デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« cheeroから、高速充電可能な充電器登場! | メイン | 世界AIDSエイズデーに呼応して、アップルが(RED)の取り組みを強化 »

2016年11月29日 (火)

iPadの価格解説バイヤーズガイド【iPad超活用術2017】

iPadって、いくらするかご存知だろうか?

_s3a8960
「だいたい5万円ぐらい」

そうそう、そんな感じ。しかし、「メモリーは128GBが、よくて携帯の電波も使えた方がいいし……」とやっていると、気がつくと10万円近くなってたりする……というのもよくある話。

ウェブサイトをクリックしていけば、自動的に値段は出るが、一体全体どういう仕組みになっているのか、分かりにくい。そこで、その構造を全部バラして表にしてみた。

016023

一番安いiPad miniが2万9800円(税別)。一番高い、iPad Pro 12.9が11万6800円(税別・Apple Pencilとスマートキーボードを付けると14万5400円+税)と、なんと21種類も仕様がある。

しかし、その値段は、iPadのサイズ・仕様、ストレージ容量、Wi-Fiかセルラー+Wi-Fiか、でとっても分かりやすい構造になっている。

簡単に表組みにすると、こういうことだ。

Ipad_2 ※mini 2は32GBのみ、Air 2とmini 4は32GBと128GBのみ、Pro 12.9は256GBと128GBのみという制約はあり。


これを見れば、自分に必要な条件から、iPadを選ぶことができると思う。

その上で、いくつかお勧めを挙げておこう。

●とにかく体験したいとか、子供用のとか、写真表示用にとか限定用途に使うなら、2万9800円のiPad mini 2はお買い得。
●そうはいっても、通常使用なら128GBは欲しい。1万円でストレージが4倍になるならこれは欲しい。
●ビジネスマンが電子手帳代わりに使うなら、mini 4、128GB、セルラーで6万6800円。
●Wi-Fi環境下のデスクなどで使うなら、Air 2、128GB、Wi-Fiで5万2800円がお買い得。
●絵を描くなど特定用途に使うとか、経済的に余裕があるならPro。結局ハイスペックなマシンの方が長く使える。

アップルケアは2万9800円のiPad miniでも、11万6800円のiPad Pro 12.9でも9400円(税別)なので、高価な端末を買った場合は入った方がお得。使い方次第、壊すリスクを見込むかどうかと問題ではあるが。


詳細は11月26日発売のこちらをどうぞ。

(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー