デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« フリック!4月号Vol.66、本日発売!!! | メイン | タウンWiFiがWi-Fiの保護機能を追加【本日発表】 »

2017年3月12日 (日)

通信料抑制の特効薬『タウンWiFi』はクロか、シロか? 本人に聞いた

『タウンWiFi』というアプリ知ってる?

去年の秋ごろ『これは便利!』と、すごく話題になった。が、その後『これは法的にグレーなんじゃないか?』という指摘があって、一気に話題にされなくなったアプリだ。

仕組み的には、世間にたくさんあるWi-Fiを自動的に設定するアプリ。通信会社や、コンビニ、鉄道、飲食店……など、世間にはいっぱいWi-Fiがあるけど、いちいち接続設定をするのはとても面倒だ。タウンWiFiは、これを自動設定してくれる。

01
スマホを使っていて、突如通信できなくなったと思ったら、自分が加入していないコンビニや地下鉄のWi-Fiを掴んでいた……という経験はないだろうか?

タウンWi-Fiはこういう問題を一気に解決する。シームレスに、いろんなWi-Fiに接続してくれれば、勝手にWi-Fiを受信して操作を妨げられることもないし、そもそもコンビニや地下鉄、飲食店……などのWi-Fiを利用できれば、月額の通信料をずいぶん抑制できるというものだ。

02

20〜30GBの契約をしている人ならともかく、10〜5GBの契約で、パケットを節約しながら使っている人にとっては見逃せない節約になってくる。

タウンWiFiの何が問題だと言われてたのか?

では、なぜ、問題視する人が多かったかというと……主なものは以下の通り。

1.利用規約を読ませないのはマズい
2.勝手にメールアドレスを生成して、契約してしまうのはマズい
3.プロファイルが勝手に生成されて、アプリを削除しても残る
4.そもそも、Wi-Fi提供者のサービスへのタダ乗りだ

批判されるポイントが多いが、これは本当に法的にイリーガルなものなのか? このタウンWiFi社のCEO、荻田剛大氏に直接お会いして、話を聞いてみた。

02

荻田CEOは、元々楽天に勤めていた。ある日、通信料制限にかかってしまい「いくらウェブサービスを作っていても、根っこの部分で通信を制限されては、意味がない!」と、楽天を飛び出して起業したという。

現在、出資はエンジェル投資家や、ベンチャーキャピタルから受けているという。

そもそも、このサービスはどうやって儲けるつもりなのだろう? そこが分からないから「顧客データを売られたりするのではないか?」と、疑心暗鬼になるという部分もある気がする。

「個々のデータは提供しませ んが、Wi‒Fi提供者様に 対して統計データを用いた提案をしていく計画です。Wi‒Fi設置の主な目的は集客だと思います。それに対して弊社は、何人の方がWi-Fiを利用している、新規とリピーターの割合、最近来てないユーザーがこの位いる...... というような統計データを提供できますし、その利用者に向けて通知でセール情報をお届けしたりもできます。また、一般のユーザーの方にはずっと無料で使っていただくつもりですが、プレミアムな機能をアプリ内課金でご提供できたらな......とも思っておりま す。現在200万DLいただいており、しかも70万ユーザ ーがアクティブということで、大きなニーズがそこにあると考えています。」

03



クロか? グレーか? シロか?


利用規約については?

「利用規約は元々表示してましたが、ご指摘を受けて、見やすいように配置しました。最終的にそれにキチンを目を通されるかどうかはユーザーの方に委ねることになるのは、一般のサービスと同様です。統計データは接続時にタウンWiFiに登録いただいたものを提供しているので、この点も通常の登録と変わらない。」

登録にはタウンWiFiが自動で生成したメールアドレスを使うのは?

「メールアドレスを新規に作って登録するのは問題ないと思います。たとえば、一般の方が登録のために新たにメールアドレスを作るのと同じことです。提供者の方が、そのアドレスに送ったメールは、ユーザーの方もアプリ内のメッセージタブで見られるように改修しました。」

暗号化されていないのは危険だという声もあるが?

「これは、それぞれのWi-Fiサービス提供者様の仕様です。安全に使っていただくためには、今後の課題だとは考えています。」

接続した時に生成されたプロファイルが、iPhoneに残り、アプリを削除しても残るのは問題ではないか?

「接続の設定をするには、プロファイルを使うしかなく、アプリ削除の時にプロファイルを削除することはできません。iOSの仕様なので、如何ともしがたいです。」

04


アプリに取り上げる時に、各提供者と提携を結ぶべきではないか? 現に同じようなサービスを提供してるジャパン・コネクテッド・フリーWi-Fiは提携している。

「NTT-BPさんが運営している同サービスと違って、我々のようなベンチャーでは、交渉のテーブルに着いていただくこと自体が難しい。ちょっと乱暴ですが、まずサービスを運用して、それからご連絡のあったところと折衝しようというカタチでやっています。」

無許可、タダ乗りという印象があるのでは? セブンイレブンさんと揉めたとの話も聞くが。

「とにかくユーザーのみなさんに『便利なWi-Fiを提供したい』というのが一番なのです。しかし、ご批判があることは真摯に受け止めていて、メリットを提供者の方に返したいと思っています。7SPOTさんからは問題視されたのですが、登録の際に一度7SPOTさんのサイトを通るように改修しました。今はどうやったら、Wi-Fiのアクセスを上手く活用できるかを一緒に考えています。」

04_2

あなたはタウンWiFiを使う? 使わない?

フリック!としては、ルールとしてタウンWi-Fiに問題がある部分はないと考える。

ただ、感情論として『タダ乗り』であるという批判は残る。

しかし、日本らしいすべてに万全を求める既存のやり方では、いつまで経っても便利にならないのも確か。まずやってみて批判があった部分に対応していくオプトアウト方式で進める方法論が、これからは日本企業にもあってもいいのではないかと思うのだ。でないと、いつまで経っても外圧でしか変われないし、Wi-Fiも不便なままだ。

Wi-Fiの不便に関しては、世界的に同様の事象は起こっており、『フリーWi-Fiが充実していてスムーズに使える国』というのは、今はないのだそうだ。

タウンWi-Fiではすでに海外進出を始めており、20カ国で調査し、すでに韓国ではサービスも始めているそうだ。このスピード感もさすがベンチャー企業。

もしかしたら、日本発のタウンWi-Fiに入れば、世界にWi-Fiが個別の認証なしで使える……なんていう世の中がやってくるかもしれない。

さて、あなたはタウンWiFiを、使う? 使わない?


(村上タクタ)

↓↓↓詳細は、フリック!4月号で↓↓↓


コメント

コメントを投稿

2017年3月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー