デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« iPhone 7発表会見聞録【発表会現地レポート】 | メイン | iPhone 7/Plus取材機受け取った&追加情報 »

2016年9月15日 (木)

キヤノンからやっと本気のミラーレス登場【 EOS M5】

キヤノンファンとしては、『やっと本気になってくれたか!』というミラーレスが登場した。11月下旬発売のEOS M5だ。

(そうM3からひとつ飛ばしてM5なのだ。)

専用サイトはこちら

やっとの、EVF標準搭載。デュアルピクセル CMOS AF搭載。DIGIC 7、約2420万画素。常用ISO2万5600。このスペックをEOSなインターフェイスで使えるのが嬉しい。

Dsc07827
どうも、これまで一眼レフを食わないように遠慮しているような気がしていたのだけど、今度の性能は十分に一眼レフに食い込める性能だ。それに当然ミラーレスなので、コンパクト。こうこなくちゃ。

Dsc07831
取りながら、モードを変える、シャッタースピード変える、露出補正をする……というようなシチュエーションで操作系が変わるとやりにくいんだけどれども、キヤノンで機材を統一すれば、一眼レフを使う、ミラーレスを使う、コンデジを使う……というように持ち替えても戸惑うこともなく扱うことができる。

ちょっと触らせてもらいましたけど、EVFもキレイだし、AFも早いし、AF追従でも秒間7コマ切れるし、これはかなり使えそう。EOS Mの時に『AFが遅い』と書いて広報の方からひと言あったものだけど、やっとワクワクする性能のミラーレスがキヤノンから出てきたのは本当に嬉しい。

Dsc07833_2
さらに同時発売で18-150mm F3.5-6.3という非常に取材に便利そうなレンズも出る。いわゆるこれ一台で、どこでもOKって感じのレンズだ。

発売は11月下旬とちょっと先だが、またお借りしてレビューしたいと思っている。

ちなみに、キヤノンのオンラインショップで現在ボディ単体で11万2500円(3000円キャッシュバック)。15-45付きで12万7500円(7000円キャッシュバック)。


コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー