デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2017年4月 | メイン

2017年5月

2017年5月20日 (土)

手に馴染むDëffのチタン

ご存知のように、私、カジュアルなiPhoneケースとは別に、メタル削り出しのiPhoneケースも大好物であります。

で、お借りして参りましたDëff(ディーフ)のCLEAVE(クリーブ)シリーズの、チタンバンパー。



これが、なんというかたまりまへん!

01

どこに書いたかはもう忘れてしまいましたが、iPhone 5の世代の時から、DëffのCLEAVEは愛用していたんですよね。iPhone 5は白いのを使ってましたが、それに赤いアルマイトのCLEAVEは似合っておりました。

CLEAVEの素晴らしいところは、曲線美であります。

ぺたんとフラットなiPhoneボディを、ボンキュッボンってな感じのナイスバディにしてくれます。しかも、デスクなど平らな所から持ち上げる時に、指がかかりやすくてピックアップしやすい。

さらに、ウェストが締まっているので、握った時に手に馴染む。

金属性なのに、非常に手に馴染みがいいというところが素敵なのだ。

03

さらにっ! 最新のCLEAVEはネジの要らないQuickLockを使用。バネ内蔵のスイッチにしてカチッとハマって、取り外しは両型のボタンを押しながら引っ張ればすぐ外れる。

09

ボタン類も、もともとこういう製品だったんじゃないかと思うぐらいカチカチと小気味よく動作する。

05

しかもっ! 一般のモデルはアルミだが、このモデルはチタン! 軽い、カッコいい!

できることならチタンの青黒い地肌を出してくれればなお良かったのだが、PVD(物理蒸着)でコーティングしてある。どうも、品質管理的にコーティングすることになった模様。いやいやもったいない! 多少劣化しようともやっぱりチタンの地色がいいなぁ。バーナーで炙ったりして、青からの虹色の色が出たりしてもカッコいい。

Dëffさん、次はぜひ地肌のままで。

06

なんといいますか、お値段はちょっと張りますが(iPhone 7用が2万円、7 Plus用が2万1999円)、非常にレアなチタンだと思えば、なんとか納得できる価格。チタンは硬いから、切削加工にも時間がかかるから、しょうがなさそう。

02

お借りして、1カ月近く使っているが、使えば使うほど手に馴染んで、すっかりとお気に入りになっている。本体はどの色でも似合いそうだけど、やっぱりジェットブラックか、PRODUCT (RED)かな。

欲しいなぁ……。

詳しくはフリック!6月号Vol.68に記事が載っております。



(村上タクタ)

2017年5月19日 (金)

オジサンも胸きゅんするラブストーリーは、Premiere Proで作られた

5月27日(土)から、映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』が公開されます。

A(c)mamadame production committee


偶然、Facebook上で出会った日本人の茂木さんと台湾のリンちゃんの海を越えた恋愛模様を描いた作品で、実話を元にしています。リンちゃんのFacebookページは現在も続いています。さらにページをまとめたフォトブック『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』も出版されており、こちらが原作になっています。

Photo_2

▲『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』のFacebookページ

本作品はAdobe Premiere Pro CCで全編編集された。Premiere Proならカラーグレーディングを始め、さまざまな作業が可能。専門の編集マンはいたものの、主演の中野裕太さんと監督である谷内田彰久さんは、ああでもないこうでもないと夜な夜な編集を進めたとのこと。さらに試写会も何度も行い、参加者の意見を受けて再編集という作業を繰り返して完成。

限られた予算の中、何度もフィードバックを反映できるのは、プロフェッショナルのためのソフトながら安価で利用できるAdobe Premiere Pro CCを使ったからとのこと。

Photo_3▲Adobe Premiere Pro CCの編集画面

D ▲主演の中野裕太さんと監督の谷内田彰久さん

Facebook上での偶然の出会いからエンディングまで、作品は胸きゅんなシーンがいっぱい。40歳を超えたオジサンでもきゅんきゅんしてしまいます。(ただ、もうこんな日は自分にはこないのか……と、せつなくなってしまいますが)

公開は来週、5月27日(土)からです。


●映画情報
『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』
2017年5月27日(土)新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて公開。他、順次全国公開
監督:谷内田彰久
出演:中野裕太、簡嫚書(ジェン・マンシュー)、王彩樺(ワン・サイファー)、蛭子能収
公式Facebook:https://www.facebook.com/mamadame.movie/
公式サイト:http://mama-dame.com/

E (c)mamadame production committee

▲日本だけでなく台湾でも上映される

2017年5月12日 (金)

昨日発売の新型MBP用、Thunderbolt 3対応アダプターTB1を1カ月前から使ってみた

新型MacBook Proは、Thunderbolt 3を4ポート(ファンクションキータイプの13インチは2ポート)のみというすごい仕様なので、たいていの場合変換アダプターが必要になります。

で、便利なのがフォーカルポイントさんのTUNEWARE ALMIGHTY DOCKシリーズです。万能タイプのC1、コンパクトでSDカード対応のCM1、HDMI対応のCM2がありましたが、新らたにTB1というThunderbolt 3対応タイプが出ました。

これ、1カ月前からプロトタイプを使わせていただいていて、超便利に使っています。

Dsc05129

会社で、必要なケーブルは全部これに挿しておいて、会社についたらガッチャーンと繋げば接続OK。とっても便利です。

そもそも、最初にこの製品のことを聞いた時はちょっと不思議だったのですよね。

だって、「Thunderbolt 3ポート2口を使って、Thunderbolt 3を2口供給するって、どういうこと?」と思ったわけです。プラマイゼロやん! と。さらによく仕様を見ると、Thunderbolt 3は1口だけで、手前側はUSB-Cに格下げされるじゃないですか。なんなんっていう話ですよ。

31
でも、使い始めてみると、TB1がめっちゃ便利であるということに気付きます。


全部繋いでおいて、ガチャってできるのは、これだけです。私の使用環境だと。これでないと5Kディスプレイ繋げないし、電源の充電はフルスピードでないんです(詳しくは後述)。

Dsc05128
そもそも、ちょっと遡って考えると、これが40Gbps、100WのThunderbolt 3フル対応……ってことは、他のアダプターは違うのかってことです。

そうなんです。違うんです。

他所のメーカーさんのはもちろん、ALMIGHTY DOCKのC1/CM1/CM2も、全部USB-C(正確にはUSB3.0、もしくはUSB3.1 Gen 2など)でうごいてます。40Gbpsどころか、10〜5Gbpsで動いているワケです。

で、それでダメなのかというと、それはそんなことない。

なぜなら、今、僕らが使ってる大半のデバイスに40Gbpsはいらないから。マウスやキーボードはUSB2.0の速度で十分だし、ハードディスクやSSDだって、USB-Aのケーブルから変換してるなら、USB-Aの速度で十分だから。

だからALMIGHTY DOCKのC1/CM1/CM2でOK問題ない。ちなみに、当時Thunderbolt 3のが動作すると高価になるという問題もあったし、USB-Cで十分じゃん、C1/CM1/CM2がリーズナブルな価格で出てることにこそ価値があるよ、と思ってた。たぶん、これはこれ。

5でも、USB-C(USB3.0、もしくはUSB3.1 Gen 2など)のじゃあ対応できない問題が3つある。

ひとつは電源。Thunderbolt 3は最大100W流せる。MacBook Proでも15インチは87W、13インチは61Wをアダプターが供給する。

これにはThunderbolt 3かもしくはUSB-CのPDの規格が必要になる(正しく書こうとすると、どんどん長くなるな、この記事……。PDについては省略するのでググってw)。

USB-C規格のC1/CM1/CM2だと、それぞれ48/60/40Wしか供給してない。別にそれでもいいけど、充電時間は実はダイレクトに繋ぐよりちょっと遅い。

29

ふたつ目は、ストレージ。40Gbpsの速度でがんがんデータをやりとりしたいなら、USB-Cじゃ間に合わない。ただ、フツーのハードディスクだと、もちろんそんな速度が出るワケはなくて、数台をRAIDで動作させて高速化するビデオ編集用の特殊な機材を使っていない限り関係ない。

最後に、ディスプレイ。僕が使ってるLGの5Kディスプレイのように5,120×2,880(1470万以上)ピクセルで、10ビットカラーを60Hzで動かそうとすると、膨大なデータのやりとりが発生してしまい、計算上Thunderbolt 2の20Gbpsでも追いつかず、Thunderbolt 3が必要になる(だた、このLG 5Kって内部的には3200×1800で認識されているんで、もしかしたら、そこまでのデータ量はやりとりしてないかも)。

というわけで、いろいろ考えると、2本のThunderbolt 3を接続し、1本はThunderbolt 3として使用し、残りの1本をUSB-C×1とUSB-A×2、SD、micro SDに振り分けているTB-1の仕様大正解というわけです。

32

Mac側が2ポートなのも、しっかり接続できるという意味で大正解。ぐらぐらしないから安心感がある。比較的カッチリ嵌まるUSB-Cだが、やっぱり毎日抜差ししてると緩んでくるし、個体差もある。2口にすることで、それを防ごうという考え方は正しい。

ただし、ポートの間隔がいつまでも同じかどうかは分からないので、もしかしたら、この世代のMacBook Pro専用のデバイスになる可能性もある。

30

ちなみに、私が使わせていただき始めてから、発売まで時間がかかったのは、コネクターの挿さり具合を深くするために改良していたから。私はそんなに不具合を感じなかったのが、基盤の位置を動かしまでして、完全に深く挿さるように変更したという。「100Wの電源が通る可能性のあるコネクターだから、完全に挿さるようにしたい」というフォーカルポイントさんのご意見は、電源を扱う電気製品の取り扱いとしては正しい。そういう真摯な態度を取るメーカーさんだから、安心して使えるワケです。

この手のデバイスは、作ってる深圳のメーカー(?)さんは、同じボディでいろんなところに出荷してたりしますが、細かい仕様や内部チップなどに違いがあったりしますし、フォーカルポイントさんのように「自分ところで売るのはこの仕様で」と細かく注目をつけているメーカーさんの商品を買うべきです。もしかしたら、同じようなのはいくつか出るかもしれませんが。

詳しくはフォーカルポイントさんのメーカーサイトで。







2017年5月11日 (木)

MacBook Pro 13(Late 2016)に、素敵なレザージャケットを買った

ノートパソコンについては、あまりプロテクションとか考えないですが、考えてみればiPhoneでもiPadでも製品を守るためのケースを使うことが多いので、MacBook Pro用にもレザーケースを買ってみた。

というか、私のパソコンは撮影用の使うことも多いので、キズは付かないに越したことはないのだ。

MacBook Pro 13(2016)ケース・ジャケット
価格は7200円(税込)

そしたら、思いのほか気に入ってしまって驚いている。

Dsc04959
着せるように装着するレザーケースだ。素材はカーフスキン風の合成皮革。こういう使い方だと、本革よりフィットするし、経年変化で歪んできたりしないし、重さも65gと軽い。

閉じてしまうと、本当にビジネス用の書類ばさみというか、手帳っぽくて、そこが気に入っている。

Img_5180
お気に入りといえば、1カ月ほど前から先行して使わせてもらっていたフォーカルポイントのTUNEWARE ALMIGHTY DOCK TB1がまもなく、ようやく出荷とのこと。

(※本日(5月11日)受注開始、在庫アリだそうです)

ポートの差し込みの微妙な具合を出荷を送らせてまで完璧に調整していたのだそうだ。私的には使い心地は問題なかったんですけどね。

↓製品版はもうちょっとUSB-Cのコネクターが深く刺さるようになるらしい。

Img_5181

最初はThunderbolt 3ポートを2つ使って、Thunderbolt 3はひとつになるってよく分からん……って思ってたんですが、2ポート使うことでしっかり安定して接続できて、かつSDやUSB-Aが増えるということで、実に便利なのです。

奥のThunderbolt 3にLG 5Kを接続し、USB-Cには、USB-Aのハブを接続してTime Machineや写真保存用のハードディスク、LogicoolのUnifyingのレシーバー、ScanSnapなどを接続してます(LG 5K背面のハブは現状では瞬断が起るので、ハードディスクを接続するのは怖いのです)。手前のはLANケーブルへの変換。

会社に着いたら、これをガチャっと繋ぐだけで、仕事準備完了です。

あ、あと、Macを置いてるのは、バード電子のMAC TABLE(9600円)ね。

MacBook Proを買って半年。段々周辺機器が充実してきて嬉しいです。

(村上タクタ)

大好きなSony Reader Storeがリニューアルした

Reader Store ( https://ebookstore.sony.jp/ )

『大好きな』は個人的な想いだけど。数ある電子書籍配信元さんの中でも、本好きな方が作ってらっしゃる感じがするんですよね。

そんなわけで、個人的には、趣味で読む書籍類(SFとか、時代モノが好きです)は、Reader Storeで買うことにしています。今見ると382冊買ってました。

レビューを書くと、そこから誰かが買ってくると若干ポイントが付いて、数十円のことだけど次に本を買う時の足しになるのも嬉しいんですよね。そこで、数十円稼ぐより、フリック!の原稿書けよ……ってことで、ほとんど書けてませんが。

そんなReader Storeがリニューアルのお知らせ。

Ebookstore_sony_jp サイトを封鎖してまでのリニューアルとは大胆です。その間、本が買えません(笑)

そして、リニューアルしたのがこんな感じ。だいぶシンプルになりました。

_reader_store___sony
前の情報てんこ盛りな感じも、私は嫌いではないですが、シンプルなウェブサイトはいろいろ苦労して情報をそぎ落としたんだろうなぁ。見やすくて心地いいです。

個人の情報のページもシンプルでいいです。

Reader_store__ さらに、購入ページもシンプル。使い心地がいい。素晴らしい。

Reader_store___2 代表の方のご挨拶も載ってます。こういう思い入れが嬉しいんですよね。大事な本を預かってもらってるんだから、やっぱりこういう電子書籍サイトから本を買いたいわけです。想いは大事にしたいのです。

Ccfa0fcaede2ffc4cf47e0c7f2e772eab8c
というわけで、みなさんもぜひReader Storeでどうぞ。私はいつもXperia Z Ultraで読んでいます(防水だから風呂でも読めるから)。

Reader Store ( https://ebookstore.sony.jp/ )


2017年5月 9日 (火)

フリック!6月号Vol.68、今夜0時発売! 特集は『電子書籍』

フリック! 6月号Vol.68が、5月10日(水)配信開始です!
一応、深夜0時ぐらいが目安です(が例によって配信元さんによって、前後すると思います。)

Flick_digital_2017_06_200dpi_size_l

特集は『電子書籍』。

フリック!が完全電子化して、5年弱。

『電子書籍元年』っていうのがいつだったのかは良くわかりませんが(笑)、今やほとんどすべての本は紙版と電子版が用意されるようになっています。我々出版社にとって、最初は限りなく0に近い売上で、理論的には大赤字だった電子書籍ですが、少しずつ収益の足しになるようになってきています。

一方、『電子書籍なんて読んでるヤツなんて見た事ないよ! 全然普及してないじゃねーか!』という人もいらっしゃるでしょう(弊誌の読者にはいらっしゃらないと思いますが)。

では、現実に、各配信元で電子書籍はどのぐらい売れているのでしょうか? これから電子書籍の販売はどうなっていくのでしょうか? 電子書籍大手のAmazonや、電子書籍で大成功したマンガ家の鈴木みそ氏にお話を聞いて『2017年の電子書籍事情』をレポートします。

その他、アップルが新たに配信を開始した動画クリップアプリClips(弓月ひろみさんのレポートです)、マイクロソフトの最新アップデート、世間の話題を席捲した新SNSであるMastodonなどを特集。

240〜180円ぐらいで販売されます。また、kindle unlimitedに入っているので、加入している方は無料で読めます。

あと数時間で発売です。お楽しみにっ!

【速報】彼女を踊らせるのはあなた! Bot3D登場!

突如、面白そうなiPhoneアプリが登場した。

Bot3d_editor_3d

Bot3D


アプリ名称はBot3D。開発元はheuristic Inc.となっている。日本の会社だ。

Img_5185

何ができるかっていうと、この3Dモデルの女の子を自由に動かしてポージングできる。タイムラインも持っているので、踊らせることもできる。

何はともあれ、動画をどうぞ。



ヒジを動かすと、それにつれて手首も動く。この仕組みを『全身インバースキネマティックアルゴリズム』というらしい。

Img_5184

指の一本一本、関節のひとつひとつまで動かせるから、細かな演技もさせられる。

Img_5186

さらに、表情まで設定できる。表情と表情の間はスムーズに繋がれる。

Img_5189

音楽を取り込んで、リップシンク(口パク)をさせることもできるらしい。なんか、髪の毛も自然な感じで、ゆらーんと揺れる。

Img_5183

つまり、何ができるかというと、音楽を用意すれば、それに合わせて踊らせる動画を作れるってこと。私はそっち方面は詳しくないが(^_^;)、音楽を作って、ボーカロイドに歌わせて、このBot3Dに踊らせることができるってことだ。

ちなみに、この画面キャプチャーはインストールして5分の僕がサンプルモーションを動かして撮影したもの。つまり、そこまでは簡単にできる。

踊らせるとこんな感じになる(デモ動画)



こんな感じで、基本的なモーションサンプルはすでに用意されている。

Img_5190

それぞれ、動作させてみると分かるが、なかなかかわいらしいアクションだ。表情もボディの形状もシルバーの髪の毛も、特に強い個性を主張しないデザインだが、実は有名3Dデザイナーの作らしい。魅力的だが、極端にセクシーだったりもしないので、いろんなシーンで扱いやすそうな気がする。

サイトはこちらで、ここには説明動画まで用意されている。

おそらくこの記事が、彼女を世に紹介する最初の記事になるハズ。

この女の子にはまだ名前もないみたいだし、ここから先はもっとこういうアプリを得意とする方々に任せようと思うが、3Dモーションエディター界の初音ミクになりそうな可能性を感じる。

お得意な方、彼女を踊らせてみませんか?

(村上タクタ)


flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー