デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 小4が、iPadで理科のレポートプレゼン、プログラムまで【関西大学初等科】 | メイン | Mastodon(マストドン)始まりました »

2017年4月13日 (木)

世界初のApple Watch専用ResearchKitアプリ、ネスレから登場

医療の進歩には、データの収集が欠かせないもの。でも、医者が横に寄り添って、データを計測しつづけられる人数はごく限られたものでもある。

統計的なデータとして活用するには、多人数のデータがあった方がいい。そのために開発されたのが、アップルのResearchKit(詳しくはこちら)という仕組み。多くの人が持っているiPhoneやApple Watchからのデータを、暗号化し匿名の状態で収集して医学の進歩のために役立てることができるというわけです。

そのResearchKitを活用したアプリ『Itch Tracker(イッチトラッカー)』がネスレ スキンヘルスからリリースされた。

26a9d1e78ac8438d9bc73583325648da

これはアメリカ以外で初めて世界同時公開となるResearchKitアプリで、Apple Watch専用アプリとしては世界初なのだそうだ(ResearchKit自体としては日本で11番目)。

737428c3b3cc4272887ebfa075f0d5a9
かゆみは、人間にとって一番の苦痛だと言われている。

でも、かゆみの強度というというのは伝わらない、計測できないのが難しいところ。

たとえば、医者の「どのぐらいかゆかったですか?」
という質問に対して
『すっごくかゆいです!』
と答えた人がいたとしても、この『すっごくかゆい!』が他の人の『すっごくかゆい!』と同じなのかどうかは分からないですよね?

Dsc04645
そこで、少しでもかゆみのデータを取るために、Apple Watchを使って、夜中に掻いているのを計測するアプリを開発したというワケだ。

ネスレスキンヘルスは、非常に数多いネスレグループの会社のひとつ。最近の食品関連メーカーさんは、バイオテクノロジー関連企業ということで、医療などにも深く関わってらっしゃるケースが多い。ネスレ スキンヘルスも、そのひとつというわけだ。

Dsc04641
説明して下さったのは、左からネスレ スキンヘルスの医学博士でもメディカルディレクターの生駒晃彦さん、同じくプロジェクトマネージャの竹村公利さん。

計測する前と後にはアンケートに答える。これにより、どんな状態の時にどのぐらい掻いたかが分かるというわけだ。たとえば、疲れている時にかゆいのか、お酒を飲んだ時にかゆいのか……というようなデータでさえ、これまで意味のある状態で集めることができなかった。それが、これにより非常に多くのデータを集めることができる。

Photo
もちろん、Apple Watchは医療機器としての認証を受けているわけではないので、このデータはあくまで参考として扱われて、医学的に正規のものにはならないのだそうだが、それでも、これまでになかった貴重なデータになるはずだ。

実際にこれまでテストした方でも、『こんなに掻いてるとは思わなかった』という話もあり、スキンケアをていねいにしたら掻かなくなって、クオリティオブライフが向上したということも、すでにあったらしい。

Dsc04665

ちなみに、Apple Watchをつけるのは普段付けている方の腕でいいらしい。人間は以外と利き腕の方で掻くということはなく、かゆい場所に応じて左右の手を適切に使い分けて掻くらしく、利き手の反対の手で掻いたモノが、ほぼ実際に掻いている状態の半分と解釈しても問題がないのだそうだ。

実は、私事だが、私の息子は皮膚がかゆい病気で、もう10年以上も医者に行っているが、原因不明(アトピーではない)、病名不明で、対処療法的にお医者さんにいただいた薬を塗っている。小さい頃には夜中に泣き叫びながら掻きむしり、シーツに血の跡が点々と残り、なんとも痛ましかったものだ。親としてはなんとか直してやりたいと思い、10軒以上の皮膚科を渡り歩いたが、結局解決はしなかった。意外と、皮膚のことひとつ取ったって、医学がすべてを解決できているワケではないのだ。

先に述べたように医療機器として認証の取れたデータにはならないが、それでも一番身近で、いつも身に付けている精密な計測機器として、iPhoneやApple Watchの価値は高い。これまで数十人から収集するのだって、大変だったデータが、ResearchKitの仕組みを使うことで、何万、何十万、ひょっとすると何百万人からのデータだって集められるようになるかもしれないのだ。

ResearchKitが活用され、ひとりでも多くの人が健康で快適な生活を送れるようになることを期待したい。

(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー