デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 8km歩いてLv.10までやってみた【ポケモンGO】その2——ジム戦編 | メイン | 3年半の苦闘の末についに登場!! #‎かわるビジネスリュック‬ »

2016年7月23日 (土)

1日プレイしたIngressプレイヤーの感想【ポケモンGO】

ルアーモジュールを目指せ!


まだ、どうやったら効率的なのかはよく分かりません。

Ingress同様歩けばいいと思っていたのですが、ルアーのかかったポケストップを短いスパンでグルグル回った方が、モンスターは効率的に集まるような気がします。

Img_9090
駅前の公園とかで、誰かが課金してルアーを使っているところに便乗するのが理想です。プレイヤーとして歩いていて、花びら(?)が舞い散っていると、ついそこに行って便乗してしまいます。

それとも、子供たちが集まって、少ないお小遣いの中から順番にルアーを提供してみんなでそこに集まるのでしょうか? 40人のクラス全員で、120円(100ポケコイン)のルアーを持ち寄れば4つのポータルを5時間ルアー状態にできるワケですから、相当効率的ですが……それでいいのか(笑)

スネ夫みたいなお金持ちの子が、「ボクのルアーだ使いたまえよ!」といって提供するのでしょうか?

願わくは、いじめられっ子がルアーを提供するようなことになりませんように。

それより、ルアーはオジサンが提供してあげて、子供たちがそこに集まる……っていう感じの方がいいんでしょうけど。

ジムに人が集まるのかと思ってましたけど、今のところジム戦で人が集まるってことはないようですね。粛々と戦い、粛々と去るという感じ。

Img_9113_2

問題はどのあたりで収まるのか?


「歩きスマホで危ないんじゃないか」「寺社でゲームをするのはどうなんだ?」「地方にポケストップがないのはなぜ?」「子供がポケモンばかりするのはどうなんだ?」などなど、いろいろおなじみのネガティブな問題を盛り上げようという人が相変わらず目に付きますが、それはどのへんで収まるでしょうねぇ。

Ingressの時に通過してきた問題ですが、やはり今回はだいぶ規模が大きいから問題も大きくなりますよねぇ。

もともと、ポータルはIngressの時にユーザーが申請して、それをNiantic(初期でいえばGoogle内の一組織)が、安全性などを確認して承認した場所だし、基本的には安全が確認されている場所……というのは理解して欲しいとこころですねぇ。もちろん、繁華街などにもポータルはあるし、少数の大人が遊ぶIngressと、子供も遊ぶポケモンでは、だいぶ様子が違うところではありますが。

基本的には歩くゲームというところで、だいたい10km/h以上ぐらいの電車やクルマなど高速移動中には動作しないようになっていますし、重課金にならないようにとか、細部いろいろと問題が起こらないように配慮した設計になっていることには、Nianticの細かい配慮を感じます。

ゲーム設計上、他のプレイヤーとのコンタクト、闘争も、Ingressよりは激しくならないようになっている気がします。

そういえば、初期にポケモンの交換、トレードなども機能として装備されるという話もありましたが、RMT(リアル・マネー・トレード)になったり、子供がいじめっ子にレアなモンスターを取り上げられたりしないか……というようなことに配慮した実装を検討しているんだろうなぁと思います。現在その機能がないもの、多くの人が現在の機能に慣れてから、いろいろ配慮したカタチで登場するんだろうな、と思います。

何を目標にしてプレイする?


今のところ、何が一番の目標なのかよく分からないんですよねw レベル上げを目指すのか、ポケモン集めなのか? ジムをキープすることなのか。

Ingressもいろんな楽しみ方があって、ユル〜く、ハックだけしててもいいし、近くのポータルを守ってもいいし、地域の仲間と戦ってもいいし、レベル上げしてもいいし、アノマリーで大規模戦闘してもいいし、世界をまたにかけた大CFを作ったっていい。

Ingressの場合、普段のプレイだと共同戦線が張りにくいし、完全に一緒に行動って難しいんだけど(「ボク、こっちのキー取ってくるから、あなたあっちにリンク張って」ってなる)、ポケモンGOは完全に一緒に歩きながらプレイできそうな気がします。

ジム戦は完全に共同戦線が張れるから、仲間と強いポケモンを集めて、近所のジムを守るというのはできそうだなぁ。ああ、それは楽しそう。「太郎くんのウインディも呼んできて、○○小のやつらから、このジムを守ろう!」とか面白そうです(笑)

課金するか? しないか?


課金はした方が効率的だけど、時間のある子供はせっせと歩けば、カバーできる範囲。要領良く大人のルアーモジュールに乗っかってね(笑)

孵化だけは、孵化器をたくさん買ったほうが効率的なんだけど、そもそも孵化してモンスターを手に入れるって、時間かかるから、普通にゲットした方が早いよね? それとも卵状態からしか手に入らないポケモンがいるんでしょうかね?

Img_9139_2
最初に持ってる無限孵化器と違って、購入した孵化器は3回で壊れるから(もっといいのも後に手に入るのかしら?)、歩く距離が短い卵を無限孵化器に入れた方がいいい。今、無限孵化器を10kmの卵につかってしまっていてもったいない。

ジムに設置されるポケモンのCPはこのままエスカレートしていくのでしょうか? 初心者の人が入った時に、途方もなく強いポケモンしかいない状態になるとマズイからそういうことはないんでしょうけど、成長していく楽しさをどのぐらい提供して、入ってくる人をどのぐらい優しく受け入れられるかがミソだから、これからどうなるか楽しみ。

Dsc06996

2年以上にわたって、Ingressをプレイしてきたエージェントとしては、まだまだ「Ingressの方が面白いゾ!」って思うけど、ポケモンGOはまだ、1日の初心者だし、これから知ることもいっぱいあるんでしょうね。楽しみ。

Ingressがなくなるワケでもないし、やり続ければいいし、もしかしたらポケモンGOのプレイヤーからエージェントになる人も出てくるかもしれない。

どう展開するのか、楽しみにしたい。位置情報ゲームはまだ始まったばかりなのだし。

(村上タクタ)



コメント

あ、こんな所でタクタさんゲット!

アクアの方でお世話になってますー!!

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー