デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 世界AIDSエイズデーに呼応して、アップルが(RED)の取り組みを強化 | メイン | MacBook Pro 13を買ったので、家にあったMacを重ねてみた »

2016年12月 2日 (金)

29Wアダプターを買って、荷物軽量化は可か?【MacBook Pro 13inch Touch Bar】

Dsc01066
以前からある手法ですが、サイズの違うMacBookシリーズの充電器も流用不可能ではありません。

現在、MacBook 12インチには29W、MacBook Pro 13インチには61W、MacBookPro 13インチ 15インチには58Wのアダプターが付属しています。

私が買ったのはMacBook Pro 13インチですが、29Wのアダプターを使えば荷物を軽くすることができます。

Dsc01511

Apple Storeのサイトには重量は出てなかったのですが、実測値で29Wは108g、61Wは198gでした。90g軽くなります。

問題は使っていいものなのかどうですが、アップルさんの公式見解としては標準付属のものを使って下さいという話のようです。

某電気回路に詳しい人に聞いてみたのですが、29WのアダプターにMacBook Pro 13を繋ぐとコンデンサーなどに負荷はかかるそうです。ただし、かといってすぐに壊れるというものではないし、壊れるとしても、アダプター側で、本体ではないそうです。

では試してみるか……ということで、29Wアダプターを買ってみました。さらにベルキンの50cmのThunderbolt 3ケーブルも買ってきました。これは25gで、標準の2mで60gもあるバッテリーよりはだいぶ軽くて済みます。ただ……やっぱり50cmは短いですね。床にタップがあると届かないw(そもそも、これはデータ転送用ケーブルです。)

Dsc01512

これで、都合135g、iPhone1台分ぐらい軽くなります。

とりあえずは会社では標準のアダプターを使って、取材先でバッテリーが無くなった時の非常用として29Wの方を運用しようと思います。ケーブルと合わせて133gなら常備しててもさほど負荷はありません。

ちなみに、某所で計ってもらうと14.7V、1.99A流れていたので、29.2Wぐらいが流れている勘定です。標準が60Wだから半分ぐらいの感じです(ちなみにALMIGHTY DOCK C1を挟むと、そこで若干電気を食われるようで15Wぐらいになりました。この場合直結の方がいいようです)。

映像処理とか負荷のかかる処理をすると、電池が減る方が早いかもしれませんが、私は原稿書きなどが中心なので、バッテリーはチャージされます。アダプター自体は、普通より熱を持つように思います。

一応、私は、非常用として使ってみようかなと思ってますが、充電器が壊れる可能性がないわけではないので、同じことをする方はオウンリスクでお願いします。

壊れたら、またご報告します。

(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー