのはいいのですが、ちょっと移行が面倒です。できれば来年モデルからは、直接繋いでMOVEとか、iTunesやiCloud経由でもいいので設定を丸ごとMOVEできるような方法が用意されるといいのですが。

(村上タクタ)


flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー