デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

絶対にこれが必要な人がいる『Ten One Design Blockhead』

フリック!の読者の方なら、ひと目で分かると思うが、iPadやMacBookシリーズの電源アダプターで使える変換プラグだ。




Dsc05774

iPadやMacBookシリーズの電源アダプターは非常に良くできているが、時折、上手くハマらない場所というのがある。かといって、標準で付属していた(今はオプション)延長ケーブルは長過ぎて邪魔になってしまう。

このプラグが横向きに付いてれば……と歯がみした人もいるに違いない。そんな人にとっては、非常に価値ある商品となるのが、このフォーカルポイントが販売する『Ten One Design Blockhead』だ。

Dsc05781

たとえば、MacBook Proの15インチなどのデカイアダプターは、壁に挿すと自重で抜けそうになる。そんな場合も『Ten One Design Blockhead』を使えば、ご覧の通り。出っ張らないので、蹴っ飛ばして抜ける危険も避けられる。

Dsc05778

ご覧のような場所でも……。

Dsc05783

ピタリとフィット。

Dsc05784

特に、毎日使うような場所で、こっちの方が安定するような場合は、『Ten One Design Blockhead』に交換しておいた方がいい。不安定な状態で使うとトラッキング(端子の間に積もったホコリなどでショートする現象のこと)などが起こり、火災や機材トラブルの原因になる。

電源周りのトラブルは想像以上にシリアスなことになる可能性がある。気掛かりなことは解決しておいた方がいい。2678円(税込・フォーカルストア価格)と、安価ではない商品だが、大切なMacBookやiPadを安定して使うには必要なものだと思えば、支払っておくべきコストだと感じる人も多いのではないだろうか?

(村上タクタ)





2017年7月28日 (金)

10万円で誰でも遺伝子合成できるってホント?【THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2017 TOKYO】

デジタルガレージさんが主催する『THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2017 TOKYO』の1日目にお邪魔してきた。

取材……という体ではあるが、なにしろ私ごときでは受け止め切れないあまり圧倒的に膨大な『知』の表出なので、ちょっとだけ感想文として書かせていただこうと思う。いずれにしても、いずれにしてもほぼ8時間にわたり21人の圧倒的な知識人の方の話を、ひとつのウェブ記事で書くなんて不可能だ。

それでも、驚くようなお話をいくつもお伝えできることは間違いない。

Dsc06307

デジタルガレージといえば、ウェブ界隈への広告、決済、投資、ベンチャー育成などを手がける最先端企業。わかりやすいところでいえば、Twitterにいち早く目をつけ、日本に持って来たのもデジタルガレージだ。

そのデジタルガレージが世界中さまざまなスピーカーを集め、おこなうイベントが『THE NEW CONTEXT CONFERENCE』。今回は1日目がバイオテクノロジー、2日目がブロックチェーンをテーマに開催されたのだが、私はスケジュールの都合上、1日目だけうかがった。

1日目はデジタルガレージの代表である林郁氏のあいさつ、共同創業者でMITメディアラボ所長を務める伊藤穣一氏(写真上)の基調講演を皮切りに、5つの大別されたセッション、21人の登壇者による多くの講演と、対談によって構成されていた。

ともかく、頭の良さそうな人が、続けざまに朝9:30から、夕方18:30まで、多少の休憩はあるにしろ、延々と高レベルのプレゼンテーションを続けるので、凡庸な頭脳しか持たない私としては聞いているだけで知恵熱が出そうだった。
Dsc06312

で、私は良くわかっていなかったのだが、とにかくこれから多くの注目を集める業界になるのが、『バイオテクノロジー』と『ブロックチェーン』なのだそうだ。

1日目のテーマであるバイオテクノロジーだが、とにかく進歩が著しいのだそうだ。そりゃあ理屈では分かっていたが、遺伝子はプログラミングと同じコードの並びで、解析は長足の進歩を遂げているのだそうだ。
Dsc06350

特に一日中何度も、いろんな人が見せてくれたのがこの下のグラフ。DNA解析にコストも、DNA合成のコストも猛烈な勢いで安くなっている。特にDNA解析の費用はムーアの法則をはるかに上回る勢いで低価格化が進んでいる。

10年前には数千億円必要だったゲノム解析が、10万円ほどできるという。さらに10万円ほどで細菌などの遺伝子をプログラミングすることさえ可能なのだそうだ。

ためしに、知識のあるメディアの人が天然痘のような細菌をオンラインで注文したら10万円程度で合成加工されたものが送られてきたという。

ええっ! 遺伝子工学ってそこまで進んでた&一般化が進んでたの?(汗)

Dsc06356


研究所じゃなくて、一般市民レベルでの遺伝子の加工も可能で、なんと電子工作のように遺伝子を加工するバイオハックに挑戦する人が増えていて、なんとストリートバイオなんでいう言葉までできてるらしい。想像を絶する。

Dsc06315

法規制してしまうと、コンピュータのクラッカーなどと同じく水面下に入ってしまうし、そうならないように、表向きのコミュニティを作る方向なのだという。

ほんとうに驚きばかりだ。

これらのテクノロジーは機械学習の進化などにより加速しており、猛烈な速度で進歩しているという。

遺伝子加工のもたらす可能性も飛躍的に大きくなっており、駆使すれば、食料難を解決する高カロリーの食料、逆に超低カロリーの食料、効果的な腸内細菌、などを設計できるという。

Dsc06396

また、植物性の素材から、エビそっくりの食材を造り出したり、

Dsc06441

牛肉を培養して、ミートボールを作ったり……ということも可能になっているという。家畜を殺すことを続けるか、食べられる肉だけを培養するか……ということを選択できる世代もすぐそこになっているのだという。

今のところ、このミートボールひとつを作るのに3000ドル(約33万円)かかっているのだそうだが、そのうちに量産され安価になっていくのかもしれない。

Dsc06443

また、喫緊の課題であり、あらゆる分野の専門家が警鐘を鳴らすと同時に、ほぼお手上げの状態になりつつある地球温暖化問題さえバイオテクノロジーで解決するかおもしれないとのこと。

はるか昔、大気中のCO2が4000ppmだった頃は、大西洋を海水に耐性のあるアオウキクサの仲間が覆って酸素を造り出していたそうだ。ならば、今海水の上でも生きて行けるアオウキクサを作ったら? もしくは他の植物のCO2処理能力をもっと高めたらどうだろう? 人類の危機を解決できるのなら、試してみるべきなのかもしれない。

Dsc06413

もちろん、テクノロジーの可能性を考えるイベントだから、技術の進歩について語られているのかもしれないが、市井の市民としては、そんなにDNAがいじられているのは、ちょっと怖いような気がする。

個人のゲノムデータを唾液を送って、遺伝子解析してもらえるサービスを行っているジーンクエストの高橋祥子さんは、自分の健康リスク、体質、祖先解析などをしてもらえるキットを紹介されていた。

Dsc06500

結果はパソコンやスマホから閲覧できるという。

Dsc06501

この他にも、本当にさまざまなバイオテクノロジーについてのお話があり、それがどこまで進むのか、法的にはどうしていったらいいのか、僕らが議論する前にテクノロジーの方が進歩していっているような気がする。

たしかに、私の話の理解度は高くないかもしれないが、バイオテクノロジー関連の技術は今後も猛烈に進んでいきそうだ。法規制も大事だが、規制しているうちに、海外の技術の方が圧倒的に進んでしまう……というもあり得なくはない。

多くの人がバイオテクノロジー技術について知り、適切な運用を考えなければ、大きな不利益を被るようなことになるかもしれない。これは、誰もがもっと勉強するべき事柄だろう。

(村上タクタ)






2017年7月25日 (火)

“Phil Libin Strikes Back!” 大会社でも起業でもない『スタジオ』方式のAll Turtles、秋に日本でもスタート

EvernoteのPhil Libinが、大好きな日本に再びアプローチ

Philが、『人工知能に関する』『スタジオ形式の新会社』であるAll Turtlesをサンフランシスコでスタートした話は、こちら(http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/evernote-4c88.html)に書いた。

そして、今日(2017/07/24)、Philは前回、匂わせていた日本での展開を、正式に発表してくれた。

Philの提言は、日本のIT産業、いや産業全体が耳を傾けるべきものなのではないかと思う。

単に新しい会社がシリコンバレーから日本にやってきたということではなく、彼がAll Turtlesを通じて提案する『スタジオ』という形式が、日本に向いており、現在の日本の『停滞したイノベーション』を打ち破る鍵になるのではないかと思うのだ。

Dsc06154
PhilはEvernoteを運営していく中で、日本の魅力とうまく発揮できていない優れた点を理解してくれたのではないかと思う。今回のプレゼンテーションも、日本に力を発揮して欲しいという思いに溢れていた。

ともあれ、なぜ『スタジオ形式』なのか? なぜ『人工知能』なのか? なぜ『日本』なのか? について、新たに語ってくれたので、Philのプレゼンテーションに沿って、説明していこう。



一度の失敗で、可能性を見限られてしまう日本に向いた『スタジオ』形式


まずは、なぜ『スタジオ形式なのか?』だ。

Dsc06160


いくつかの起業を経験して、そしてEvernote後、ベンチャーキャピタリストとして活動して、Philはシリコンバレー方式の起業の限界を感じたという。

まずは、投資家は、数十億ドル(数千億円)以下のアイデアに投資しない。つまり、優れているけどとっても大きくスケールしないアイデアは失敗と見なされる。

次にアイデアを持ったクリエイターが社長業に注力しなければならなくなる。つまり、資金繰りやスタッフィングに奔走し、プロダクトを作ることにはほとんど力を割けなくなる。

また、地理的および人口統計的濃度がイノベーションを制限する。つまり、成功する人物像の中心は、シリコンバレーに住む英語を解する白人男性になってしまう。

Philはそうでない方法論を模索したいと感じたのだという。

Dsc06174


上下にプロフェッショナリズム、左右に既存の概念を守るか、新しい機会を探すかのベクトルを配し、四象限に分けると、既存の概念を守るプロフェッショナルは企業、アマチュアに近い人が可能性を探るのがスタートアップとなる。

では、プロフェッショナルとして新しい可能性を探るにはどうしたらいいだろう?

Philはハリウッドの映画産業にその雛形を見出したという。映画産業では本当のプロフェッショナルが、映画というプロダクトに向けて、起業することなく集合し、成果を発揮している。

その仕事の方式『スタジオ』を、用いることにしたのだという。

Dsc06193


Evernote時代にフォーカスした2ワード『Remember Everything』に対して、All Turtlesは『Product First』にフォーカスする。

従来のようにベンチャーキャピタルからお金を集めて起業してしまうと、起業した人は、プロダクトにフォーカスできず、資金繰りはもちろん、法的問題、セールスの問題、会社の成長性、広報、人事……などの問題に振り回されてしまう。本来のプロダクトにフォーカスすることなんてできない。

それで、多くの起業がダメになっていく。

そうした問題をスタジオとしてのAll Turtlesが引き受けていくのだという。



Dsc06197



『人工知能』が皮切り、将来的には『スタジオ方式』を横展開していく


すでに、サンフランシスコのAll Turtlesでは、9つのサービスが胎動を始めている。

『Replika』は自然に対話できる、AIの友達を開発中。
『sunflower labs』はドローンなどを活用したホームセキュリティサービス。
『Edwin』は、AIで応対してくれるFBメッセンジャーを使った英会話の学習システム。

この他にも6つのサービスの支援を始めている。これらのサービスはいずれも今もっとも進捗の著しいテクノロジーであるAIを活用しており、All Turtlesでともに育成されている。

Dsc06211
ちなみにAll Turtlesはすでに、2000万ドル(約22億円)以上の資金をシリコンバレーや日本、ヨーロッパの投資家から集めている。アメリカのVCであるジェネラル・カタリスト、日本のデジタルガレージ、楽天の三木谷浩史、フランスのザビエル・ニールなど、多くの投資家がすでに資金を投じている。

Dsc06274

(写真右は、日本のAll Turtles立ち上げにあたって大きな支援をしているデジタルガレージCEOの林 郁さん)


そして、この『スタジオ』方式が成功すれば、他のカテゴリーにも横展開していくとのこと。Philは例として、量子コンピューティング、精密医療(個々の特性を精密に調べたオーダーメイド医療のこと)、宇宙開発……などを挙げていた。

Dsc06214


そして、Philは『シリコンバレー以外の場所での可能性を広げるため』に、All Turtlesを、サンフランシスコと、東京と、パリで展開するという。

Dsc06218


ちなみに、日本では東京オフィスをこの秋に開設。2018年の1月1日にアイデアの受付を開始し、同4月1日には5チームのサポートをスタートする予定だという。

人工知能を用いた、世界を変えるアイデアをお持ちの方は、即座にプレゼンテーションの準備を始めた方がいいかもしれない。これは大きなチャンスだ。

Philは日本こそ『失敗は成功の母』を知る社会であったと言う


Philが例に挙げたのが『金継ぎ』という陶芸の手法。

割れてしまった陶器を、漆と金を用いて修復する。金継ぎで修復することにより、新たな美が生まれる。割れたこと、修復したことにより、より価値が生まれる。

Philが出会ったのは金継ぎ職人は福島の井上俊介さん。彼をPhilに紹介したのは会津若松でEyes, JAPAN(アイヅジャパン)を率いる山寺純さん。彼らは震災と原発事故で損なわれてしまった福島を、金継ぎのように修復することでより価値あるものにしていきたいと考えていたという。

この金継ぎの価値観にPhilは惹かれた。Philにとっても、Evernote自体に失敗したことこそ、学びの機会であり、次の成功の糧となった。

Dsc06236


金継ぎが日本固有の文化であるにも関わらず、日本は失敗についてあまりにも厳しい。起業して失敗してしまった人に、次のチャンスが与えられる可能性はとても低い。それゆえ、日本で起業しようとする人は多くないし、結果日本から新しい可能性は生まれない状況が続いている。

しかし、Philは金継ぎの価値を知る日本だからこその、失敗の価値を知って次なる可能性を開くやり方があると力説していた。

さて、これはPhilがEvernoteの CEO時代に愛用していた『スターウォーズ・帝国の逆襲』のマグカップ。フィルはこれをとっても気に入って、オフィスで使っていたのだという。写真は、その時にさまざまなメディアで撮影されたインタビューカット。たしかに、帝国の逆襲のマグカップをPhilが持っている。

Dsc06242


EvernoteでのCEO時代に長い間ともにあった大事なマグカップ。しかし、Evernoteを離れるために、引っ越し荷物をまとめていた時に、うっかりと落としてマグカップを壊してしまった。

Dsc06247


それ以降、忙しくて、フィルはこの破片を捨てるでもなく袋に突っ込んで、放置していた。そして、All Turtlesの立ち上げにあたって日本に来ていた時に、思い出して福島の職人さんに金継ぎでの修復を依頼したのだという。

Dsc06249


そして、3カ月を経て、ついに『帝国の逆襲』のマグカップは、金継ぎをされ、より価値の高いものになって、Philの手元に帰ってきた。

Dsc06254

Evernoteを去る日に割れて、日本にAll Turtlesを立ち上げる数日前に金継ぎされて手元に戻ってきたマグカップにPhilはなにやら象徴的なものを感じるという。

失敗は失敗に終わらず、それを埋め合わせることで新たな、より大きな価値を産み出す。ビジネスの失敗は単なる敗北ではなく、次なるステップへの礎だ。

このマグカップは、『スタジオ』というアイデアを実現する『Product First』な場所を作ることで、『金継ぎ』という文化を持つ日本人に合った挑戦のステージを用意したいというPhilの思いを象徴したマグカップとなったわけだ。

Dsc06281


Philのスタジオが成功しますように。

そして、それが日本のイノベーションを活発にするヒントになるように願って止まない。


(村上タクタ)

2017年7月23日 (日)

ガジェット好きの夏のパンツは『すわるハーフパンツ』で

以前ご紹介した『すわるパンツ』に、



新しくハーフパンツバージョンが搭乗した。
サイトはこちら(http://superclassic.jp/?pid=90701)

Img_6484

夏はポケットが少なくなって、ガジェット好きとしては収納場所に困ることが多い。このパンツならスムーズに収納できて、かつ座っていても取り出しやすい。何より座った時に、収納してあるものが邪魔にならず、楽に座れる。

_abrasus__

abrAsusサイトより

クルマのシートに座ってポケットからものを出すのは大変だが、すわるハーフパンツなら、するりと簡単に取り出すことができる。

Img_6565

以前だと、スマホに負担がかからないように、クルマに乗る時はポケットからスマホを出してコンソールに置いていたのだが、これならポケットに入れたままでも大丈夫。夏のドライブに最適。


Img_6517

『いざという時のジャケット』と組み合わせるとこんな感じ。

暑いけど、Tシャツ短パンじゃ困る……というような時に役に立ちそう。ガジェットもいっぱい入るし。

Img_6556

ただ、後ろへ回り込む側のポケットが少し浅くて、iPhone 7ならともかく、Plusは奥まで入りにくいのが気になる。浅くしか入っていない状態で座ってると、姿勢によってはiPhoneが上がってきてしまって落っこちていることがある。これだけはちょっと気をつけた方がいいし、aburAsusさんにはポケットの奥をもうちょっと広めに作って欲しい。たぶん、ケースに入れた状態が想定されていない気がする。

とはいえ、ガジェット好きには便利なパンツ。今年の夏のお出かけには多用してしまいそうだ。

(村上タクタ)


2017年7月20日 (木)

ついに『伝説のポケモン』ミュウツー登場!? #PokemonGO

ナイアンティックによると、伝説のポケモンは7月22日土曜日にシカゴのグラントパークで開催されるイベントで初めて登場するそうです。

シカゴと世界のトレーナーが協力してたくさんのポケモンを捕まえることで、ある伝説のポケモンがシカゴのイベント会場に登場し、そのポケモンを倒すと、世界中のレイドバトルにその伝説のポケモンが登場するようになるそうです。

その後、ジムに黒い『伝説のタマゴ』が出現するようになり、伝説のポケモンを手に入れることができるようです。



この動画から察するに、シカゴに現れる伝説のポケモンはルギア、ホウオウなどに見える。その後、世界に現れる伝説のポケモンはミュウツーなのでしょうか?

伝説のポケモンは、レイドバトルやジムバトルには使えるそうですが、ジムに配置することはできないそうです。

また、89日から815日に開催されている、街型イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」に合わせて、「Pokémon GO PARK」が開催され、さらに、8月14日の夜に、横浜スタジアムで、「Pokémon GO STADIUM」が開催されるそうです。

Img_02

Pokémon GO STADIUM」はこちらからから申し込んで抽選に当選することが必要。

いろいろ盛り上がってきましたねぇ。


iPhone 8は、iPhone 7とほぼ同サイズ……なのか!?

あまり噂話のたぐいは触れないことにしているのですが、情報筋の方から、iPhone 8……と呼ばれるであろうiPhone次期モデルのフロント保護ガラスの画像をいただいたので、一応ご紹介しておきますね。

いわゆる、深圳の工場方面では『次期モデル』と噂される図面が複数出回っており、それを高いお金で買って、次期モデルのケースや、保護ガラスを作るのだそうです。

『複数』出回っている……ということからも分かるように、そもそも公式のものではないので、サイズが違ったり、センサー用の穴が空いてなかったりする場合もあって、それに基づいて商品を量産しちゃうと大損してしまうわけですが、そのリスクを犯しても、少しでも速く商品を用意しようという戦いが繰り広げられているわけです。

というわけで、この保護ガラスが、本当に次期iPhoneにフィットするのかどうかはまったく分かりませんが、いちおうそういう保護ガラスが存在はしている……ということです。

Dsc05979

サイズ的には、ほぼiPhone 7と同等。全体にわずかに大きいぐらい。ただし、ガラス面は7よりはるかに広いし、ホームボタンの穴もありません。噂されてる、画面が広くなるとか、物理的なホームボタンがなくなるという情報を裏付けるものではあります。

ピッタリ合わせるとこんな感じ。ほぼ同サイズ。

つまり『iPhone 7とほぼ同サイズで、画面はもっと広い』というもののようです。

Dsc05980
ガラスの裏側の写真を見ると、白い部分はリップ状に盛り上がってます。つまり、まっすぐのままではフィットしないということなのでしょう。

Dsc05986

フロントの保護ガラスは何種類かあるようなのですが、切り欠きの仕方が違うのが気になります。センサーがどのように組み込まれるのかによって、切り欠きが変わってくると思うのですが。発売当初は安い怪しい間違った保護ガラスを買っちゃうと、センサーが動作しない……なんてこともあるのでしょうか?

Dsc05985

裏面も、これまた噂を裏付けるように、開口部は縦型です。iPhone 7と重ねてみるとこんな感じのようです。

Dsc05983

背面も保護ガラス的なものが存在するということは、背面もガラスなのでしょうか? 


すでに、だいたい出回っている情報を裏付けるものでしかありませんが、たまたま画像をいただいたので、ご紹介してみました。当然のことながら、この情報が合っているかどうかは、分かりません。とりあえず、うかつなものに手を出さないように気をつけながら、秋の発表を待ちましょう。

(村上タクタ)

(追加記事)iPhoneの通話を録音できるデバイス『Call Recorder』

こちらで昨日記事にした『Call Recorder』ですが、22日の日本発売を前にしてアプリにアップデートがかかりました。




音声データをテキストファイルに変換する機能が追加されました。アプリの最新バージョンは今時点で1.0.9だと思います。

一番したのボタンを押すと、録音した音声データをテキストファイルにしてくれます。

Img_6888

言語はいろいろ選択できます。これって、iOS標準の機能なのかしらん? だったら、標準の録音アプリにもテキストファイルに変換する機能を付けて欲しいなぁ……。

Img_6891_2

変換にはけっこう時間がかかります。実測ですが、6分のファイルでだいたい6分かかりました。その間、iPhoneを占有されてしますので、それなりに難儀です。テキスト起しされた内容はこちら。

Img_6895_2

なんというか、完全ではありません。特に数字などの変換もアテになるわけじゃないので、これだけに依存するのは危険かもしれません。

でも、どっちが何を言ったかはだいたい分かるし、何よりタイムスタンプが入っているので、録音を聞き直すインデックスとして使えば、かなり有効に使えそうな気がします。

Call Recorderの追加機能、『通話を録音したものを、テキスト化できる』のレポートでした。

(村上タクタ)




2017年7月19日 (水)

iPhoneの通話を録音できるデバイス『Call Recorder』7月22日発売

先月の台湾取材で、弓月ひろみさんが、「これ、いいかもー!」と飛びついていたPhotoFastの『Call Recorder』を発売前にお借りしたので、試用してみました。

Img_5739




ちなみに、日本での発売は7月22日から。発売元はリンクスインターナショナルさんに決まったそうです(製品ページ)。価格は1万4800円。

iPhoneって、仕様として通話を録音できないのではないかと思うのですが(そういうアプリは存在しない)、Lightningコネクターに接続した本体にヘッドフォンを差し込むという、ちょっと強強引っぽい方法で録音できるようにしているのがこのCall Recorder。

_s3a5488_2

アプリを立ち上げて、そのアプリの中から電話をかけると自動的に録音がスタートする。

Img_6646_2


通常の電話アプリじゃなくても、LINEでも、Facebookメッセンジャーでも、Skypeでも何でも録音できる。

Img_6665_3

または、録音ボタンを押してから電話をかけてもいい。アプリに録音ファイルが残る。

_s3a5477
勝手に録音するのはちょっとマナー違反な気もするが、仕事で記録を残さなければならない場合、通話の記録を確保したい場合、または遠隔地の人とのPodcastの対談収録……みたいな場面でとっても便利そうなアプリだ。

Img_6645

録音した音声はm4aファイルとして残り、もちろん他のアプリに渡して加工したり、クラウドドライブやMacにコピーすることもできる。

ちなみに、録音したものを再生すると、左耳から自分の声、右耳から通話相手の声が聞こえる。

気になる音声の質だが、私は音のプロではないので、ラジオなどの本当のプロの世界で通用するかどうかは分からないが、Podcastレベルであれば十分に通用するレベルだと思う。当然それぞれモノラルではあるが、けっこうキレイに録れてる。自分と通話先が左右のチャンネルに分けて収録されているので、本職の方ならそれぞれのレベル調整みたいなことも可能なんではないかと思う。

ちなみに、パッケージが工夫されていて、iPhoneのヘッドフォンと同サイズ。一緒に持つのに便利なようになっている。

_s3a5471

また、裏側にはmicro SDカードスロットが付いていて、そこにSDカードを挿すと、記録メディアとして利用できる。

_s3a5481

これは同社が販売する他のPhoto Fastカードリーダーと同じような仕様。

Img_5735




同社のONEというアプリをダウンロードすることで、micro SDカードを記録メディアとして利用できるようになる。

Img_6655

ちなみにこのアプリ、Call Recorder+とは排他動作となっており、Call Recorder+が立ちあがっているとmicro SDカードを認識しない。Call Recorder+を終わらせてから立ち上げよう。

Img_6658

こんな感じでファイル/フォルダをブラウズすることができる。

Img_6657

たとえば、写真.appの画像をこんな感じで取り込むと……。

Img_6660_2

こんな感じのファイルとして認識される。もちろん、このmicro SDカードを他のデバイスやパソコンに差し込んで、ファイルを移動させることもできる。

Img_6662_2

電話録音にニーズがある人、iOSデバイスでいろいろと仕事をする人は、買って損のないデバイスだと思う。オススメです。

Podcastや、ラジオの配信をしている人は絶対便利だし、私のように取材メモとして通話の録音が欲しい人にとっても便利。なんらかの証拠を押えたくての録音……という人は、良心をもって活用して下さ(^_^;)



追記:機能追加にともない、レポートも追加しました。

(追加記事)iPhoneの通話を録音できるデバイス『Call Recorder』
http://blog.sideriver.com/flick/2017/07/iphonecall-reco-ea16.html


(村上タクタ)

2017年7月18日 (火)

本日(7月18日)18:00、Yahoo!から新ブラウザゲームプラットフォーム『ゲームプラス』ローンチ!

正直言うとゲームの方は疎いのですが(汗)、Yahoo!さんが新戦略として、新しいブラウザゲームのプラットフォーム『ゲームプラス』をローンチするとのことで、発表会に行ってきました。

Dsc05875_2
もともと、プレイステーションシリーズやWiiなど、ハードウェアでプレイしていたゲームが、iPhoneやAndroidなど、スマホのアプリでプレイすることも多くなってきているのが現在です。電車の中でもプレイされている方も、いらっしゃいますよね。その先としてのブラウザゲームを考えていきたいとのこと。

ブラウザで高機能、高画質なゲームが楽しめるのなら、その方がいいのではないかということだ。どの端末でもプレイできるし、いつでもどこでもできるということになるわけです。

すでに、技術的にはブラウザ上で3Dのキャラクターをサクサクヌルヌル動かすことができるとのこと。

ゲーム機はどんどん進化していってゴージャスなゲーム体験が可能になっていますが、ブラウザゲームができる範囲も広がっていくということです。



Dsc05899

メッセージとしては『すべてのゲームはウェブでやれ』ということだそうです。

参画メーカーは、スクエアエニックスやタイトーはじめ、全52社。

Dsc05902

本日18時からローンチされるタイトルは全部で39タイトル。

Dsc05919
発表会会場で社、スクエアエニックスがリリースするアンティーク・カルネバーレが公開された。

スクエアエニックスならではの世界観の中で、将棋やチェス、リバーシなどの要素を含んだゲームとなっているとのこと。

Dsc05922

Dsc05932

Dsc05934


電車の中などで、ゲームやってる人って、いっぱいいらっしゃるし、より高度なゲームの配信を大きなプラットフォームとしてYahoo!が配信するというのは、とっても興味深いです。

デバイスはiPhoneであれ、Androidであれ、Macであれ、PCであれ、どれでもできるそうなのですが、どのぐらいの通信環境が必要なのか、どのぐらいの通信料を必要とするのか、いろいろと気になるところであります。



まぁ、この18時からローンチされているので、ぜひやってみて下さい。

http://games.yahoo-net.jp/


(村上タクタ)



元MS社長、古川さんがバースデーパーティを開くワケ

元マイクロソフト社長の古川享(ふるかわ・すすむ)さんの63歳のバースデーパーティに呼んでいただいた。

19956898_10155271354988964_67211599

(↑PHOTO:K.MITSUI 三井公一)

古川さんとは、『カバンの中身~』の別冊『』の取材でお世話になって以来のお付き合いだ。非常にパワフルで、アスキーから分離したマイクロソフトの日本法人の社長になり、その後、ウインドウズ95をはじめ、マイクロソフトの隆盛を築き上げた人である。2005年にスッパリとマイクロソフトを辞めて、慶應大学で若者にデジタルメディアに関して教えておられる



『カバンの中身』の取材の時には、歴代最高の30kg超、MacBook Proの17インチ、15インチ、10台近くのカメラをお持ち下さる、パワフルな趣味人としての一端を拝見したのだが、3年ほど前に脳梗塞で半身不随になられ、多くの人が心配していた。

Fullsizerender_2

が、そこから奇跡的な精神力と努力で、今また(杖は使われるけど)パワフルな日常生活に支障がないほど復活されているのだから本当に驚く。すごくリハビリを頑張られたのだと思う。

だからこそ、古川さんがお元気でお会いできることに、誰もが喜びを感じてこうやって集まるのだと思う。

Dsc05788

それにしても、こうやって150人もの人が集まって、誕生日を祝うというのはすごいことだ。本稿の趣旨とは違うので、どんな方がいらしていたかはあえて伏せますが、なにしろ古川さんの誕生日ですから「○○さんが来てたよ!」とSNSで自慢したくなるような人がいっぱいいらしてました。なんで私のような者が呼んでいただけたのかなと思うのだけど、古川さんのおっしゃってたことを発信していくのもブロガー(?)としての役目かなと思い、今、ブログを書いている。

Dsc05790

古川さん曰く『生前葬だから(笑)』とのことだが、たしかに葬式で多くの人が集まっても仕方がない。「もっと人と人を繋げたいし、あの人とあの人が会ったら新たな化学反応が生まれるかもしれないじゃない。」突然、飛行機の中で脳梗塞を起し、入院中やリハビリの時に、古川さんはそんな思いを深くされたのかもしれない。

Dsc05799

会場には、WWDCに登場したことで一躍時の人となった82歳の女性エンジニア、マーちゃんもいらしていた。マーちゃんや古川さんがこうやって元気に活躍されているのに、我々若造(48歳だけど)が、疲れたとか言ってのんびりしていていいわけがない。

もっとパワフルに、今できることに積極的にチャレンジすること。人と人を繋げていくこと。古川さんはそんなメッセージを伝えるために誕生日パーティを開催されているのだと思う。

そうそう、そうはいっても、当日お会いした人の中で、お一人だけ自慢させて下さい。

Img_6679

……どなたか分かりますか? 『うる星やつら』の『ラムちゃん』の声優さんの『平野文』さんです。中学生時代に雑誌で見た人に、この歳になってお会いできるというのは感激した。平野さん、ありがとうございました。

古川さん、本当にお誕生日おめでとうございます。これからもますますお元気でご活躍を。

これからも、僕もいろんな人と会って、いろんなコトを産み出す触媒になりたいと思いました。

(村上タクタ)

2017年11月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー