デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 何歳になってもプログラミングにチャンレンジできる!  #シニアプログラミング | メイン | フリック!6月号Vol.68、今夜0時発売! 特集は『電子書籍』 »

2017年5月 9日 (火)

【速報】彼女を踊らせるのはあなた! Bot3D登場!

突如、面白そうなiPhoneアプリが登場した。

Bot3d_editor_3d

Bot3D


アプリ名称はBot3D。開発元はheuristic Inc.となっている。日本の会社だ。

Img_5185

何ができるかっていうと、この3Dモデルの女の子を自由に動かしてポージングできる。タイムラインも持っているので、踊らせることもできる。

何はともあれ、動画をどうぞ。



ヒジを動かすと、それにつれて手首も動く。この仕組みを『全身インバースキネマティックアルゴリズム』というらしい。

Img_5184

指の一本一本、関節のひとつひとつまで動かせるから、細かな演技もさせられる。

Img_5186

さらに、表情まで設定できる。表情と表情の間はスムーズに繋がれる。

Img_5189

音楽を取り込んで、リップシンク(口パク)をさせることもできるらしい。なんか、髪の毛も自然な感じで、ゆらーんと揺れる。

Img_5183

つまり、何ができるかというと、音楽を用意すれば、それに合わせて踊らせる動画を作れるってこと。私はそっち方面は詳しくないが(^_^;)、音楽を作って、ボーカロイドに歌わせて、このBot3Dに踊らせることができるってことだ。

ちなみに、この画面キャプチャーはインストールして5分の僕がサンプルモーションを動かして撮影したもの。つまり、そこまでは簡単にできる。

踊らせるとこんな感じになる(デモ動画)



こんな感じで、基本的なモーションサンプルはすでに用意されている。

Img_5190

それぞれ、動作させてみると分かるが、なかなかかわいらしいアクションだ。表情もボディの形状もシルバーの髪の毛も、特に強い個性を主張しないデザインだが、実は有名3Dデザイナーの作らしい。魅力的だが、極端にセクシーだったりもしないので、いろんなシーンで扱いやすそうな気がする。

サイトはこちらで、ここには説明動画まで用意されている。

おそらくこの記事が、彼女を世に紹介する最初の記事になるハズ。

この女の子にはまだ名前もないみたいだし、ここから先はもっとこういうアプリを得意とする方々に任せようと思うが、3Dモーションエディター界の初音ミクになりそうな可能性を感じる。

お得意な方、彼女を踊らせてみませんか?

(村上タクタ)


コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー