デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 3年半の苦闘の末についに登場!! #‎かわるビジネスリュック‬ | メイン | ピカチュウが新宿御苑にいなくなったみたい »

2016年7月28日 (木)

アップル『10億台のiPhoneを販売』とティム・クックが発表

日本時間今朝早く、ティム・クックがアップルの社内ミーティングで、iPhoneの10億台達成を発表したとのことです。

00001
http://www.apple.com/newsroom/2016/07/apple-celebrates-one-billion-iphones.html

ティム・クックは
「iPhoneは歴史上、最も重要で、世界を変えつつある、大成功した製品です。いつもそばにいる仲間な存在になっています。iPhoneは日々のさまざまなことを可能にしてくれるので、日常生活になくてはならないものです。

 先週、10億台目のiPhone販売という、新たなマイルストーンを達成しました。

 私たちは数多く売れることよりも、他にはない、最良な製品を創ることを目標としています。一緒になって世界を変えてくれている、すべての社員に感謝します。」
と、語ったそうです。


2007年1月7日の衝撃的なスティーブ・ジョブズの基調講演で発表され、真夜中にストリーミング動画を見ながら、鳥肌が立つほど感動したことを思い出します。

そして、同6月29日に初代iPhoneがUSで発売。

我々が日本で手にしたのは翌2008年7月11日。表参道に徹夜で並んで、手に入れたのも昨日のことのように思い出します。当時は『こんな大きな携帯電話なんて売れない』とか『物理ボタンがないと使いにくい』とか言われたものですが(言ってた人はどこに行っちゃっただろう……?)。

初代、発売から9年ちょっとで、10億台ですか……。間違いなく史上最もたくさん販売された携帯電話。10億台のiPhoneを通じて、人々は繋がり合い、ケンカしたり、愛を確認したりしたのですねぇ……。

ジョブズが発表した時、表参道に並んで手にした時、『これで世界が変わる』『これがある時代から、なかった時代には絶対にもう戻れない』という感覚がしたものですが、10億台が売れて、僕らはその未来にいるわけです。iPhoneを模して生まれたAndroidも合わせて、この9年の間に世界はこの『モバイル・インターネット・コミュニケーター』の存在によって大きく変わったのです。

スマホがない世界を思い出せますか?

アップルさん、10億台おめでとう!!

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー