デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2017年7月 | メイン

2017年8月

2017年8月18日 (金)

その微妙なすき間にニーズはあるのか?【cheero TSUCHINO-CODE】

cheeroから、ユニークな新製品が発売された。

小さいバッテリーを内蔵したLightningケーブルで、その形状から『TSUCHINO-CODE』という商品名だそうです。ケーブルとして持ち歩いて、いざという時に非常用の電源になるというわけです。



発売は、今日(2017年8月18日)正午。参考小売り価格は2980円(税込)。Amazon直販は1980円で初回500個限定で1580円。Yahoo!と楽天は2080円で、初回限定1680円。

Dsc06561

バッテリー容量は450mAhなので、iPhone 7なら1/4回、iPhone 7 Plusなら1/6回……と、ほんとうにわずかな容量なので、あくまで非常用というところか。ケーブルの長さは約100cm、重さは約46g。

Dsc06563

充電用ケーブルとして使った場合、デバイス(この場合iPhone)が先に充電されて、次にケーブル内のバッテリーが充電される。

Dsc06565

残量はLEDの色で判別。青色点灯が58100%、緑色点灯が1657%、赤色点灯が515%、赤色点滅が02%となっている。

Dsc06566

開くPCバッグに入れるとこんな感じ。普段は電源ケーブルとして使って、いざという時の非常用電源として使えるという感じだろうか。

Dsc06567

普段はデータ通信用/充電用ケーブルとして持ち歩いて、いざという時に非常用のバッテリーとして使えるという感じだろうか。

私は、常に大容量のバッテリーを持ち歩いているので、あまりニーズは感じないが、普段モバイルバッテリーを持ち歩かないぐらい荷物をコンパクトにまとめている人なら、データケーブル、給電ケーブル、バッテリーの1本3役を兼ねられるこのバッテリーは便利かもしれない。



(村上タクタ)

2017年8月10日 (木)

アップルが日本独自の新テレビCMを発表

【2017年8月10日17時情報公開】

8月11日の朝から、アップルの日本独自のテレビCMシリーズが放映されます。

Cm

そろそろ、お盆休みということもあって、帰省して実家の親御さんにあったり、古い友達に会ったり。そんなシーンで、いまだにガラケーを使っている人に会うことが多くなるのではないでしょうか? 今回のCMは、まさにそんな場面にぴったりのCMです。

たしかに、僕らがiPhoneを使いはじめた9年前には、「ちょっと使いにくいかな?」「難しいかな?」と思う部分もありましたが、今や、機械が苦手な人にこそiPhoneがお勧めです。

だって、キーボードが苦手な人でも「Hey! Siri!  ●●さんに、メールしておいて」とか言えばいいわけですから、高齢者の方だって簡単なはずです。

iCloudの同期で、自動的にお孫さんの写真が流れてくる。災害の情報も簡単に入る。防水。Suicaやクレジットカード払いもiPhoneのApple Payで……となれば、すでにガラケーより簡単、便利。

そんな気持ちを後押ししてくれる3本のCMです。

8月10日17時にYou Tubeに公開されましたが、明日の朝からテレビにも流れます。



決断の時:


朝の準備:


アートなケーキ:

それぞれのムービーにそれぞれの人の『本音』がぬいぐるみとして出てきますが、『ガラケーで十分』って言ってる人も、本当は「乗り遅れてるんじゃないか?」「Siriとか使えたら、カッコいいんじゃないか」「もっときれいな写真が取れるんじゃないか?」っていう気持ちを隠してらっしゃるのかもしれませんね?

この夏は、お知り合いの、そんな『隠れた本音』をちょっと後押ししてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、CMが流れるのは、この8月11日から9月12日まで。

専用サイトも公開されています。

Iphone__apple

また、同期間、Apple Storeでのケータイの下取り価格が6000円になります。non-iOS端末の買い取りも、期間中は+5000円。また、アップルストアならパーソナルセットアップサービスとして、古いケータイからのデータ移行、新しいiPhoneのセットアップも手助けしてもらえます。

また、Apple Storeでは購入前にiPhoneを借りてApple Storeのスタッフと一緒に写真を撮るために街を歩いたり、写真加工の方法を教えてもらったりできるToday at Apple プログラムも行われています。iPhoneを使ったことのない方がiPhoneを触るいい機会です。

この夏、帰省の時にご家族にiPhoneを使いはじめてもらって、セットアップをしておけば。秋からは写真やメッセージのやりとりが、ずいぶん楽になりますよ?

2017年8月 9日 (水)

6人一緒にVRの世界にダイブ!【アバル:ダイナソー】@六本木ヒルズ

最終的にはコンテンツはVR状態で楽しむものに収斂していくと思う。ゲームにしても、映像にしても。

問題は、いつから、どういうコンテンツが……かということ。

詳しい人に聞くと、8Kレベルで120fpsぐらいになると、かなり良い……とのことだけど、現状の再生環境ではそれは難しい。ただ、解像度の問題は時間が解決するハズなので、これはじっくりタイミングを待って、普及するレベルの再生環境を手に入れればOK。

問題は、どういうコンテンツか? というところだろう。そして、こちらは再生環境が完全になる前から、それぞれが模索しなきゃならない。再生環境が整った段階では、競争に負けている可能性が大きいし、何より発展途上のテクノロジーにこそ、ユニークなコンテンツが生まれるものだ。

というわけで、六本木ヒルズの、テレビ朝日 夏祭りSUMMER STATIONに行ってまいりました。そこで公開されているコンテンツ『アバル:ダイナソー』を体験するためです。

テレビ朝日 六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION
http://www.tv-asahi.co.jp/summerstation/

アバル:ダイナソー
http://abal.jp/

特徴的なのはただのVRではなくて、こちらの身体をリアルにセンシングして、VR空間の中で位置特定して、描写、しかも6人もの大人数で、それを体験できるということです。

……何言ってるか、わかりませんね(笑)順を追って、私の体験したことを説明しますので、ちょっと待って下さい(笑)

さて、六本木ヒルズのお隣であるテレビ朝日本社の中に入り口があります。ここに来るには、夏祭りのイベントに入るためのパスポートが要ります。

Img_0045
入り口を通ると、こんなお部屋があります。6人それぞれ、中央の四角い箱に座って、指示を待ちます。荷物は手前のロッカーに入れなければなりません(なので、体験中の写真はないのですが……)。

Img_0055

ここでガイドの人に従って、VRゴーグルと、手足にそれぞれ装具を付けます。VRゴーグルでは、もちろん3D映像見られるわけですが、ゴーグルの上についた角と、手足の装具にはその位置をセンサーに報せるためのポイントが付いています。

Img_7242

これにより、映像空間の中に、自分の位置関係とポーズが再現されるわけです。

Img_0071

VR空間の中にも、この部屋と同じ空間が再現されており、他の5人と自分の手足がアバターとなって、表示されている状態になります。

そして、このVRゴーグルをしたまま、ストーリー上のゲートをくぐると(実際には、ゴーグルをしたまま隣の部屋に歩いていってるんだと思う)。そのゲートの向こうの世界では、恐竜のいる世界での冒険が展開されます!

20170809_210292

これは、その異世界で、いかだ下り状態のアドベンチャーを体験しているところですが、中央に見えるのが、他の人です。実際に、VRゴーグル内ではアバターに見えてますが、実際にそこに人がいるので、肩を叩いたり、ハイタッチをしたりもできます。アバターに手を伸ばすと、実際にも接触するというワケです。

この、現実と、空想の混濁した感じがすごいです!

20170809_213342

そして、いかだで川下りするとともに、巨大な恐竜達が現れ……というストーリーです。他の仲間に触れられたりするので、現実とVR空間の感覚が混濁したまま、巨大な恐竜の下をかいくぐっていくわけです! すごい迫力!

約15分のコンテンツで、異空間の中を実際に歩き回ったり(もちろん、現実には普通に部屋にいるので、歩ける距離には制限があるし、VR空間内で他の人のアバターにぶつかると現実にもぶつかる)しながら、迫力の映像体験ができるのはすごいです。

Img_0059
現実には、たぶん何にもない広い部屋で、この赤外線センサーによって、僕らの位置やポーズが計測されており、それがVRゴーグル内の映像に反映されているワケです。

お互いのゴーグルの中に、お互いの位置関係がリアルタイムに表示されているので、これはけっこう高度な処理のように思えます。現状では、レイテンシーを高めるのが没入感のためには一番重要ということで、レイテンシー重視。そのために、画像解像度(ゴーグルはGalaxy VR)やポリゴン数は控えめになっているそうです。また、描画も60fpsぐらいに押えられているとかで(動きのキャプチャはもっと速くて180fpsぐらいまで取れているそうです)、まだまだ理想の状況ではないようですが、それでも『複数人の共有体験』&『移動したり触ったりできる』というのは、興味深い体験でした。

……何言ってるか、わかりませんよね(笑)

面白いので、8月27日までに六本木ヒルズに行って体験してみて下さいってことです(笑) 

http://abal.jp/











フリック!2017年9月号Vol.71今夜発売です!

フリック!2017年9月号Vol.71今夜発売です!

今回のフリック!はみんな大好き『愛用品』シリーズです。

今回は9人の方にご登場いただいています。

Flick_digital_2017_09_200dpi_size_2

中には、ご自宅までお邪魔して、デスク周りを撮影させていいただいた方も。

なんといっても、注目は、あのMac情報の速さと正確性では世界に右に出る者のない情報サイト『Macお宝鑑定団』の会長、Danboさんの事務所! 見たことのない文字通り『お宝』満載のお部屋であります。

Flick_digital_2017_09_200dpi_size_l

※さすがに、今回はあえてモザイク。ぜひ、フリック!本誌でお楽しみ下さい。

それに、すでに世界の有名人、WWDCの冒頭でティム・クックさんに紹介された、82歳の開発者、若宮正子さんにもご登場いただいています。たぶん、世界で唯一!? リビングに畳を敷いて、常時畳の上に正座してSwiftでiPhoneアプリを開発されているそうです。

Flick_digital_2017_09_200dpi_size_3

配信は今夜(8月10日)0時から! 


お求めはこちらから!

https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/flick-442368/





(村上タクタ)

西陣織のiPhoneケース改良、新サイトもオープン【富坂綜絖店】

以前、ご紹介した京都の西陣織の富坂綜絖店さんのiPhoneケースがさらに改良されています。

Dsc06563

Dsc06566

一番のポイントは、フチの金箔の部分がさらにコーティングされ、丈夫になったこと。

Dsc06565
見本にとひとつお送りいただきました。これはiPhone 7用の雲珠文という柄(4800円)だそうです。生地にはかなり色々なバリエーションがあるようで、現在ラインナップされているものの他に、約50種類の帯地・金襴生地から選んで作るオーダーメイドも可能とのこと。

そもそも、西陣織の端というは止めらているワケではないので、糸はほつれていくものなのだそうだが、それはいかがなものか……ということで、金箔で止める方法を考えてもらっていた。

しかしそれでも、ジーンズのポケットに入れるような使い方をしていると、金箔部分がこすれてはがれてしまう……とお話していたのだ。

Dsc06568

これでだいぶ丈夫になった。とはいえ、西陣織はデリケートな織物。やはり私のように乱暴にジーンズのポケットに突っ込む人よりも、むしろ着物を着てその合わせにスッとiPhoneを差し込むような雅びな人に使って欲しい……。

今回、凝った注釈書きも付くようになっている。

Dsc06567

また、ようやくクレジットカード決済も可能になった新サイトもオープンしている。トップページを見てみると祇園祭の長刀鉾や月鉾/船鉾をモチーフにしたものもラインナップされた模様。

富坂綜絖店
https://nishijin.theshop.jp/



2017年8月 8日 (火)

『未来に残す 戦争の記憶』by Yahoo!

『未来に残す 戦争の記憶』というYahoo!のサイトをご覧になったことがあるだろうか?

https://wararchive.yahoo.co.jp/

政治信条や、国籍、人種、性別などと関係なく、残しておくべき戦争の記憶をいうものがある。先の大戦の被害を受けた市民の記録は、このままでは失われてしまう。戦後70年が過ぎ、空襲を体験したひとたちに話を聞ける時間は長くない。

Img_7266
今、Yahoo! LODGEに特設展示が行われている。

Img_7265
LODGEに行く機会があったら、ぜひ。

Img_7267

戦地と内地を繋いだ、軍事郵便が展示されていた。

そのうちの1枚。

『オトウサン、テガミアリガトウ
 ボクモ、マイニチゲンキデス
 イマスコシデイチネンセイデス。シッカリヤル
 オトウサンモシッカリタノム。
 オカラダヲタイセツニ
 サヨウナラ』

Img_7268

この子の父は、戦地から無事帰ったのだろうか?

こんな幼子から、大事なオトウサンを奪う戦争に、正義などあるわけがない。

父からの返信の『エラクナリナサイ。サヨウナラ。』
が切ない。


Yahoo!の『未来に残す 戦争の記憶』では、さまざまな動画コンテンツなどで戦争を伝えるインタビューなどが閲覧できる。


(村上タクタ)

『未来に残す 戦争の記憶』by Yahoo!

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー