デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« AppleEvent取材、Wi-Fiと機材の話 | メイン | コンテンツ不足の4Kに救世主! Apple TV 4Kはマストバイ!【実機レビュー】 »

2017年9月20日 (水)

iOS 11が来た! ARと、マルチタスクiPadの世界へようこそ!

新時代に、みんなを連れて行くiOS 11、本日から

本日、2017年9月20日、iOS 11がローンチされた。

Ios_11__apple




みなさんのiPhoneや、iPadにも今日からダウンロードできる。

(iPhoneでいえば5s以降、iPadでいえばAir、mini 2以降)

iOS 11の詳細については、6月のWWDC 2017のレポートで述べているので、詳細はそちらをご覧いただきたい。

ARやMLなんて、なんで要るの? →そのうち分かります

軸になるのは、AR(拡張現実)とML(マシンラーニング)が、大きく将来のiOSを支える技術として、取り込まれたこと。すぐに、影響が出ることではないが、今後出てくるアプリやサービスは、このARとマシンラーニングを取り入れたものが増えてくるはずだ。

簡単な例を見ていただこう。これはAppleの新社屋のVisitor Centerに設置された、Apple Parkの立体模型。




現実に目の前にあるのは、モノトーンのカタチだけのApple Parkの立体地図。そこに、iPadをかざすと、植栽や色を見ることができる。フリックすると内部も見える。

また、時間を変えて夜、昼、夕暮れなどさまざまな時間の様子も見られるし、どのように風を使って冷却しているか、太陽電池のエネルギーは設備の中をどのように流れるかを見ることができる。

iPadを上に掲げれば上から見られるし、近づけばクローズアップが見られる。

こんな表現を容易に取り込むことができるのが、iOS 11なのだ。

機械学習は、言語解析、画像解析などに使われる。iPhoneの写真が、いつのまにかカテゴリー分けされているのも機械学習の効果だし、Face IDの顔認識にも使われる。言語認識の形態素解析などにも使われるので、今後、翻訳やSiriなどの音声解析の性能も急速に高まるに違いない。

Img_0851_1

iPadは、マルチタスクがとっても便利に

表向きの話でいえば、iPadではマルチタスクの機能が大きく変わった。

05

まず、Dockの作法が変わって、アプリを開いていてもいつでも呼び出せるようになった。それによって、スプリットビューや、スライドオーバーを簡単に扱えるようになった。

11
Dockから、アイコンをドラッグ&ドロップすれば、スライドオーバーの状態にある。そして、そこから境界線を中央にずらせば、スプリットビューだ。

15

ドラッグ&ドロップも簡単にできるようになったので、ウェブを見ながら原稿を書くとか、テキストを書きながら写真アプリで見つけた写真を挿入する……というようなことがとても簡単にできるようになる。

17


その他、iPad Proでは、ロック画面をApple Pencilでタップするといきなりメモが取れるなどの便利な機能も追加されている。

日常生活もけっこう変わる

細かい所では、iOSのビジュアル自体もけっこう変わっている。
1パスコード入力画面も、コントロールセンターも、文字入力のキーボードもけっこう変わっている。

2

非常に細かいところだが、画面キャプチャーを取った時のアニメーションも変わったし、そのアニメーションをタップすると、そのまま画面キャプチャーに描き込めるようになる(ちょっとiPadっぽいインターフェイス)。またApp Storeの風情も大きく変わっている。

これ以外にも、あらゆるシーンでインターフェイスデザインが少しずつ変化しているので、楽しんでいただきたい。

ダウンロードは、『設定>一般>ソフトウエアアップデート』でiOS 11をインストールしていただきたい。

Img_8135_2

(↑ちなみに、この赤丸も新OSの機能を使ってマークアップしたもの)

アップルデートは十分にバッテリーがある状態で、少なければ電源に繋いだ状態で。また、万が一の可能性に備えて、事前にバックアップを取るのもお忘れなく。

また、32bitアプリは動かなくなるので、日常的に使ってる32bitアプリがあると代替策を考える必要がある。まず、『設定>一般>情報>App』で動かなくなるアプリのご確認を。

では、新しいiOS 11を一緒に楽しみましょう。

(村上タクタ)








コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー