デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

enchantMOONは地球圏離脱の夢を見るか? #enchantMOON

enchantMOON Crew Meeting 2016に行ってきました。

が、大半の話は『Confidential(機密)』の事項で、レポートできません。

もともとが今回は『Crew Meeting』ですから、『enchanatMOON』という同じ『船』に乗るもの同士の集まり。だから、その仲間だけで共有される話というのはあるワケです。もちろん、私もenchantMOONを持っていますから、そのウチのひとりです(エッヘン)。

Dsc00254

というわけで、何も語れないので、しょうがないので私がenchantMOONについてどう思っているかの話をしましょう。

世間一般ではenchantMOONは誹謗中傷をもって語られることも多いわけです。曰く、「使い物にならない」「使い方がわからない」「未完成」などなど。

でも、そのデバイスは約4000台も売れた。そこに夢を見た人はいっぱいいたということでしょう。そして、オーナーで文句を言ってる人にはあまり会った事はありません。

Dsc00246

会場を見ていても、多くの人は、昔々シャープのポケコンを買い、パソコン通信をし、パームを買い、ザウルスを買い、発売されたばかりで世間では「使い物にならない」と言われていた頃のiPhoneを買った人たちです。イバラの道を歩くのに慣れたつわものばかりです。

そんな人たちがenchantMOONに惹かれるのはそこに夢があるからでしょう。

今日のお話にもありましたが、PlayStationはプラットフォームでした。VAIOはWindowsの乗ったパソコンでした。何をしたって、それはWindowsを動かす箱です。その違いが、PlayStationを生き残らせ、VAIO分社化という未来に繋がったわけです。

enchantMOONはプラットフォームです。痩せても枯れてもハードウェアもソフトウェアも背負ったデバイスです。その点、他のOSを他社にゆだねたマシンとはワケが違うわけです。最終的にはWindows、Android、Mac OS X、iOSといったOSを押さえた企業でないと体験自体を作り出せる企業にはなれないわけです。

他のOSの上で動いてるアプリでは、結局のところ、永続的に体験を生み出すことができないということです。たとえば、手書きという点において、私はMetaMoJi Note、そしてその進化型であるGEMBA Noteの使い手であり、『手書きで何か作業をする』という点においては、iPadやAndroid、Windowsの上で動作するMetaMoJiのアプリの方がはるかに実用的です。が、しかし、どこまでいってもOSや、ハードウェアの制約を受けてしまうのもまた事実です。

enchantMOONの骨子は『No UI』『手書き』『プログラマブル』というところにあります。

理想として、『No UI』はよく分かります。iPhoneではアイコンのあるアプリしか起動できませんし、オフィススイーツの煩雑なメニューバーにいたっては頭痛がするほどです。MacもWindowsもメニューバーにあることしかできません。

対して、enchantMOONを起動すると画面は真っ暗です(笑)。指で円を書き、そこに手書きで命令を書くとenchantMOONは実行してくれます。カメラと書くとカメラが起動しますし、時計と書くと時間を見られます。ネットワークと書くとWi-Fi接続できます。 OSのアップデートでさえ、『UPDATE』と手書きすることで行われます。

12
理想的でもあるのですが、なんと命令したらいいか分からないと、何もできないという欠点もあります(汗)。

07

感圧式の手書きデバイスであり、書いたものを保存しておけます。さらに、書いたものを指で囲むと、検索したり、リンク化したり(ハイパーカードみたいにページ間をジャンプできる)できるようになります。さらにリンク化されたものをもう一度指で囲むとセーブしたり、ハックしたりできるようになります。

06
このハックというのがポイントで、ハックするとMOON Blockというビジュアルプログラミング言語が立ち上がります。ここで、ブロックを組み合わせるようなカタチでプログラミングすることができます。

09_2
この3つの特徴をして、enchantMOONは特別なデバイスになっているワケですが、いろんな意味で実用的ではなく、実際今日の会合、つまり超熱心なenchantMOONユーザーの集まりでもenchantMOONでメモを取っている人はいないワケです。また、前でプレゼンする人も、ほとんどがEl Capitanの壁紙のMacBook Airを使っていました(Windowsパソコンもありましたし、iPhoneでプレゼンという方もいましたが)。

だがしかし、enchantMOONにはなんだか夢があるワケです。『No UI』『手書き』『プログラマブル』を標榜することで、今もって夢があるんです。iOS、Android、Mac、Windowsにはもうなくなってしまった夢があるような気がするわけです。

夢という表現があいまい過ぎるなら『哲学的』とでもいいましょうか。実際に日々の業務で使えるかというと、ちょっとそれには難があるんだけど、でもそこには『enchantMOON』という哲学があって、そこから未来をのぞくことができるんです。

30年ほど前に、2行しか液晶表示がなくて英数字とカナしか表示できないシャーウのポケコンを買った時にも、Palmを買った時にも、あまり役に立たなかった最初のiPhoneを買った時にも、ほぼ実用的でなくても、そこにある『哲学』を僕らは買ったんだと思います。そして、それが今のコンピューティングやスマホ体験に繋がってるハズなのです。

enchantMOONの開発プロセスはアポロ計画になぞらえられていて、そのサターンV型ロケットの第1段階S-IC、第2段階はS-II。このS-IIが2014年3月に発表されているから、そこから約2年が経ったことになります。だいぶ間隔が開いてます。もしかしたらenchantMOONは終わったのかもしれないとも思っている人も多いと思います。

Dsc00280

しかし、清水亮社長は「次の段階に進む」とおっしゃっているし、今回イベントが開催されたことにも大きな意味があります。メッセージとして。第3段ロケットであるS-IVBシーケンスでは何が起こるのか? 我々『クルー』にはわずかながら情報が開示されたが、それはここには書きません。ソーシャルが進んだ現在でも、その場に行かないと分からないことがあってもいいと思います。

S-IVBシーケンスに突入し、第一宇宙速度を越え、地球の引力から放たれていく、UEI、清水亮さんの次なるステージを楽しみに待ちたいものです。

2016年1月29日 (金)

Ingress3周年、2億5800万kmの旅路、インフォグラフィックで公開

のんびりやっているもので、先日ようやくLv.12になったらEnlightenedエージェントのタクタです。

Ingressがベータ版発表以来、昨年の11月で3周年を迎え、そのことを記念し、インフォグラフィックが制作されました。

Ingress_year_three_infographic
みんなで、地球を6450周歩いた計算になりますね。

2016年1月28日 (木)

iPad Proは絵描きの道具になるか? 2

というわけで、今日はアップルの広報さんからご紹介いただいたイラストレーターの橋本孝久さんのアトリエにお邪魔して取材きました。

橋本さんは、インドの民族細密画として伝わるミティラー画の手法を現代的にアレンジした作風が独得なイラストレーター。いわゆる美大卒でなく経営学部を卒業、デザイン事務所、外資系広告代理店を経てイラストレーター、アートディレクターとして独立されているという独得な経歴の持ち主。

NYのScciety of Illustratorsの金賞、Art Directors Clubの金賞など輝かしい経歴が、橋本さんがいかに世界のイラストレーターの中で評価されているかを物語ってます。

お話をうかがったところによると、ミティラー画というのは、インドの特定の地域で、古来からヒンドゥー教のモチーフを描く手法として用いられ、細かいディテールと、平面的な描画が特徴とのこと。

ミティラー画が描かれるのは、インドの東北の方。ブッダが悟りを開いたと言われるブッダガヤからまっすぐ北上した位置で、ネパールと国境を接するような場所にあるマドゥパニという村らしい。

で、そのミティラー画の手法を活かしたイラストレーションを、橋本さんは従来、線は手書きで描き、Macで色を塗るという手法をとってらしたのだそうだが、最近はiPad Proを使ってらっしゃるという。まずは、動画をご覧いただきたい。



こんな大きな絵をiPad Pro一台で描くことができるのだ。

詳細は、2月20日発売の『iPad超活用術』でレポートしますので、お楽しみ。


(ぜひっ、ご予約を!)

iPad Proは絵描きの道具になるか?

2月20日に『iPad超活用術』という本を計画しています。



(作っている途中なので、当然書影もありません。すいません。が、予約はできます。よろしくお願いしますm(_ _)m)

iPadの活用方法満載の本にすべく、現在絶賛取材中です。

で、iPadといえば、今年はiPad Proが発売されました。そうなると、iPad Proの活用法も取材したいものです。で、iPad Proといえば、Apple Pencilと組み合わせて、絵描きの道具になるかっていうのもひとつの注目点です。

というわけで、本日、iPad Proでイラストを描いてらっしゃるMako Okestudioさんのところに取材に行ってきました。

Img_4970
Makoさんは、フリック!の別冊関連でもいろいろイラストを描いていただいているイラストレーターさんなのですが、もともと様々な紙の画材、Macとペンタブレット……でイラストを描いてらっしゃったのですが、最近iPadに移行。そして、この冬からiPad Pro& Apple Pencilを活用されるようになっています。

制作には、Procreateを使ってらっしゃいます。もっとも、iPad Proだけでプロクオリティの作品を作ろうとすると、保持できる画面のピクセル数的にも、レイヤーの数的にもProcreateしか方法がないのだそうですが。

Makoさんの制作現場で、いろいろとお話しをうかがってから、今日はデッサン会に行かれるというので、そちらもお邪魔することにしました。

Dr.Sketchy's Anti-Art School.Tokyoという楽しく絵を描こうというデッサン会です。モデルさんがいて、ポーズを取ってくれて、お酒もあって、ショータイムもあって……という楽しいデッサン界です(快く撮影にご協力下さってありがとうございます)。2分、2分、2分、2分、5分、5分、10分……と短い時間のクロッキーでウォーミングアップしながら、最後には20分ポーズを取って下さいます。

Dsc00129
もちろん、他の参加者の方は、紙に木炭や、鉛筆、絵の具なので描いてらっしゃるのですが、Makoさんは、iPad Proでの参加です。

Dsc00138
素敵な絵が次々と仕上がっていくシーンを見るのは、非常に刺激的な体験でした。

2月20日発売の『iPad超活用術』では、もちろん、プロカメラマンの撮った写真で、Makoさんの制作現場をレポートします。お楽しみに!


2016年1月26日 (火)

iPhone×音声に便利なiRig Mic Lav【2名にプレゼント】

2月号でご紹介しましたが、iPhoneに取り付けるマイク、iRig Mic Lav便利です。

通話だと、普通のiPhoneの本体のマイクやヘッドフォンのマイクでいいのですが、ポッドキャストとか、ビデオ撮影とか、ちょっと多くの人に見てもらう場合、もうちょっと音質のいいマイクが欲しいもの。そんなシーンにピッタリです。

極端な話、画面って途切れ途切れでもなんとか見られるんですけど、音声が途切れ途切れって視聴するに堪えないんですよね。プロの動画カメラマンとかにとってもらうと、絶対に別に音声の録音を管理する人がいる、音がちゃんと撮れてないと映像も使えないから。

というわけで、複数をカスケードしたり、モニターしたりしながら使える高性能マイクお勧め。



というわけで、IK Multimediaさんに読者さん用に2本いただいたので、1本づつ2名の方にプレゼントします。本投稿のFacebookの投稿( https://www.facebook.com/flickmag/posts/1073194532745024 )に、『iRig Mic Lavを何に使いたいか?』をコメントし、その件をエイ出版社『フリック!』のFacebookアカウントにメッセージを下さい。

以下、要項です。

【商品】
iRig Mic Lav各1本を2名さまに。

【応募締め切り】
2016年2月10日0時まで


【対象者】
本投稿のFacebookの投稿( https://www.facebook.com/flickmag/posts/1073194532745024 )に、『iRig Mic Lavを何に使いたいか?』をコメントし、エイ出版社『フリック!』にその件をメッセージしたユーザー(内容はなんでもけっこうです。当選した場合に返信として連絡するためです。返信は当選した場合にのみしかいたしません)。当選発表時にアカウントがあって連絡が取れることが条件となります。

【当選発表】
エイ出版社『フリック!』のFacebookアカウントより、当選者さまからいただいたメッセージに返信します。当選発表はそのメッセージをもってかえさせていただきます。当選メッセージは締め切り後5日以内にお送りします。メッセージに48時間経っても返信いただけない場合、無効とし、再度抽選させていただきますので、ご注意下さい。

2016年1月25日 (月)

【Cerevo】赤ちゃんの声を解析、スマホで表現するデバイス【Listnr】

『ひとつの国で100個しか売れなくても、絶対に必要なモノを作れば、100カ国で売れて、結果1万個生産できる』という『グローバルニッチ』を標榜するCerevoから『Listnr(リスナー)』というデバイスが発表された。

Img_4926
登壇し、発表したのはCerevo代表の岩佐琢磨さん。

Listnrは周囲の環境音を収集し、クラウドサーバに送る。そのクラウドサーバーで赤ちゃんの声を分類し、解析し「泣く」「笑う」「ぐずり」「喃語(乳幼児が発する言葉にならない声)」という4種類の感情に分類し、スマホアプリ上に表示する。

Dsc00058
感情の解析にはPanasonicの『xauris(ゾウリス)』を利用。送られたデータそのものは解析にし使用されず、上記のような用途にのみ使われるから心配は不要とのこと。Panasonicとの協力関係については、「今年は、このようなフットワークのいいスタートアップと技術力のある大企業が協力し合うケースが増えるのではないかと思う」とのこと。

Dsc00088
対応OSはAndroid 4.4以降。iOS版は追って提供を予定。発売は1月22日。価格は1万6800円。

開発者向けにAPIは公開され、xauris以外の音解析エンジン、サーバーなどが用意できるなら、設定することが可能。

Dsc00083

自宅の赤ん坊の様子が判るのは、興味深いし、赤ちゃんがいる(もしくは生まれる)家庭へのプレゼントなどにもユニークだ。少なくとも他の人のプレゼントとカブる可能性はないだろう。

昔、赤ん坊がいた身としては(もう、この春で高校生と中学生だから、はるか昔の記憶だが)、この機器がお母さんのストレスにならないかがちょっと心配。一日中、子供を泣かさないように神経をすり減らしているのに、その1日に『Crying』なんてアイコンがついて、その現場にいなかった夫に「今日泣いてたみたいだけど、大丈夫?」なんて言われた日には、やりきれない。もちろん、使い方次第、使い手の配慮次第ではあるけれど。

APIは公開されるとのことなので、クラウドに音響データを送って解析する機能から、いろんな使い道が考えられる。むしろ赤ちゃんの感情解析はひとつの利用例なのかもしれない。たとえば、工事現場の近くの家に配って、環境音を計測し、大きくなり過ぎたら工事現場にアラートを出すとか。たとえば、お店に置いて、顧客満足度をその声から解析するとか、何かいろんな用途があるような気がする。要点は「音を見えるかする」というところにある。どんな使い道があるのか、試されているのは我々側かもしれない。

(村上タクタ)

2016年1月20日 (水)

AdobeさんにiPad用アプリの取材に行ってきました【flick Voice 01】

もうね、レポートの文字打つの面倒な時は、これでいいと思うんだ。



(↑小さめに表示していますが、拡大表示も可能です)


だって、写真を選んで、話すだけでいいんですよ。超簡単。

これ流行ってもいいな。
日本語対応してないのがアレですが、だからこそ、先取り感ある。

しばらく、いろんなレポートをこれでやってみようかな?

ダウンロードはこちらから
Adobe Voice

2016年1月14日 (木)

6つのリアクションが選べる! Facebookでいろんな「いいね!」を表現

その日は突然、やってきた!

発表されていたFacebookの「いいね!」のリアクションが増え、選べるようになっています。

A

いいね!……これまで通りサムアップ
超いいね!……ハートマーク
うけるね……笑顔
すごいね……驚いた顔
悲しいね……涙
ひどいね……怒っている顔

PCのwebブラウザでは「いいね!」にカーソルを合わせて少し待つ、スマホ版アプリは「いいね!」を長押しするとウインドが表示され選べるようになります。

※スマホでできない場合は、アプリの再起動をして試してください

※先の記事だとPCのwebブラウザ、スマホ版の操作が混在していたのでテキストを修正しました。

投稿に対するリアクション数は、少ない時はマークの個数で表現。

多くなると、右に出る「他○人」をクリックするとアクションした人とその人が選んだマークが表示されます。また、投稿のコメントに対する「いいね!」はこれまで通りサムアップの「いいね!」のみのようです。

B

これまで悲しい投稿にも対しても「いいね!」を押さざるを得ない状況がこれで解消。うれしいことに対して、そのうれしさを表現できるようになりました!

2016年1月12日 (火)

『インクで儲ける』ビジネスモデルからの脱却!?【エプソン・エコタンク搭載プリンター発売】

『新カテゴリープリンター発表』というタイトルの招待状をいただいて、エプソンの新製品発表会に行ってきました。

正直、プリンター界は9月の頭に年賀状商戦向けの発表会があって、そこがエプソンvsキヤノンの戦いの天王山という時代が続いていたので、年賀状シーズンが過ぎてちょっと油断していたのですが、非常に興味深い新製品が発表されました。

それが、エコタンク搭載のEW-M660FT、PX-M160T、PX-S160T

Dsc09949
ご存知のように、エプソンvsキヤノンのがっぷり四つの年賀状プリンター(とも呼ばれる家庭用普及型インクジェットプリンター)対決は20年ほど続いています。ちょっとでも手をゆるめるとシェアを奪い去られるという状態で20年戦い続けているのですからすごいし、ずっとほぼバランスが取れた状態で続いているというのも興味深いです。

しかし、その結果、本体価格の値下げ競争も極限に達しており、プリンターは安くで買えるのに、インクは高いという謎の状態が生まれています。購入時に本体価格は下げねばなりませんから、当然の帰結とはいえ、かならずしも健全な状態とはいえません。

結果として『プリンターはインクで儲けるビジネスモデル』と言われるようになっています。これはプリンターメーカーとしては決して望んでのことではないと思います。

しかし、それでビジネスモデルが成立しているのですから、インクで回収しているコストを本体に振り替えるというのも簡単にはできない……はずです。たとえば、エプソンで一番売れているEP-808が3万0980円(+税)、インク6色パックが3710円(+税)ですが、このインクを(たとえば)2000円にするために、本体が4万円になってはおそらく売れなくなるでしょう。

しかし、EP-808を3万0980円(+税)で売って、インクは社外品の互換インクを使われるとさらに儲かりません。しかも、やはり純正でなければ正しい色は出ませんし、ヘッドの詰まりなどの問題も発生するかもしれません。それも『プリンターのトラブル』としてメーカーに跳ね返って来るわけですから、割に合わないことはなはだしいワケです。

また、そりゃ20年前なら画質は高い方が良かったでしょうけれど、ここ10年でいえば写真クオリティも我々一般ユーザーに関係ないレベルまで高まっており、写真を趣味として細かくこだわらない限り、正直どのモデルでも十分に満足できるものだと思います(ましてや社外品インクでいい人ならば)。クオリティのためならいくらでもお金を出すという時代から、コストパフォーマンスを求める時代へと我々の方も変化していますからね。

Dsc09890

ちなみに、実はエコタンク搭載プリンターは2010年にインドネシアを皮切りに発売されたとのこと。かの地の人たちにとっては従来のインクカートリッジは高価過ぎて、インクを注入できるように改造されるケースが多かったとのこと。そこから、新興国各国、西欧、北米と来て、やっと日本とのこと。やはり日本はクオリティに対するこだわりがある国として、わりと遅めの導入になった模様。


ともあれ、日本でも最初にエプソンがカードを切って『ゲーム・チェンジャー』になったっていうことが非常に興味深い。この戦いでここ数年エプソンは2012年に小型化2014年は簡易なA3モデル、と先にカードを切ることで戦いを優位に展開しているように思える。2012年の小型化がウケてシェアを拡大できたので、次の手を打つ原資ができたのでしょうか?

この『エコタンク』搭載モデル以外にも、高画質写真向き家庭用A3プリンターのEP-10VAもインク価格を値下げ、本体価格を値上げして大量の写真をプリントしやすくしたV-editionを新設するなど、『プリンターはインクで儲けるビジネスモデル』であることから離脱する方に大きく舵を切ったように思われます。

というわけで、前置きが大変長くなりましたが、今回の発表で中心になる機種がEW-M660FTというモデルです。

Dsc09955
最大のポイントは大容量タンクを持っていて、内蔵タンクのインクだけでカラー6500枚またはモノクロ6000枚をプリントできるというコストパフォーマンスの高さ。

Dsc09903
購入時に、インクは2セット同梱されており、追加コストなしでA4カラー文章1万1000枚をプリントできるという圧倒的コストパフォーマンスの高さを実現しています。

プリントして積み上げるとこんな感じ……。

Dsc09964
1日3食のレシピをA4でカラープリントして、365日、10年分で1万800枚。これが買った
ままのプリンターで印刷できるのですから、これが家庭にあったら、こころおきなくなんでもプリント、カラーコピーできそうです。

Dsc09961

ランニングコストはこんな感じ。

Dsc09905
A4カラー1枚が0.8円って、安いですよねぇ。これだったら、子供の学校のプリントとか、PTAの書類もあんまりコストをきにせずにじゃんじゃんプリントできる。

EW-M660FTのおおよその仕様はこんな感じ。

Dsc09908
価格と発売日はこちら。

Dsc09919
A4複合機タイプの、EW-M660FTが、5万円台中盤。モノクロ複合機のPX-M160Tが2万円台後半。モノクロプリンターのPX-S160Tが1万円台後半ということであります。

カラーのEW-M660FTが、5万円台中盤っていうのはちょっと値が張るけど、インクコストが安いことを考えるとアリなのかなぁ。あと、カラープリントは従来通りEP-808を使って、モノクロの大量印刷に関してだけPX-M160Tか、PX-S160Tを使うという手もアリですよねぇ。

使用状況としては、こんな感じを想定しているそうです。

Dsc09928
4色インクジェットなので、当然EP-808などよりはプリントクオリティは落ちるのですが、こんな感じ。まぁ、プリントを写真撮ったって分かんないっちゃ分かんないんですが、一応参考までに。

まず、写真用紙光沢に写真をプリントしたのがコレ。

Dsc09974
コピー用紙へのカラー印刷がこれ。

Dsc09975
うーん、十分な気がする。

タイミングからして、ここで試してみて、良いようだったら、いよいよ来年の秋に発売されるEP-809(?)などの年賀状プリンターから、インクを安くして、本体を若干値上げするような戦略に変化していくのかもしれません。いつまでも『インクで儲けるビジネスモデル』と言われるのが健全とは思えませんから、応援したい方向性です。

(村上タクタ)

 








flick!vol.52 お詫びと訂正

1/10配信の『flick!』52・2月号にて誤記がありました。


P10
【正】
iX500

【誤】
iX1500

P16
【正】
STREAMED

【誤】
Streamer

読者ならびに関係者の方々にご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、ここに訂正いたします。

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー