デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« こんどこそ真打ち『VAIO Phone』、Windows 10 Mobileで登場! | メイン | キター! 攻殻機動隊の『タチコマ』、Cerevoから来冬発売予定! »

2016年2月 9日 (火)

フリック!3月号Vol.53は今夜0時発売!!【デジタル終活】

フリック!3月号Vol.53は今夜0時発売!! 巻頭特集は【デジタル終活】について!

誰しも、一度は死ぬ。


その日は、突然やって来るかもしれない。

『死んだらパソコンの中のエッチな画像のフォルダだけは開けずに消去して欲しい(笑)』という笑い話は、昔からネットにあるが、デジタルデバイスやネットが生活に入り込んだ現代では、もっと困ることが起こるのではないだろうか?

_3_pages
たとえばお父さんのパソコンの中にしかない『家族写真が取り出せない』とか、クラウドサービスの中のデータが取り出せないとか。死してなお大切に残し、伝えていきたいデータだってあるはずだ。

携帯の通信料、プロバイダ料金、サーバ利用料や、さまざまなサブスクリプションサービスの引き落としが、死後も延々と続くということはないだろうか? 自分でキャンセルするのだって面倒なのだから、家族ができるとは限らない。クレジットカードから引き落とされる料金の中には、何の料金か分からないものさえあるハズだ。株やFXの運用をネットで行っていたら、死んだら止めないと大損してしまうこともあり得る。

SNSはどうだろう? ネットの仲間たちに、誰かあなたの死を伝えてくれるのだろうか? 家族が代わりにログインして、死を伝えるのは『アリ』なのだろうか? 知人だとして、その人の死をネットに公表していいかという判断はどうすればいいのだろうか?

死ぬと、ブログのコメント欄に何十何百ものコメントが殺到する。悼む意味でも残しておきたいものだが、運営費用がかかる場合、どこまで残しておくべきなのか?

3月号は、特集でこの『デジタル終活』を特集。その他、GEMBA Note使いこなし術、弓月ひろみのCES2016レポート、オリンパスPEN-Fレビュー、エプソンプリンターなど新製品記事も満載。

お求めはこちらから

コメント

コメントを投稿

2017年3月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー