デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 全録デバイス、ガラポンTV 伍号機発売! | メイン | 15万円のiPhoneケースで知られるSQUAIRから、Apple Watchが超カッコ良くなるケース登場、気になる値段は? »

2016年5月23日 (月)

オリンパスTG-4のログ機能と向き合ってみた #TG4 #Olympus

カメラは、可能であれば一眼レフ1台、ミラーレス1台、ポケットに忍ばせるようの高級コンデジ1台、360°カメラ1台(多分Theta)、そして防水コンデジ1台を持っておきたい(なかなか予算の都合上、思い通りにはいかないが)。

そして、私の場合、この防水デジカメは、μ725SW以来、歴代ずっとオリンパス製品を使っている。特にTG-1 Tough以来のシリーズは素晴らしい。というわけで、今はTG-4を使っている。

Dsc04724_2
このシリーズ、何が素晴らしいって、明るいのですよ。水中でも。水中って空気中よりずっと暗いから、明るいレンズでないと、あっという間に暗くなって、シャッタースピードが遅くなってしまうのです(実は故にμ725SWは水中では使えなかった)。

TGシリーズはストロボが使えない情況でもそういう心配がない。

P4020056
↑これはTG-2で撮ったモノですが、沖縄で体験ダイビングをした時の写真。15mまでOKなので、体験ダイビングレベルだとまず問題はありません。

そして、濡れても大丈夫ということは海水浴など、潜らないまでも海辺のシーンでは気を遣わずに使えるということで、とっても便利です。普通のカメラだと、そういう場所で気を遣うし、壊しがちですが、そういうシーンこそ、写真に残しておきたいものですしね。

P8140122
↑これもTG-2の時。

海辺はもちろん、釣り、バイクツーリング、キャンプ、山登り、子供のいるご家庭……など、突然の水濡れや衝撃、の可能性がある場合にも安心です。私はそういうシーンでは、iPhoneも防水ケースに入れますし、モバイルバッテリーも防水タイプを使います。

Dsc05669
あと、特殊事情ですが、家の水槽の撮影にも良いですw

前おきが長くなりましたが、そんなTG-4のGPSログ機能を使ってみました。これが、想定していたより面白い(笑)

Img_7618
昨日、TG-4を持って、丹沢のヤビツ峠から塔の岳を縦走してきたのですが、歩いた場所のログが残って、ちゃんとそのどこで写真を撮ったかを写真に撮ってくれているのが、想像以上に便利で面白いんです。

Img_7619
これは、移動しながら、ばしゃばしゃ写真を撮っていく、山歩きや、ツーリング、ドライブなんかだと、とっても面白いですね。海外旅行だと、もっと面白いかもしれない。

これまで、この機能の面白さに気付いてなかったんですが、これからは積極的に使っていきたいと思います。

Img_7616

(スタート、ゴールのタイミングで、ログのオンオフをするのを忘れがちなのですが(今回も忘れた&間違えた)、このログって、あとで編集できないのかしらん?

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー