デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« iPhone 8/8 Plus何が新しい? iPhone X 何が違う?【発表会現地レポ】 | メイン | Apple新社屋の建築がすごい! 2——新社屋、ビジターセンターなどと、細かい部分編 »

2017年9月14日 (木)

Apple新社屋の建築がすごい! 1——ビックリの新構造を秘めたシアター編

9000本の木が植えられた、まるで公園のような新キャンパス

良い製品を作るためには、仕事がしやすく、イマジネーションの湧く環境を作らねばならない……と、スティーブ・ジョブズが生前に作りはじめていた、Appleの新社屋。最初はCampus 2と呼ばれていたが、最終的にはApple Parkと呼ばれるようになった。

1km四方ぐらいの土地に、総額50億ドル(約5000億円)かけて作られ、1万2000人の社員が働くと言われている。中心となるのは、ガラスの壁で作られた4階建ての、直径約500mのリング状の新社屋。その他に駐車場や発表会を行う『Steve Jobs Theater』、社外から来た人が訪れることになる『Apple Park Visitor Center』などが作られた。

陽光を上手く取り入れ、遮り、風も使って温度を調整し、一年のうちの9カ月は冷暖房を必要としない仕組みになっているとのこと。新社屋屋上などにはソーラーパネルが設置され、100%再生可能エネルギーで運用できるようになっているという。

域内にはなんと9000本もの木々が植えられ、自然に満ちた公園のようになっている。スティーブ・ジョブズがしばしば散策しながら新しいアイデアを得たり、ミーティングをしたりしたことから、自然が身近に感じられる環境を構築した。

Img_1818

草木はまだ植えられたばかりで、テーマパークに入り込んでしまったようなぎこちなさはある。しかしこれから1年、2年と時が経つにつれて、木々は根付き、枝を伸ばして密生し、そのうち本当の森の中にある小道のようになっていくに違いない。

発表会をするために作られた建築物Steve Jobs Theater

小高い丘のようになった場所にSteve Jobs Theaterの入り口がある。そこにあるのは入り口だけで、シアターそれ自体は地中に埋まっている。

今回の取材はiPhone X、iPhone 8/8 Plusの発表会であると同時に、このSteve Jobs Theaterのこけら落としでもある。つまり、i10年近い歳月をかけて作られたスティーブ・ジョブズ最後の作品であるApple Parkの発表会でもあるのだ。

小道を歩いていくと丘の上に、Steve Jobs Theaterのエントランスが現れた。完全な円形。曲面ガラスだけで支えられたカーボンファイバー製の屋根を持つエントランスだ。

Img_1716

世界中から約1000人のプレスが集った。撮影時には、まだSteve Jobs Theater内部への道は閉じられていたので、混雑状態だった。

Img_1785エントランスの内部に入るとこんな感じ。頭上に円盤が浮いているようだ。

Img_1794

上からの強い日差しは遮られ、斜めに入る柔らかな光だけが内部を照らしている。

Img_1799

階段は2方向にあり、外周に沿ったカタチで階下に降りていく。Apple Parkにある他の階段などと同じく、グラスファイバーセメントという大理石っぽい仕上がりのセメントで作られてるのだそうだ。

Img_1810

小ぶりな円筒形のエレベータがひとつだけ存在する。身体の不自由な人への配慮ももちろん欠かさない。


Img_1825 ではゲートオープン。いよいよ下に降りていこう(実は外観の写真を撮っていて出遅れた。席取り合戦には相当出遅れた感じ)。

Img_1848

降りるとこんな感じ。円筒形のエントランスの下は巨大な柱状になっている。実はここに大きな秘密が隠されているのだが、この時の私は知る由もなかった。


Img_1851

正面はこのようなカタチで通路になっており、その先にシアターがある。上部にSteve Jobs Theaterと書いてあるのが見えるだろうか?


Img_1836

シアター内部はステージに向かってかなり強い傾斜となってる。1000人ほどが座れるらしい。

Img_1833

出遅れたので、慌てて席を取った。後ろ半分は急なスロープになっており、どの席からもステージが見やすい。

Img_7963

イスはとても座り心地のいいレザーでできており、背板はウッド。


Img_7959 足下には電源があり、長期間の講演でもパソコンの電源の心配はない(が、事前アナウンスがなかったため、アダプターは持参しておらず、バッテリーが15%ぐらいまで減ってヒヤヒヤした。モバイルバッテリーとUSB-Cに接続するケーブルは持って来ていたのだが、カメラ2台を抱えて、イス下のバッグからバッテリーを出すのが困難な状況だったので、本当に脂汗をかいた)


そういえば、今回安定してレポートできたのは、会場にもホテルにも、そして移動のシャトルバスの中にもAppleのWi-Fiが飛んでいたためだ。1000人いて、それぞれが数台のデバイスを使っていても、ちゃんと使えたのだから、たいしたものだ。これまでの発表会では、あまりにも人数が多く、Wi-Fiに接続できず、さらにセルラーの電波も飽和していてつかめず、リアルタイムでのレポートが難しい……という状況がよくあった。

Steve Jobs Theaterの秘密の構造


基調講演が終わり、シアターの後方から出て仰天した。

入場時に存在したエントランス下の巨大な柱が忽然と消えており、そこに発表されたばかりのiPhone X、iPhone 8/8 Plus、Apple Watchを展示したタッチ&トライ会場が出現していたのだ。

Img_2238

仕組みはよく分からないが、円筒状の壁が屏風よろしく背後に折り畳まれるようになっていたようだ。

Img_2212

エレベータの下部を撮った写真の左側にある壁部分に降りたまれていくようだ。床には何の痕跡もないから本当に驚いた仕組みだ。ちなみに、エレベータはら旋状に回転しながら降りてくる。


Img_7968

階段を途中まで上がった状態で見下ろすとこんな感じ。あの群衆の中で、ラグビーよろしく押し合いへし合いしながら、地元アメリカのメディアから端末を奪い取らないと、レポートできないのだ……なかなか大変(汗)

Img_2243
Steve Jobs Theaterの秘められた構造がおわかりいただけただろうか? 各メディアの記事が例年以上に興奮気味だったもここでの発表だったから、ということもあるかもしれない。今後もSteve Jobs Theaterは発表会などで使われていくだろう。いち早く『未来』に触ることができる場所のこけら落としの日に立ちあえたのが本当に貴重な経験だ。うれしい。

(村上タクタ)

コメント

Daddy wins!? The twіins declared.

コメントを投稿

2017年11月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー