デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« タウンWiFiがWi-Fiの保護機能を追加【本日発表】 | メイン | AndMeshの7 Plus用登場! 先着500個、500円クーポンあり! »

2017年3月16日 (木)

バイクやクルマで、超カッコいいデータをオーバレイした走行動画が撮れる!【Cerevo REC-1/LOG-1】

まずはこれを、ご覧下さい。

Movie_overlay
バイクで見えてる光景に、速度や旋回・加速・減速のG、GPSデータ、などをオーバーレイして表示。

動画はこちら。



この映像が簡単に撮れるのが、Cerevoから発売されるREC-1とLOG-1だ。

Rec1_log1_3 REC-1は最大1080/60pの動画を撮れる動画カメラで、GPS内蔵。別体のセンサーユニット(LOG-1)で、6軸の加速、角速度、気圧、磁気センサーを内蔵して2万9990円(税別)で、4月下旬出荷予定。

このセンサーデバイスLOG-1は別体でも販売(6990円・税別)され、GoProなどと組み合わせて使うこともできる。

Rec1_log1_motorcyce

本体とセンサーを別体としたのは、カメラはカメラで、安定して視界のよいところに取り付けたいし、センサーは車体の動きをダイレクトに感知する部分に取り付けたいというニーズを考えたもの。

かなりよく作り込まれていて、グローブをしていても、直接見えないところ(自分のヘルメットとか)に取り付けていても操作の分かりやすい物理的なスライドスイッチの採用や、カメラを固定したまま交換可能なバッテリーなど、実際に運用したからこその工夫が随所にみられる。

Rec1_battery 使い所を考えてしまうのは、付属の磁石を使う磁気センサー。

たとえば、ブレーキレーバーに付けておけば、ブレーキの動作を感知できるし、ホイールにつければ回転センサーになる。何を感知させるのが面白いだろう?

Xon_log1_overlay_movie_exporter
複数のLOG-1とも連携できるらしいので、工夫次第ではさまさざまな使い方ができそうな気がする。

一方、ガチバイク乗りだと、セッティングを煮詰めたり、ライテクの情報として使うには、サスのストロークセンサーや、エンジン回転、ギアポジションなどの情報も欲しくなるところ。

だが、それを得るにはかなり大掛かりな工夫が必要になるし、バイク側への対応も必要だ。まずは、センサーをバイクに貼り付け、カメラを固定するだけでこのカッコいい動画が撮れるという手軽さが魅力だ。

Dsc04126

REC-1はいわゆるGoPro準拠のアダプターで接続できるようになっており、キットにはあるていどのアダプターも付属している。

Dsc04156

撮影がかなり高画質なので、長時間撮る(たとえば、ツーリングの間中ずっと撮影するとか、ドライブレコーダーとして使う)のには向かないが、一応、モバイルバッテリーを接続したまま、撮影できる(公称スペックにはないが、取材した所できるとの解答は得た)ので、SDカードの容量が間に合う限りの長時間撮影も可能(ただし、動画ファイルは20数分刻みのファイルに分かれてしまう)。

さて、何を撮ると面白いだろうか? スイッチを上手く使って、ブレーキングポイントを検出したり、シフトポイントを検出したりすれば面白いと思うのだが。

さて、Cerevoはグローバルニッチを追求し、マニアックながら、ワールドワイドで考えるとビジネスになる……という狭いカテゴリーの商品を出してくれる。

Dsc04109

特の『スポーツを可視化する』ことを目的としているXONシリーズは、スノボ用のSNOW-1を皮切りに、自転車用のRIDE-1、今回のREC-1、LOG-1など、ユニークな商品が次々と出てくる。

Dsc04113

これからのアップデートや、商品展開の拡大にも期待したい。

コメント

コメントを投稿

2017年3月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー