デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 165ブランドが出展! 7/16(土)・17日(日)ポタフェス開催(@秋葉原) | メイン | 1万人以上が集まったお台場Ingressイベント! #Ingress #AegisNova »

2016年7月16日 (土)

Ingress世界最大級のイベントお台場で開催中 #Ingress #AegisNova

イングレスでは通常のゲームとは別に、アノマリー(異常状態)としていくつかの都市を中心に世界を渡るイベントが開催され、その中でも最大級のイベントとしてAegisNovaが、今日、東京で開催されている。

Img_8722
おおよそ、3カ月ごとぐらいにアノマリーは開催されているが、東京がメイン会場となるのは、2014年12月のDarsana Tokyo以来、おおよそ1年半ぶり。Darsana Tokyoは、渋谷六本木あたりを会場として開催されたが、あの頃の数倍の参加者規模となる今回は、お台場をメイン会場としつつ、東京全域を舞台に開催される。

Dsc06484
今回の会場は

クラスター1(15〜16:00)新宿、秋葉原、浅草
クラスター2(16〜17:00)渋谷、丸の内、錦糸町
クラスター3(17〜18:00)恵比寿近辺、赤坂近辺、木場近辺
クラスター4(18〜19:00)お台場近辺

となってり、ほぼ全東京のいろんな場所で戦いが繰り広げます。ちらりと、Nianticの村井さんに聞いたところでは、もはや人数が多すぎて、東京全域のいろんなところに分散してもらわないと、人が集まりすぎるということのようです。

おそらく、Enlightened、Resistanceの各ファクションで作戦が組まれて、新宿→渋谷→五反田近辺、秋葉原→丸の内→赤坂近辺、浅草→錦糸町→木場近辺、と流れてきて、お台場近くでグランドフィナーレ的な戦いになって、最後メイン会場に雪崩こむ感じになるのではないでしょうか?

一般のみなさんは、14:00以降ぐらいから、東京各地で、スマホもって熱戦を繰り広げる人たちが見られると思いますが、悪い人たちじゃないので、見過ごして下さい(笑)

Img_8736
お台場の会場はすっごい人ですが、さすがに会場が広いのと、一番熱心な人たちは昨日のうちに申し込みを済ませて、各クラスター戦の会場に散っているようで、現場にはそれほど混乱は見られませんでした。

両陣営とも、いつもよりも現場での、クラスター戦への参加募集を熱心にされていて、『イングレスのイベントに行ったけど、よく分からなかった』という人は減るんじゃないかと思いました。

Dsc06552
この募兵活動はEnlightened陣営の方が組織的に運営されていたような気がしますし、こういう活動が今日の戦いを左右するのかもしれません。

Dsc06537
メインステージではいろいろなイベントが行われていました。須賀健人さんも元気いっぱい!

Dsc06522_2
こちらはIngressをするとともに献血をしようというRed Factionという活動。なんと、サンフランシスコの川島さんからメッセージが!(と思ったけど、よく考えたら川島さんは会場にいらっしゃいました)

Dsc06533
なんと、Ingess内のキャラクターである『司アキラ』も登壇。参加者にメッセージを送った(そういえば、なんかエージェントが選ばれるというようなことをおっしゃっていました)。

Dsc06544
Willer TravelのIngress バスこと『NL-PRIME』。すごいカッコいい!

Img_8740

Dsc06516
Ingressの世界ではすでに激しい戦いが始まっています。続きのレポートはまた、夜にでも。アフターパーティではPokémon Goに関しての発表などもあるかもしれませんしね!

Img_8760
広域の地図はこんな感じですね。

Ingress_intel_map
さらに広域。

Ingress_intel_map_2

Enlightenedに広域CFを作られないように、ハリネズミのようにResistanceが海外とのリンクを貼ってますね。


(村上タクタ)




コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー