デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« ぬるりんとしたエラストマーケース、KINTA登場 | メイン | Apple Payは一番セキュアなお金の持ち方 »

2016年11月 4日 (金)

テキストを打つ、読む、絵を描く【YOGA BOOK 02】

さて、YOGA BOOKレポート、第2弾(前回のはこちら)。

お借りしてるのはWindows版LTEモデル、5万9800円(+税)。

魅力はシンプルなデザイン、多才な機能。にも関わらず、軽いということだろう。

_s3a7084_3
こうやって、開くと、まるで普通のノートパソコンに見える。重量は690g。軽い。あのとっても軽いMacBookの12インチだって、920gあるんだから、いかに軽いかお分かりいただけるだろう。

一番気になるのはおそらくキーボード。

広大なタッチパネルに、透過光で表示されるキーボードだ。

_s3a7091_2

おそらく、気になるのはこのキーボードで文章が書けるかということだろう。

僕の現時点での結論としては『長文は難しい』という感じ。ホームポジションの突起もないし、打鍵感というか、フィードバックもないと文字というのは打ち難いものなのだ。たとえば、iPadの画面の表示されるキーボード。あれを両手で打とうとするのに近い感じだ。

手の平部分などパームレスト部分に接触しても何も起こらないから、そういう意味ではiPadより少し打ちやすい。

_s3a7146

開いて画面を表にして畳むと、Windowsのタブレットのように使うこともできる。この時も薄さ、軽さがメリットになる。折り畳んでいるにも関わらず、初代のiPadぐらいの重さしかないのだ。

_s3a7151
下の部分をキーボードとして使うのをやめて、広大なタブレットとして使うこともできる。位置決めが難しいので、操作性的にどうかと思うが、Macとペンタブレットで絵を描いている人にとっては普通の状態なので、慣れればけっこう描けるようになるのだろうか? 持ち上げた状態のペンの位置が分からないので、私はけっこう苦労したのだけど。

そして、最後にこのYOGA BOOKならではの使い方。

専用のノートパッドとペンを使って、紙の上に描きつつ、それを取り込む描き方。Wacomの『feel IT technologies』と『AnyPen technologies』を使っているそうなのですが、これはビックリするほど描きやすい。さすがWacom。

_s3a7164
当たり前だが、書き味は完全に紙にボールペンで描いているタッチ。これは、これまでのどんなタブレットでも得ることのできなかった描きやすさだ。

ペンを斜めにして描くとポインター位置はずれそうなものだが、実にうまいこと調整されていて、描いたそのものが画面上に表れた。これは感動するほど使い勝手がいい。

どんなアプリだと便利かとか、そのアタリは調査の余地があるとは思うけど、タッチは最高。


というわけで、
キーボード入力=微妙。慣れを要する
タブレットとして利用=便利
ペンタブレットとして利用=慣れれば便利かも
ノートパッドを付けて利用=最高

という感じです。

多機能だけど、基本的にこのデバイス自体は軽量というのが素晴らしいなぁ。言ってみれば、MacBook、ペンタブレット、iPadの役割を一台でこなすわけだから、キーボード入力の重要度が低い人はこれで十分って思う人もいるかもしれない。

面白いので、もうちょっと慣れたら、また隙を見てまたレポートしたいと思う。

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー