デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« アップルの新社屋『Apple Park』が未知との遭遇レベルの巨大さだった | メイン | 高性能な新iPad Pro 10.5は、パソコンになりたいのか? パソコンを超えるデバイスなのか? »

2017年6月 6日 (火)

WWDC 2017 Overview『アップルの大攻勢』

なりふり構わない、新製品ラッシュ

今、必要とされている部分を一気に埋め合わせる。それが今回のWWDC 2017のテーマだったように思う。

Img_6138

プレゼンテーション中、何度も何度も繰り返されたのは『機械学習』『AI』、そして『AR』『VR』という仮想空間を扱う用語だった。

Img_0882_2

さらに、Surfaceに勝てる画面サイズということで、『iPad Pro』は10.5インチになり、欠けている高性能デスクトップをカバーするために『iMac Pro』が登場し、AlexaやGoogle Homeに対抗する音声認識ホームデバイスとして『HomePod』が登場し、iOS 11や、macOS High Sierraなどの機能は、すべて『今、アップルに必要とされている部部』を埋め合わせることに集中している印象だった。

もっといえば、今、アップルが後塵を拝している部分を、素直に認めて、なりふり構わず盛り込んでいるのだ。

Img_6188
VR/ARの作り手になれるMacと、楽しめるiOSデバイス

たとえば、iMac、MacBook Proの機能向上と、外付けGPU、HTC Viveを使ってのAR/VRなんて、その最たるものだろう。3Dゴーグルを実現するのにHTC Viveなんて他社製品を使うなんて、アップルらしくはないし、Kaby Lake世代のCPUの採用は当然としても、昨10月末に発売されたMacBook Pro Late 2016からわずか7カ月しか経っていないのにオーナー(私のことだ)の悲しみを省みず、モデルチェンジするのもらしくない。

また他社製外付けGPUにしても、たしかにThunderbolt 3のメリットを引き出した構成であるとはいえ、いかにもらしくない。

が、しかし、VR/ARコンテンツを自由に作り出すためには、そのスペックのマシンと外付けGPUが必要になってしまったのだと思う。

Img_6212
というわけで、ハンズオン(基調講演後にプレス向けに公開される新型マシンに触れる取材場所)での展示は猛烈にVR/AR中心。Windowsマシンの人からすれば、何をいまさらな部分もあるだろうが、Mac/iOSデバイスコミュニティが参入してきて、はじめてユーザーベースが大きく増えるという側面もある。

Macで体験するVRコンテンツはなかなかのものだった。Windowsの最先端VRデバイスに触れている人は物足りないようだったが、Macユーザーとしては、Macで駆動できれな導入コストは大きく下がる。

Img_0762

ちなみに、外付けGPUは599ドル〜とのことだった。HTC Viveが10万円ぐらいとすると、Thunderbolt 3(USB-Cでもいいのか未確認)ポートも付いたMacを持っていれば(Late 2016以降のMacBook Proや、今回発表のiMacなど)、17万円ほどの追加コストでVRコンテンツを楽しんだり、作り手側に回ったりできるということだ。

最大で18コアのXeonを搭載可能なiMac Proはこれをさらに加速するデバイスだとは思うが、プロユーザーはディスプレイを独自に選びたいだろうし、Mac Proはどうなるんだろうとか、いろいろ気になるデバイスではある。

iOSデバイスではVRゴーグルは駆動できないが、VR/AR系のAPIが充実してくれば、ハコスコのようなカタチで楽しめるデバイスも増えていくのではないだろうか?

少なくとも、画面表示タイプのARは十分に扱えるようになっている。スターウォーズの3Dチェスはとってもユニークで楽しくて、ジャバ・ザ・ハットとチェスしている気分でいっぱいだった。

Img_6244

あらゆる側面に、機械学習を活用

Siriのバックボーンの学習や、Siriの発音、われわれがSiriに頼む内容の解析、Siriウォッチフェイスに表示する内容、写真アプリの顔認識、画像加工、文章の解析、手書き文字の解析……などなど、ありとあらゆるところのデータ解析の説明に『機械学習』『AI』という言葉が出てきた。

Img_0851


こちらも、すでに研究を進めている人からすると、「何をいまさら!」ということかもしれないが、iOSデバイスほど数が普及しているデバイスにこれだけ採用されているとなると、おのずと意味が変わってくる。

Img_0668

「家を出る時に鍵を持ってるか確認するんですよね?」「今日の夕方は、●●さんとのアポがありますよ」「夕方には天気が崩れますから傘をどうぞ」……などの情報がApple Watchに表示されるとかなり便利だと思う。


今でも私は、次のカレンダーでのスケジュールをApple Watchに表示しているが、これだけでも、会話中に次の予定の時刻をチラ見することができるし、ゆっくり休んでる時に「アレ? 何か予定をすっぽかしてない?」と不安になっても、Apple Watchを見るだけで事足りるようになっているからかなり便利だ。Siriウォッチフェイスは、この昨日をさらに推し進めたものだと思う。実際に使ってみるのが楽しみだ。

ティム・クックは戦う気、満々だ

Img_6255

WWDCは、その名の通り、開発者の集まりだ。

そして、ティム・クックは、アップルを支えているのは、ここに集まってる開発者たちだということをよく分かっている。だから、これらの武器を提供し、鬨の声を上げているのだ。

もちろん、他社対抗だとか、後追いだという批判もあるだろう。

しかし、アップルという会社が、あとから技術が実用的になった時点で現れて、そのカテゴリーの製品やサービスを『Reinvention(再発明)』して席捲してしまうのが得意な会社であることは歴史が物語っている。

ミュージックプレイヤーRioを持っていた人はiPodを笑ったものだ。iPhoneの登場をBlackBerryはどう捉えていただろう?

アップルのAR/VRが、HomePodが、進化したApple Watchが、世界を席捲しないと誰が言えるだろうか? そんな可能性を感じさせられたWWDCの基調講演だった。


(村上タクタ)

(関連記事はこちら)

WWDC 2017 Overview『アップルの大攻勢』
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/wwdc-2017-overv-ae93.html

アップルの未来が語られる! WWDC2017 レポート!!(速報Tweetまとめ)
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/wwdc2017-1560.html

高性能な新iPad Pro 10.5は、パソコンになりたいのか? パソコンを超えるデバイスなのか?
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/ipad-pro-105-5f09.html

アップルが新カテゴリー製品、HomePodを売る本当の目的
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/homepod-1b5a.html

WWDCで刷新されたiMac、MacBook Proは買いなのか?
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/wwdcimacmacbook-a76e.html

WWDC 2017で発表された、ポケモンがちゃんと地面に立つiOS 11
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/wwdc-2017ios-11-c39f.html

土台から変更されたmacOS High Sierra。VRクリエイターに! WWDC 2017
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/macos-high-sier-1d4d.html

WWDCに参加している、女性デベロッパーFlask LLPにインタビュー!
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/wwdcflask-llp-e572.html

WWDCが開催されるサンノゼってこんな街
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/wwdc-85f5.html

アップルの新社屋『Apple Park』が未知との遭遇レベルの巨大さだった
http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/apple-park-3a43.html

コメント

WE WⅠLL.? They each shouteԀ they usually ran to the bеd room bickering about who gets to go first.

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー