デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« New MacBook Proの箱開け。ますますシンプルに | メイン | MBP 13インチTBはCheero PP3 20100mAhから充電できる!【新MacBook Proの知りたい事1/7】 »

2016年11月17日 (木)

新型MacBook Pro……13インチのSSDが化け物!? でもCPU、GPUは遅い?

iPadムックの締め切りで朦朧としながら、目の前にあるニューモデルが気になって、ついつい触ってしまいます。

Dsc01224_2

印刷所の方の目を盗んで、MacBook Pro Touch Bar 13/15の速度チェックをしてみました。

まず、ビックリなのがBlackmagic Disk Speedの結果。

なんと、メーターを振りきって、WRITE/READが2000/2000で止まってしまいました。すげえ……MacBook Pro TB13のSSDは化け物か……? と思わず常套句をつぶやいてしまうほどです。ちなみに、テストしたモデルには512GBが入っています。

Bmr13
次に、15インチ。より容量の大きい15インチはより速いに違いかいから、当然振り切っちゃうし、テストにならないよね……と思ったら、こちらの方が遅い。


Bm15
あれ? READが13インチより遅い……。どういうことなんだろう。ちなみに入ってるのは1TBのSSDなので、13インチより速いハズなのだが……。計測方法の頭打ちもはじめ、このへんはちょっと再検討が必要かもしれない。

いずれにせよ、速いことは確かだ。

次にCINRBENCH R15を試してみようと思ったのだが、なんと認証されたアプリしか開けなくなっているので、そもそもアプリを試すことができない。

そこでGeekBench 4を試用。まず、13インチ。Geeekbench13

シングルコアが3183、マルチコアが6465……。i5の2.9GHzだとこんなもんでしょうか……。もうちょっと伸びてもいいような気もしますが。

続いて15インチ。

Geekbench15
こちらも従来モデルに対して、圧倒しているという数字ではありません。

もしかしたら、計測アプリとして新しいアーキテクチャの速度を正しく測れていないのか、それとも私が何か設定を間違えたまま計測しているのか……?

SSDの速度は大変速く、特に13インチは驚くほどの結果が出せたのですが、GeekBench 4では今ひとつ……という結果でした。

なんか釈然としないので、また時間のある時にしっかり計測してみますが、取り急ぎ、速報ということで。

追記

GeekBenchのサイトでも新型の方が遅い。どうなんでしょうね?

こっちがシングルコア。

Mac_benchmarks__geekbench_browser_2

で、マルチコア。

Mac_benchmarks__geekbench_browser

ただ、こういう計測方法って、単純に全力疾走100m走のパフォーマンスを計っているだけなので、実際に山あり谷あり、障害物あり、借り物ありの現実の仕事に向けてチューニングが進むと、計測自体が合わなくなってくることというのはあるかもしれないので、これについてはやはりもうちょっと色々試みないといけないかもしれません。節電性能を上げるために、何かしているかもしれませんし。


コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー