デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 今夜(9月10日)0時発売のフリック!10月号の特集は『スマホで上手に写真を撮る方法』 | メイン | Apple新製品ロードマップまとめ »

2015年9月10日 (木)

アップルは感覚インターフェイスを革新する【5分で分かるNew iPhone,iPad Pro,Apple TV,Apple Watch】

恒例のAppleの発表会があった(Keynote動画はこちら)。

Img_3609
iPhone 6s、iPhone 6s Plusと、iPad Pro、Apple TV、Apple Watchが発表された。全部で2時間以上におよぶ長い発表で、いずれの商品も力が入っていって、『圧巻!』と唸らせられる発表会だった。

iPhone 6s、iPhone 6s Plusは外見はほとんど変わらないのに、猛烈に性能向上しているし、iPad Proは初めてのプロクリエイターのためのiPadになり得るし、Apple TVはテレビ視聴に革命を起こすかもしれないし(ただしアメリカにおいて)、Apple Watchも順当にてこ入れがされた。

すべてを通じて言えるのは『アップルは感覚的なインターフェイスで次の次元に行こうとしている』ということだと思う。

iPhoneとAndroidを触ってみて、『なんか、iPhoneの方が快適』って思ったことはないだろうか? 『触った通りに動く』、『触ると気持ちイイ』、そんな感覚的なインターフェイスこそがアップルの強みで、そこに集中して技術革新を投入し、感覚性能で他の追従を許さないレベルに行こうとしている……と、私には思える。

iPhone 6s、iPhone 6s Plusの3D Touchはスマホのインターフェイスに新しい心地よさをもたらしてくれそうだ。

Img_3539
強く押すことによって、これまで『プレスして待つ』ことで実現していたコンテキストメニューっぽいアクションをこなす。アイコンでさえ、強く押すことで複雑なアクションを1ステップでこなすことができるようになった。

あまり、大きく言われなかったが、この時の反応として機能するのが、Apple Watchで使われたTapticエンジン。初めて体験すると驚くほどの、新しい『操作に対するフィードバック』を返してくれるハズだ。キーボードだって、まるで画面が沈んでいるような感覚がするかもしれない。

Img_3548

ボディは一見変わらないのに、これらのメカニズムを入れるために完全新設計といえるデザイン変更。素材は硬い7000番台のアルミ合金に変更されたので、カタチは同じままかなり強固になっているハズ。ボディーサイズもほんのわずか大きくなっているので、金属製のようなシビアなiPhoneケースは使えないかもしれない。

さらに、カメラは1200万画素になると同時に、ピクセルごとの色のニジミが出ないような工夫をするなど、単なる高画素かではない高精彩、高発色化を実現。4Kビデオや、微妙に動く写真『Live Photos』などを実現している。インカメラも500万画素に。自撮りでもかなり高精細な画像が手に入るようなった。

Img_3575
iPhoneは5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plusが併売される模様。

Img_3599
日本での価格は(割賦の人が多いのであまり意味はないが)iPhone 6sの16GBが8万6800円、iPhone 6s Plusが、9万8800円から……となっている。


Apple TVの新型はオーディオインターフェイス、つまりSiriでのコントロールが前提となっている。

Img_3493
日本語ではどんな感じだか気になるところ。また、タッチパネルのついたリモコンというのが興味深い。 tv OSが新たに登場し、Apple TVの上で、さまざまなアプリケーションを開発できるようになるという。

Img_3521
アメリカでの価格は上記だが、日本ではどうなるのだろうか? また日本でのコンテンツ展開は後手にまわっているので、ちょっと値打ちが出難い部分はある。

さて、大変更を受けたのはiPad

Img_3410
12.9インチの大画面(2732×2048)のとApple PencilはiPadをプロの作業用デバイスに進化させられるかもしない。

Img_3439
現状、指で操作する全体のインターフェイスに、ペンを使った作業が付け加えられるのだが、このペン、感圧だけでなく、角度まで感知して表現に幅を加えられる。これは、本当にプロのイラストレーターやデザイナーが使える道具になるかもしれない。

Img_3443
この強弱と角度を備えた線をペン先の細さで描けるのなら……ちょっとイラストレーターにとって夢のような製品になるかもしれない。

Img_3456
デザインアプリを、iPad Proで操作するデモは本当に素晴らしかった。

ちなみに、なんかやけにSurfaceっぽいキーボードも発売されるらしい。

Img_3477
Smart Keyboardというデバイスだが、今のところまだ値段は出てないようだ。

iPad Proの性能はこんな感じ。

Img_3465
初代のiPadと比べてCPUは22倍。GPUは360倍の性能向上を果たしているのだそうだ……。

Img_3418

iPad もこれだけのモデルが併売される。

Img_3484
iPad Proの価格は32GBが799ドル、128GBが949ドル、同セルラーが1079ドルとなっている。今の為替レートだと128GBは軽く10万円を超してしまう。残念ながら。しかし、特定用途ではとても役立ちそうなデバイスだ。

さて、最後に(実際には逆順に、これが最初に発表された)Apple Watchだがいくつかのバリエーションが発表された。

まずはエルメス。

Img_0012
価格は発表されていないが、ちょっとお高そう……。

Img_3393
文字版もエルメスデザインのが用意されるそうだ。

さらに、アルミモデルに、ゴールドとピンクゴールドが用意された。これは女性にとってとっても魅力的だろう。さらに、赤いベルトのPRODUCT REDも用意される。

Img_0018
というわけで、iPad Proの感圧、角度感知のApple Pencil、iPhone 6s、iPhone 6s Plusの3D Touch、Apple TVの音声認識、そして既出だが、Apple Watchのデジタルクラウン……と、さまざまなサイズのデバイスに、それぞれに最適な感覚的なインターフェイスを用意したアップル。

OSとデバイスを別々に開発している製品では、できない芸当であることは言うまでもない。

『触って気持ちイイ』製品は、当分の間、アップルの独壇場になりそうだ。

 






(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー