デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 手に馴染むDëffのチタン | メイン | ジェットダイスケさんの写真展『空UTSUSEMI蝉』 »

2017年5月24日 (水)

メルセデス・ベンツのオプションとしては格安!? Mercedes-Benz ×VAIO Zコラボモデル登場!

メルセデス・ベンツとVAIOのコラボモデルVAIO Zが、限定100台で発売される。

受注開始は今日(2017年5月24日)の11:00。すぐにオーダーした場合の、最速入手日は6月6日。

販売先はAmazon.co.jpのメルセデス・ベンツ日本公式オンラインストアのみ。

Dsc05196

ベースモデルはVAIO ZのCore i7モデルと、Core i5モデル。さらに、300SLモデルと、Vision Tokyoモデルがあり、計4種類。受注生産なので、オーダーがあってから、この4種類を作り分けるので、合計での生産量が100台という設定。VAIO Zをベースにさまざまな、専用の意匠が施されている。

Dsc05193

一番印象的なのは、外面にほどこされているレーザーエングレーブ。

当初はここにスリーポインテッドスターを入れる案もあったとのことだが、スリーポインテッドスターはトラックパッドに配して、むしろオーナーがいつも目にできる方向のデザインになったという。

クラシカルな300SLは、今も脈々と続くプレステージ性の高いクーペモデル。1954年に登場したガルウィングモデルの写真を刻印している。ガルウィングはこけおどしではなく、車体剛性を高めるために、サイドシルの高さを確保したため、それでも十分な昇降性を得るために開発されたものなのだそうだ。

この刻印は写真を元に、レーザー刻印で美しく見えるようにさまざまな部分を微調整して、図案化しているのだそうだ。特にヘッドライトやガラス面の写り込みには苦労したのだそう。また、Vision Tokyoモデルより刻印は浅くして、色味も穏やかにしているという。

Dsc05192

メルセデス・ベンツの伝統を象徴するのが、300SLだとすれば、革新性を象徴するのがVision Tokyo。このクルマは2015年の東京モーターショーで発表されたデザインスタディ。

洗練された都市型生活に活用される、優れたスペース効率、多目的性を有神、知能を持つコネクト機能を備え、自動運転にも対応した2030年以降の東京をイメージしたモデルとしてデザインされている。

メルセデス・ベンツが都市の名を冠したコンセプトモデルを作るなんて、非常に珍しいので、印象に残ってる人も多いのではないだろうか?

この未来的なモデルと、先進的なVAIOとの組み合わせもまた、非常によく似合う。

Dsc05178
このコラボモデルはVAIO社からの声かけがあって実現したのだそうだ。

安曇野で生産するから、クオリティの高い少量生産に対応可能ということで実現している。

販売されるのは日本のみということで、メルセデス・ベンツ日本において、同社のブランドを冠した商品として『メルセデス・ベンツ コレクション』として管理される製品だが、もちろんメルセデス・ベンツの公式製品。


Dsc05181

Dsc05180

販売はメルセデス・ベンツのAmazon.co.jpのストアで行われるし、展示もメルセデス・ベンツ コネクション(東京・六本木、大阪に置かれるかどうかは不明。調整中)。もちろん、アフターサービスはVAIO側が行う。

Dsc05189

レーザー刻印の他にも特徴的な部分は数多い。

まず、起動させたときや、パソコンを開いてスリープから解除した時には専用のサウンドが鳴り響く(もちろん、オフにもできる)。

起動した時にはセルモーターがかかり、エンジンが始動する音が鳴る。スリープ解除時には、エンジンを吹かして走り出すサウンド。ギアをシフトアップしつつ、遠ざかっていく音が鳴る。

何のモデルかは非公開ということだが、300SLでも、(もちろん)Vision Tokyoの音でもないとのこと。かなり荒々しいサウンドで、レースチューンされたクラッシックカー風ではあるが、お話によるとそんなに古いクルマではないとのことだった。実際に聞いてみて、何の音なのか、思いを馳せてみるのも楽しいかもしれない。

キーボードのバックライトは、Vision Tokyoのデザインに合わせて専用のブルー。とっても未来を感じさせる。

Vaioz_7

ディスプレイヒンジの右側には、小さく『Mercedes-Benz』とレーザー刻印されるし、ヒンジの裏側中央には誇り高きスリーポインテッドスターが刻印されている。

壁紙はどのモデルを買っても、300SL 2種類、Vision Tokyo 2種類が入っている。

トラックパッドのスリーポインテッドスターは、透明な基材の裏面から印刷されており、もちろん雲母の板の上に配されるので、たわむことはほぼない。スリーポインテッドスターの3つの尖った細い部分が欠けないように、職人が1個1個管理している部品なのだという。

Vaioz_6

Core i7モデルは、i7-6567Uを搭載しており、メインメモリーは8GBのオンボード。3Gbpsを発揮する第3世代のプロSSDの256GBを搭載。Microsoft Officeは含まれず、OS はWindows 10 Home 64ビットが搭載され、28万5000円(税込)。

Core i5モデルは、i5-6267Uを搭載、メインメモリーは8GBのオンボード。第2世代のプロSSD 256GBを搭載。ソフトウェアに関してはi7モデルと同等で、25万円(税込)。

メルセデス・ベンツに乗ってらっしゃる方で、VAIO好きな方にはたまらない製品だ。クルマのオプションパーツと考えれば、レザーシートより、19インチホイールよりはるかに安いので、品切れにならないうちに買っておいた方がいいかもしれない(笑)

(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー