デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« AppleがWWDC前に開発者へのメッセージを連発 | メイン | ロジクールMX MASTER 2Sファーストインプレッション »

2017年6月 3日 (土)

台湾出張している間にLG 5Kを修理に出した

MacBook Pro発売と同時に発表されたLGの5Kディスプレイを、リリース当初のAppleの格安のセールで購入して使っています

Dsc02519_1


Thunderbolt 3の40Gbpsという転送速度の威力を発揮するすばらしいディスプレイなのですが、時々、極く稀に(私の使用頻度で月1〜2回)ストンと電源が落ちることあります。

会社のデスクのタコ足配線のせいなのか、この製品の不具合なのか。『ケーブル1本で、電源も含めてすべてをMacBook Proに接続できる』というメリットを引き出そうとすると、Time Machineや画像保存用のハードディスクもここに接続することになるので、突然落ちると、ハードディスクまでアンマウントされるので、非常に恐ろしい不具合です。

そうこうするうちに、どうやらこの製品は回路基板のシールドに不足している部分があって、Wi-Fiルーターから強い電波を受けると瞬断(一瞬電気が途切れること)することがある……というウワサを耳にしました。

が、デッカイディスプレイなしに仕事をするのは不愉快だし、瞬断するといっても月1〜2回のことなので、ハードディスクは別ルートでMacにつないでそのままつかっていました。ハードディスクにさえダメージがないのなら、月に1〜2度の瞬断ならガマンできます。

が、台湾のCOMPUTEXに取材に行くということで、その間に修理に出してしまうことにしました。

まずは、購入したウェブのApple Storeのサービスに電話。

すると「その製品のサポートはLGさんなので、そちらに電話を」とのことだったので、LGのサポートに電話。

ひと昔前なら、サポートの電話というと繋がらなくて頭に来ることが多かったのだけど、最近はどこも(若干最初に自動音声で、接続先を聞かれるのが面倒ですが)スムーズに繋がるので快適です。

で、LGのサポートさんによると「当該機に不具合があるかどうかは受け取ってチェックしてみないと分かりませんが、送料LG負担でいいので御送り下さい」ということなので、梱包して発送。

当初から、そういうこともあろうかと箱を置いておいたので、スムーズに梱包できたが、これ、箱なかったら、ミッション・インポシブルですねぇ(笑)

Img_5366

Img_5369

で、帰国したら、ディスプレイが戻ってきてました。いつ戻ってきたのか知りませんけど、一週間はかからなかったということですね。

伝票には無償修理として、『メイン基盤で誤動作発生のため、シールド作業を致しました』と書いてありました。

LG 5Kディスプレイの方で、瞬断が起っている方は、LGさんのサポートに連絡をしてみるといいと思います。

(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー