デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

«  フリック!9月号Vol.59今夜配信! ポケモンGO特集! Kindle Unlimitedなら無料で読める! | メイン | Adobe XDとDreamweaverの説明聞いてきました。XDは多くの人に福音かも »

2016年8月10日 (水)

Adobe Photoshop Sketchがレイヤーに対応! その2

浮き世のお仕事が多すぎて、フリック!のブログに書かなきゃいけないネタが溜まってる村上タクタです。

フリック! 本日発売されているので、そちらもよろしくお願いしますね。



というわけで、すっかり遅くなってしまいましたが、Adobe Photoshop Sketchがレイヤーに対応した話の第2弾です(第1弾はこちら)。

最初の例だけだと、なんでレイヤーをそんなにありがたがるのか分からないと思いますので、もうちょっと普通な例を。

Img_4282
ちゃんと、デッサン取る能力がないので、この人にモデルになってもらいます。すいません。これが一番下のレイヤー。

ちょちょいと輪郭をなぞります。

Img_4283
で、肌や服、髪の毛などごとにレイヤーを分けて色をつけていきます。

Img_4287
レイヤーが分かれていると、はみ出た部分を消したりするのも簡単です。

Img_4288

髪の毛も別レイヤーで……。

Img_4292
昨年、iPadのムックを作った時に、表紙用に描いた花の絵を背景用に持ってきます。

Img_4294
レイヤーはこんな感じで積み重なっていきます。

Dsc06987
Adobe Photoshop Sketchの場合、レイヤーの枚数に制限はありません。

それぞれ、レイヤーの不透明度を変えたり、移動させたりすることもできます。

ちゅう感じで、だいたい出来上がり。

Img_4297

風景画などを描いても、近景、中景、遠景とレイヤーをわけると、ずいぶんと描きやすいと思います。iPad ProとApple Pencilをお持ちの方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

Dsc06991







コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー