デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« ScanSnap Cloudを使ってみた……ScanSnapがパソコンの周辺機器から、クラウドIoTデバイス進化した | メイン | 【今夜22時予約開始】iPhoneケースで有名なトリニティのNuAnsからWindows 10 Phone搭載の『NEO』発表!!【本体 3万9800円+税】 »

2015年11月27日 (金)

【GEMBA Note】MetaMoJiの魔法のシステム手帳【ついに全力!】

001_gemba_note_logo_fix__06112015__
MetaMoJi
は常に本気の会社だけれど、あまりに開発意欲が旺盛なので、私を含め周りの人がいつも「分かりやすくするために機能を絞りましょう」と、押しとどめようとしている。

そんなMetaMoJiさんが『思い切りディープに使ってくれる人のために、全力で作りました!』と胸を張るのが、この27日13時に公開される『GEMBA Note』(ゲンバノート:文字通り、『現場のノート』を意味する)。リリースは2016年第一四半期だという。

Dsc08806
浮川社長から、説明を受けたけれど、あまりに多機能過ぎて、特にMetaMoJi Noteを使ったことのない人にはなんて説明していいのか悩むほど。

あえていえば、あらゆる仕事をするノートを作ろうとしているというか、タッチパネル端末の普通のOSの上に、もう一層『タッチパネルで使うノートのためのOS』を乗せようとしているというか。

間違いなく、ここまでOSの深い層まで突っ込んで多機能なアプリを作ろうとしているアプリ開発企業はないのではないだろうか?

……とか書いてても、何のアプリか分からないことと思う。

うーん。すっごく簡単に言うと、MeteMoJi Noteをベースに手帳としての機能を充実させたもの。

『魔法のシステム手帳』

たとえば、あなたが紙のスケジュール手帳を使っていたとして、その手帳に書いた予定をGoogleカレンダーと同期できる? 見開き1カ月で見たり、1週間で見たり、1日を1ページに展開したりできる? 出張予定のところにウェブの時刻表サイト自体を貼り付けておける? 手書きメモを取ってたとして書いたときの話者の声を再生できる? カタログを丸ごと1冊貼っておける? ノートのいろんなところにメモしたタスクを一覧できる?

GEMBA Noteは、そんな魔法みたいなことができるのだ。しかも、パソコンではない、タブレットならではの方法で簡単に。

Dsc08852
上の画面が、GEMBA Noteを使って、GEMBA Noteでできることを解説しているページだけれど、左上のように自動で日時が入って、表計算をそのまま貼ることができて(もちろん、中の数値を書き換えると再計算される)、手書き文字、テキストも書けて、Todoを貼れて、カレンダーも貼れる。ウェブページも貼れるし、写真も、PDFも貼れる。そして、それぞれが動作するのだ。

……何言ってるか分からないと思う。たぶん。もうちょっと具体的に説明してみよう。

Dsc08856
たとえば、カレンダー。

こんな風にMetaMoJi Noteみたいなページの上に、カレンダーを呼び出して貼れる。月間だろうが、週間だろうが、デイリーだろうが、今日から6週間だろうが、好きな予定をカレンダーを好きなだけ貼れる。

なんとこのカレンダー、iCloudやGoogleカレンダーのデータを引っ張って来れるし、ここで書き換えた予定は、iCloudやGoogleカレンダー側でも更新されるのだ。

さらに、このカレンダーの中に、写真を貼ったり、文字を書き込んだり、他のGEMBA Noteのページを貼ったりできるのだ。

Dsc08828

日程の中に入ってる小さなメモはただのアイコンではなく、クリックすれば展開されて、そこに書き込んだりできるのだ。

表計算だって、貼れる。その中で簡単な計算もできる。

Dsc08854

たとえば、これは経費精算のフォームをイメージされているのだが、左の表組みで経費精算できるのはもちろんだが、右の部分には電車賃計算用のウェブサイトが貼ってある。このウェブサイトを展開して内容を見たり、実際に電車賃を計算したりできるのだ。

資料に写真を貼るにしても、あらかじめ、レイアウトを考えたり、スペースを取っておく必要もない。どんなに小さいスペースにでも、いっぱい写真を(現状20枚ぐらいらしい)貼り付けたりできるのだ。

Dsc08834

たとえば、パソコンの購入を検討してようとして、カタログを集めたとする。1ページにカタログをいっぱい貼れる。

Dsc08843
ただ、これもタダのサムネルじゃない。クリックすると、pdfとして開くことができるのだ。

Dsc08841

もう、ただのアプリじゃない。だたの手帳アプリでもないことはお分かりいただけたと思う。使いようによってはGEMBA noteは何にでもなると思う。

実は、このアプリ、以前レポートした大林組さんと共同開発したeYACHOというアプリを下敷きにしているが、今回はB to Bではなく、コンシュマー……それも、かなりヘビーにアプリを使いこなすベテランコンシュマー向けに開発されているのだという。

Dsc08811
リリースはiOS版(iPhoneでもiPadでも動作して、もちろんMetaMoJi Cloudで同期する)が、来年第一四半期ということだが、私はレポート用の先行して使用させていただくことになっている。レポートをお楽しみに!

 



コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー