デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« cheero PP3兄弟に新製品10,050mAh【初回限定1880円】 | メイン | iOS 10とmac OS Sierraのパブリックベータの提供が始まりました【プレビュー】 »

2016年7月 8日 (金)

5秒に1回写真を撮りながら8時間山歩きした動画【TG-Tracker】

OlympusのTG-Trackerが、とても面白い。

01
簡単にいうとすべてのログを撮ってくれるカメラ。いわゆるアクションカム的なカメラなのだが、動画やタイムラプスを撮りながら、GPSの位置や、高度を記録してくれる。

そして、それをiOSやAndroidのアプリで閲覧できる。こんな感じで。




写真の方から、位置や高度を特定できるし、逆に地図の方から、写真を表示できる。

Img_8615

この日は、妻と息子と3人で、丹沢のヤビツ峠から入って、二ノ塔、三ノ塔、行者ケ岳、塔の岳と尾根筋を縦走してバカ尾根を渋沢の方へ向けて降りた。

距離にして約15km。別のアプリによると3万6000歩ほど歩いていた。

Img_8617_2
高度の推移はヤビツ峠が700mぐらいで、塔の岳が最高で1500m弱。どこが高くてどこが低かったのかもすぐに分かるし、すべての写真がどこで撮影されたか分かる。

そして! これが5秒に1回、8時間撮り続けたタイムラプス!

8時間歩いた時に見たすべての光景が残ってるというのも不思議な感じ。

これ、Youtubeに上げる時に圧縮がかかっているが元画像は、すべて1920×1080の高精細な画像なので、その本番画像を大画面でみると、なんというか1日見たすべての光景がそこに残っているというスゴいものなのだ。

上り坂を延々と上って、休憩して、尾根筋を歩いて、崖を下りて、また尾根筋を歩いて、頂上が見えて、また尾根筋を歩いて……という1日の出来事がすべて画像に残っている。しかも、GPS情報も高度も、1カットごとに記録されているのだ。これはログ好きにはたまらんw




ログごとのこういう記録も残るので、いろんなスポーツしている人は参考になるのではないだろうか?

ログをとっていた時間は8時間17分で、その間の移動距離は14.4km。高度差は1190mなのだそうだ。

最高移動速度は5.8km/h、平均移動速度は1.7km/h、最高昇降速度は24.8m/min、平均昇降速度は6.5m/minなのだそうだ。

Img_8619
本当にいろんなログが残るのって面白い。

ちなみに、GoPro用のホルダーを使って、こんな感じで装着していた。

P5220107
アップにすると、こんな感じ。

P5220105
すっごく面白いのだが、少しだけ難渋した部分がある。

できるだけ、高画素な方がいいかと思って、最高画質で撮ってしまったのだ。おかげで、5秒ごと8時間分の画像は2GB。これをスマホ側に読み出すスペースがなく、なかなか書き出せなくて、ブログを書くのが遅くなってしまったのだ。

P5220143(丹沢の低い山でもこれだけ面白いのだから、もっと高山を登ったり、ダイビングしたりする人はもっと面白いに違いない)


スマホは十分に空き容量のあるものを使いたい(笑)また、長時間のタイムラプスなどを撮る時は、画像サイズは落としておいた方がいい。どっちにしろ2GBの動画なんて、保存が大変なばかりだ。

というわけで、アクティブスポーツを楽しむ人は、Olympusの  TG-Trackerは持ってると絶対面白い記録が残せそうだ。そんなにガチなスポーツをしていなくても、日々のタイムラプスを撮るだけでもとても面白いと思う。

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー