デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 変わりダネ端末YOGA BOOK【YOGA BOOK 01】 | メイン | 複数のApple Watchを使う時の、Suicaに関する注意点 »

2016年10月30日 (日)

Apple Watch Nike Plusが来た! ペアリングしたら細かいところが専用だった

発表時にサンフランシスコで見て気に入って、すぐにオーダーしていたApple Watch Nike Plusがやっと届きました。

到着は28日のハズでしたが、宅急便を受け取りそこなって、29日になってやっとget。ちょっと出遅れました(笑)

Dsc00359_2

普通のアルミのApple Watch Serise 2は白い箱ですが、Nike Plusは黒い箱なのですね。

Dsc00365
パッケージの中身はこんな感じ。マニュアルなどの印刷物もちゃんと専用のカラーで印刷されているのが嬉しいですね。バンドは本体にはM/L用が付いていて、予備としてS/M用が入っています。

Dsc00374
本体の下には、電源と充電ケーブルが入っています。

Dsc00375
そういえば、裏側はレポートしたことがないかもしれません。裏側はこんな色です。本体の裏の刻印にもちゃんとNikeのマークが入っていて、専用品であることが分かります。ベルトにもApple Watch Nike Plusと入っています。

デジタルクラウンとサイドボタンを押すと電源が入ります。

Dsc00389

言語を選んだり、国を選んだりします。ちゃんとデフォルトで日本語が優先されて出てきます。日本にはいってくるのはそうなるようにしてあるんですかね?

Dsc00390

例の3次元バーコードみたいなのが出てくるので、iPhoneのApple Watchアプリを立ち上げてペアリングします。

Dsc00392
これを画像として認識することで、ペアリングできるのです。操作は簡単。

Dsc00394

ペアリングすると、マークが表示されます。ここもちゃんと蛍光グリーンになっていて、専用品であることを主張してくれます。

Dsc00399
どこバックアップから復元するか聞かれます。私は個人所有の去年のモデルと、Apple Payのレポートのために借りていた、ゴールドのApple Watch Serise 2の2台が認識されます。最新の情報が入っているのはゴールドの方なので、それから復元します。

Dsc00402



2〜3設定がをします。

Dsc00406
Nikeの専用ランニングアプリが用意されているようです。

Dsc00408
複数のApple Watchを所有している場合、iPhoneのApple Watchアプリから自由に切り替えながら使えます。毎日ジャケットを着替えるように、違うApple Watchを使うことができるのです。

Dsc00425
(といってもゴールドのApple Watch Serise 2は記事用の広報機材なので近々返却してしまいますし、ステンレスの去年モデルは動作も重いし、Apple Payも使えないので、それほど使わないと思いますが……)

装着して腕を上げたらそのApple Watchに切り替えるという「自動切替」の仕組みもあります。

ただ、唯一自動で切り替わらないのが『Suica』なのです。これはどこか一カ所にしか存在できないので、手動でiPhoneに戻して、Apple Watchに書き換える必要があります。これについては、また別にレポートします。

さて、これでひとまず準備完了!

Dsc00429

派手でいいですね! 

でも、ちょっと落ち着いた感じで行きたい時は、バンドと文字盤を変えればこんな風にも使えます。

ウーブンナイロンとシンプル。

Dsc00442

ミラネーゼループとクロノグラフ。

Dsc00441
うーん。しばらくは、Nike Plusの専用のバンドかな(笑)


コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー