デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

トレタ新オフィスのオープニングにお邪魔してきました #toreta

飲食店のクラウド予約サービス、トレタの新オフィスのオープニングにお邪魔してます!

去年、9月の17日に、恵比寿の新オフィスのオープニングにお邪魔したはずなのですが、もう次のオフィスです。成長速過ぎ。

Dsc06999
ちなみに、2年前、最初の渋谷のオフィスは10坪ぐらいだったそうです。去年引っ越したオフィスは30人が限界だったそうで……もう、社員40人。ちなみに、去年はトレタの導入店舗数は1000店舗ぐらいだったと記憶しているのですが、現在3800店舗……だそうで、猛烈な成長ぶりです。

コンシュマー向けサービスと違ってB to Bなんで、営業さんはいるし、サポートとかも大変な気がしますが。

Dsc07004
豚組の経営者でもあり、トレタのCEOでもある中村仁さんも、この急成長ぶりにはホッと一息というところでしょうか? ユーザー本位のサービスを目指されてる中村さんのもとには、多くの優秀なスタッフの方が集まってきてる感じです。

Dsc07024_2
フラットなオフィスでチームによって、デスクの構成は多少違う感じっぽいです。奥がエンジニアさんで、その手前にデザイナーさん、一番入り口に近いところに営業さんという構成で、外出の多い営業さんところはフリーアドレスだそうです。

Dsc07022
ここが総務系だそうで、一番奥がCEOの仁さんのデスク。CEOなのにエラソーでないフラットな感じ。

Dsc07018
ここはデザイナーさんのデスクだそうで。バランスボールは自前らしいっす、このバランスボール3万円もするそうです(汗)


Dsc07040

ジャンゴフェットが気になるよね……。

ここは『毎日ひとし』で有名なでんさんのデスク。ちなみに、広げてあるTシャツのFOODITとは、今週末にある食とITのイベント。

Dsc07038
でんさんはかき(オイスターの方)がお好きだそうです。

Dsc07039

Dsc07036
以前、1つでけっこう困っていたという会議室は3つに。広いし、ホワイトボードがあったり、ディスプレイがあったり、プロジェクターがあったり。

Dsc07010


テーブルやイスが凝ってますよね。

Dsc07011
ロッカーとかストレージ。半分オープンな感じがカッコいいです。

Dsc07014
引き篭もり用の部屋集中して仕事するための個室もあります。

Dsc07015
誰のための装備かはだいたい分るような気がします……が、風呂はありません。

Dsc07016

Dsc07019

執務用のスペースの手前にも広大なスペースがあり、100規模のイベントが開催できるそうです。プロジェクターや、カウンターなどもあり。素敵。

Dsc07028

Dsc07032
というわけで、トレタさんのますますの躍進をお祈りしております。かしこ。






2015年9月29日 (火)

6 Plusから6sに乗り換えてどうだったか?

Dsc06925
右のiPhone 6 Plusから、左の6sに乗り換えました。

最初に言っておくと、別に6 Plusで困っていたワケではありません。ゴージャスなデッカイ液晶画面は非常にリッチな体験を提供してくれましたし、ほとんどすべてのケースに何らかの持ち手やグリップを設けていたので、却って安心感があったほどでした。

オシリのポケットに入れたまま座れないのは難儀でしたが、これまたどうしても収納したい時にはベルトマウントのポーチを使ったりと、いろいろな手立てを講じたりして、あまり困りませんでした。

大画面は電子書籍を読むのにも便利だし、手書きメモなどの用途にも便利だし、6 Plusのサイズはアリだな……と思っていました。むしろ、老眼が始まった私には、大画面はありがたいと。

じゃあ、なんで6sに乗り換えたかというと……単なる好奇心です(笑)

6 Plusに慣れた自分が、6sを使ったらどう感じるかという。

で、6sを使ったら、どう感じたかというと、これまた快適と(笑)

正直、6 Plusに慣れた身としては、すごくコンパクトに感じるし、文字が小さくて見えないかというと、そういう不具合もない。当面はこれで問題ないなと思ってます。

つまり、非常にあいまいな結論になってしまいますが、私的には『どっちもOK』(笑)

でも、他人に『どっちがいい?』と聞かれたら、まずは6sを勧めます。6sを買って後悔することはありませんが、6s Plusは買って後悔する人もいるかもしれません(手の大きさなどの都合もあって)。そうした時に恨まれないようにするためです(笑)

デカい方の画面を本当に必要な人は、僕が6sを勧めたって6s Plusを買うはずです(笑)

というわけで、私はどっちでもいいけど今年1年は6sで。「迷ってるけど、どっちがいい?」と聞かれても6sを勧める方向で。Plusは自分で意思決定できる勇者のみが買えるアイテムということで。

2015年9月26日 (土)

iPhone 6s/6s Plus移行時トラブルシューティング

iTunesでのバックアップしての書き戻しって、これまで非常にトラブルが少なかったんですが、今回のiPhone 6s/6s Plusでは、少々トラブルが多い感じ。

iPhone 6s/6s Plusというよりは、iOS 9かな。まぁ、移行してしまえばどうでもいいことではあるのですが、ちょっと分っている範囲のことを書いておきます。

Dsc06888
起こってる出来事はいくつかありそうですが
1・バックアップが取れない(途中で回線が外れたと言われる)。
2・iTunesから書き戻したデータが完全でない(アイコンがバラバラとか)
3・音楽データがなくなる
4・iCloud設定をアップデート中から戻らない
5・iCloudから書き戻せない
6・LINEのデータが消えた
7・温度表示が華氏になる
というようなところが主な事象。

対策としてはいろいろあるようですが、

私の実体験したのとしては
●1、2、あたりは、『他のUSBデバイスを全部外してiPhoneだけにする』が有効っぽい。
●あと、2は、何度も繰り返し復元してたら(7〜8回やった5分で終る時もあれば1時間ぐらいかかる時もある)、たまたまアイコンが全部戻った時がある。
●購入したiPhoneはiOS 9.0.0なので、そのまま『新しいiPhone』として、アクティベートして9.0.1にアップデートして、その後『バックアップから復元』した方がいい

他の人から聞いた情報として(検証してません)
・パスコードロックを外した態で、移行した方がいい
・iCloud設定を『スキップ』して、あとで設定した方がいい

という感じです。

3はAppleミュージックを一度切って同期するしかないのかな?(まだ試してない)
6は、SIMを入れて同期すればいい
7は、しょうがないので設定しなおす

……というあたりでしょうか?


いずれにしても、ちょっといろいろある場合があるので、慎重に。特に他の『USBデバイスは外しておく』、『パスコードロックは外しておく』、『新しいiPhoneとしてアクティベートしてから、復元』あたりは有効そうなので、これから新しいiPhone 6s/6s Plusに移行する方はそ方向でやった方がいいかも。

他、これがトラブルの原因だよって分った人がいらっしゃったら、教えて下さいまし。

(村上タクタ)

【悲報】iPhone 6s/6s Plusは分解すると修復不能

Dsc06897
TAPTICエンジンが入ってる新しいiPhone 6s/6s Plus。TAPTICエンジン分、バッテリーが小さくなってます。バッテリーは1715mAh。ちょっと小さくなってますね。

Dsc06891
全周に渡って、シリコンのパッキン、これとは別の両面テープが張ってあって、開けるとこれがかならず破れたり、ちぎれたりします。

もちろん、分解したらAppleさんの保障は効かなくなりますが、そもそもこのパッキンが手に入らないので、元に戻らなくなります。

Dsc06893
というわけで、基本的にはiPhoneを1個無駄にする覚悟がなければ、分解するのはやめましょうね(泣)

2015年9月25日 (金)

部屋やデスクが片付かない人に! 『デジタル超整理術』26日発売!

スキャンして紙をデジタル化、お部屋やデスクをキレイに片付けて、仕事を効率化、生活を快適にしましょう!! ……というテーマの本『デジタル超整理術』が明日26日、全国の書店・コンビニで発売になります! 722円(+税)です。

Photo_2
お求めはこちらからでも。



(ちなみに、電子版は制作過程の都合上1週間ぐらい遅れてのリリースになります。)

部屋を片付けるのに、いろんなものを断捨離する必要があります。洋服や食器だって、捨てなきゃならない。でも捨てたくないものも沢山ある。結果、さまざまな取捨選択が必要になるわけですが、紙についてだけは違う。スキャンしてデジタル化してしまえば、体積も重さも0になる。

こんな片付け手法、使わないわけにはいかない。

Dsc06836(↑ここの素敵なイラストは佐藤Richmanさんです!)

まず、取材にうかがったのは神戸で『神戸の小さな収納教室』を開いてらっしゃる整理収納アドバイザーの小西紗代さん。

Dsc06837
上の小西さんのお部屋は普段使ってらっしゃるリビング。本当に片付いたお部屋には驚くばかり。そこでお片づけに関する基本的な考え方を教えていただきました。

猛烈にたくさんの文房具と暮らす文具王からは、その猛烈に多い物をどのようにして管理して、片付けていくかを教えていただきました。

Dsc06844
その他にも、公認会計士の山崎修さんによる経理のコツ。

Dsc06846
9月30日から施行されるe文書法っていうのはどんなものなのか?

Dsc06847
非常に早くから、『論文』を電子化するために、さまざまな試行錯誤を繰り返してこられたLifehacking.jpの運営者であり、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の堀正岳さんの整理術と実際にお仕事されているデスクを取材。

Dsc06850
6000冊を電子化した納富さんがどんな風に自炊作業を行ったか?

Dsc06849
などなど、この他にも本当にいろんな人に、いろんなお話をうかがいました。

また、ノウハウ記事も充実していて、基本的なスキャンのテクニックから、コツなども。

Dsc06841
ScanSnapのラインナップを中心に、スキャナー各機種の機能とスペックを紹介したページも。

Dsc06842
実は、肝心かなめのスキャナーのメンテナス方法も解説。

Dsc06843
さらに、そのスキャンした写真を今日絶対に失わないためのバックアップ方法のご紹介。

Dsc06845

写真をどうやって管理するか、その写真を過程で楽しむためのおもいでばこのご紹介も!

Dsc06851

さらに、アナログレコードなどのデータ化まで。

Dsc06853
さらに、さらに! スキャン、データ化、クラウドへのアップロードなどで気になる著作権の問題を成蹊大学の法学部教授の塩澤一洋教授にうかがいました。法律の問題を詳しく、わかりやすく解説していただいています。

Dsc06848


ここでご紹介したより、もっともっといろんな方にご登場いただいてますし、いろんな記事が載ってます。ぜひ活用して下さい。

というわけで、722円+税にしちゃお役立ち情報が満載の『デジタル超整理術』、明日発売です!

ズシリと重い! iPhone 6sが来た〜!

SIMフリーでApple StoreにオーダーしていたiPhone 6s 128GBローズゴールドが自宅に到着いたしました! アップルさんなので、便はヤマトでした。

Dsc06861
この段ボール上下の部分を下に折り込むように入っているので、その羽根の部分を持ち上げると外れます。よくできてます。

去年の6 Plusの箱と比較。

Dsc06879
ほう。そういえば、去年はグラフィックのないシンプルな箱でした。今年は写真が入ってます。美しいです。

ちなみに、写真の魚はベタ。タイ原産の闘魚で、狭いビンに入れて、オス同士を戦わせる。もともと干上がるような川や沼に住んでいるので、水質低下に強く、ビンなどでも飼えるので、デスクサイドなどに置いておく人もいる。美しい色のヒレは、観賞魚としての品種改良の結果なんである。

……それはともかく……。

Dsc06864

箱を開けて対面〜! アップル製品は何度箱開けしても楽しいですね。箱を開けた途端に、美しい本体が出てきます。画面が消えているのが寂しくて、一刻も早く、自分のデータを流し込んで、自分のiPhoneにしたくなります。

箱から出しました。そう、ローズゴールドです。

Dsc06870
思っていたよりピンクっぽくて、派手好きな私とはいえ、ちょっと気恥ずかしい感じがします。

持つとズシリと重い感じがします。6sの重量は143g。私が前Plusを使っていたとはいえ、見た目の重量感というか密度感が変わっている感じがします、6s Plusはさらに重いんだろうなぁ……。

ちなみに
    小さい方  Plus
6    129g   172g
6s   143g   192g

です。

小さい方は14g、Plusは20g重くなってます。

素材が7000番台のアルミになったからというところでしょうか? 前回のだって十分丈夫だった気がするのですが、『曲る』と騒いでくれたおかげで剛性アップして重くなったということでしょうか? 前の軽い方がよかったな、過剰なクレームは製品を過剰に(重く)する場合もあるってことでしょうか?

これまで使っていた旧iPhone 6 Plusと並べてみました。

Dsc06877

色味の感じとか、お分かりいただけるでしょうか?

パッケージの中身は、まぁいつも通りな感じです(笑) でも相変わらずキレイに収納されていて安心しますね。

Dsc06881
電源を入れたら、アクティベーションするのにSIMを要求されたので、とりあえずソフトバンクのSIMを入れました(IIJのSIMがまだ届いていないので)。そしてアクティベーションをして、iTunesのバックアップから書き戻しています。

Dsc06883

さぁ、新しいiPhone 6sとの生活が始まります!




iPhone 6s、iPhone 6s Plus発売!

7年前の2008年7月11日以来、8回目のiPhone発売セレモニーであります!

12048866_895309257213507_1026502803
iPhone行列もいろいろと変遷してきて、最初はSoftBankのみの発売だったので、SoftBank表参道店に長大な行列ができていました。その後、auやdocomoからも発売され、それぞれの旗艦店が舞台になったり、アップルストア銀座店が舞台になったりしていました。近年は、アップルストアの表参道店が中心でした。

が、行列のセレモニーとしての意味もそろそろ失われてきたかもしれません、と、去年、このへんや、このへんで書きました。当初の楽しみで買っている人は減って、転売目的の人やおそらく雇われで並んでいる外国人の方とかが増えて、ゴミが散らかるなど周囲に迷惑のかかるシーンも増えていました。

7年前の、『iPhoneなんて売れない!』と言われていた時代と違って、もう大半の人にはネット流通で、別途当日手に入れられる、ネットで予約なども自由にできる……という時代に行列を作らせるというのは、IT系の超一流企業としてはどうなんだろう……? という感じになってたわけです。

そして、Apple Watch以来、ネットでの受注の仕組みも進化し、今年はほぼ行列なしになるだろう……と思われていました。

でも、熱いファンは並ぶわけです(^_^)

12030776_895309273880172_48077458_n

現場に行った、安井君さんのレポートによると、ネット予約店頭受け取り分を一刻も早く受け取りたいという人が各店舗に並んでいるそうです。

キャリアで予約して店頭受け取りを希望した人には水曜日段階でメールが来ており、どの店舗で受け取るかなどを設定できています。

全体として混乱は少なくなっており、去年のような頼まれた外国人の人が並んで大混乱……ということはまったくなく、ホントにiPhoneを好きな人が整然と並んで手に入れることができてるようです。東京はあいにくの雨ですが、それでも熱心なファンがいずれの店舗にも並んで8時のセレモニーを祝い、受け取りを開始しました。

12032505_895325027211930_968455995_

なお、アップルストア銀座店では、10:00から予約なし分の発売をするとのこと。

12033435_895324963878603_2146577911
また、ビックカメラの有楽町店などでも、10時から予約なし分の発売をするということなので、今から向かえば予約がなくても手に入れられそうな雰囲気です。


現場からは以上です。レポートは編集部の安井さんでした。

かくいう私も、会社のスタジオで撮影せねばならないので、HQ(というか、自宅w)で、ネットで発注したiPhone 6sの到着を持っているところであります。

SNSもまだほとんどなく、誰がどこで何をしているか全然わからなかった7年前の行列を考えると、SNSでみんながどこで何をしているかわかるようになり、商品の発注も全部ネットでできるようになったワケで、これこそがiPhoneのもたらした変革だったんだなぁ……と、7年経ってから思うわけです。




2015年9月24日 (木)

『デジタル超整理術』26日土曜日発売!

自分の部屋や会社のデスクが散らかっていて、もっと片付いたらいいのになぁ……と思っている方、手を上げて!!

Dsc06832


……そして、その挙げた手で、マウスを掴んで、そのまま以下の購入ボタンをクリック! して下さい。



というわけ、9月26日に部屋やデスクの散らかっている人の福音になる本を発売いたします!

タイトルは『デジタル超整理術』、全国の書店、コンビニで26日発売、722円+税です。112ページ。

Dsc06834

詳細については、また明日お届けしますね〜!

iPhone 6s/6s Plus入手の準備はお済みですか?(私は混乱しています)

僕がいうのも何ですが、やっぱり携帯電話の契約って難しい。前述のように延々考えて理解したつもりでしたが、やはり実際に行動に移すと難しい。特に、家族の契約とかからむと。

SIMフリーの契約に移す理由のひとつは、経済的な問題。3台の端末の通信費が2万5000円/月(毎年私が買い替える端末の分割含む)とか、もう耐えられない。

もうひとつは、そのキャリアモデル自体が、もう時代にそぐわなくなっているのではないかという思いだ。

以前、我々はこんな本を出している。



色々と制度が変わって、少しずつ、キャリアの独占状態を打ち崩そうという流れになっている。でもまだ、キャリアの枠内から出てSIMフリーの契約にするには勇気がいる。たとえば、トラブルがあっても店頭窓口に駆け込めるわけではないし、基本自己解決が前提だ。さまざまな優遇措置もない。極論、OSアップデートで使えなくなる可能性だってある。

それでも、複雑でうやむやで効果なキャリアの価格体系から脱出することに意味はあるのではないかと思うのだ(もちろん、キャリア自身がそれを自らクリアにしてくれるならそれに越したことはない)。

現在、私は、妻子の分を合わせて2万4〜5000円/月(つまり年約30万円)を払っているが、IIJのmioのファミリーシェアプラン10GBで3台を運用すれば通信費は月額4660円(+通話代)で済む。

借りに私が毎年、10万円で、端末を買ったとしても(そしてお古を妻子に渡す運用)、年間の支払いは15万5920円。おおよそ、半額になる。この残りの15万円は何だったんだろう? 窓口で対応してもらえる安心料なのか? テレビCM代なのか? まぁ、通話料とか、いろんなコンテンツとかそういうのもあるかもしれないけれど。

というわけで、まずはiPhone 6sのSIMフリー版を買った。これはApple Storeのウェブの方でワンクリック。11万0800円(+税)明日届くハズだ。(初出時16GBの価格を掲載していました、お詫びして訂正いたします)


Iphone_6siphone_6s_plus__apple___妻子の方の端末の手配はもうちょっといろいろ悩まないとイケナイので、あとまわし。ともあれ、このiPhone 6sが届けば、SoftBankのSIMを差し替えたって使える(ですよね?(汗))ので、全部を同時にしないといけないというプレッシャーから
逃れられる。

それから、Amazonで、IIJのSIMのパッケージを購入

Amazon_co_jp_amazon_co_jp_iijmio_si
届くのは、実はこんな商品。

Dsc06821

開くと、実はいろんな指示が書いてあって、エントリーコードっていうのが記されているだけ。これにしたがって申し込み作業をする。

Dsc06824
妻子のSIMフリー端末をどうするか問題が解決していないので、とりあえず私の端末のみMNP処理して、SoftBankから離脱準備。そのMNP申し込み番号をIIJの方に入れて、IIJの方の契約を準備。

あ、そういえば、この時、SoftBankさんから「契約いただいている年度から、MNPをせずに他の新型端末を買っていただければ1台あたり3万円(つまり合計9万円)のキャッシュバックをお支払いさせていただけることが分かりました!」と、言われて本当に腹が立ってしまった。

だって、普通に契約していた3Gからの7年間、そんなこと一度も言わなかったじゃない? つまり、僕らが大人しく払っていた上記15万円の一部は、こういうMNPする引き止めや、MNPしてきた人の優遇施策に使われているることになる(いや、単なる推測ですがね)。本当、失礼しちゃうお話です。

というわけで、来月からは少なくとも僕の契約は、10GB、3260円/月という非常に分かりやすい契約になる。

Sim___iijmio
妻子の分はちょっとSIMフリー端末のiPhoneをどうするかという問題にさしかかっているので、ちょっと後回しにして、取り急ぎ、僕だけSIMフリーの自由な世界へ、GO! です。





2015年9月17日 (木)

iOS 9にアップデート完了!

Img_3622

iOS 9へのアップデート完了しました。いやー、日本時間の2:01ぐらいには来てなくて、どうなる事かと思いましたが、数分後にはアップデートが始まりました。iPhoneでOTAでやると一向にダウンロードを開始してくれてはいませんが、パソコンにつないでiTunes経由でやると問題なくアップデートしてくれる。

iOS 9は、スプリットビューって言って、左右の画面を分割できてだなぁ……できない。どうやら、iPad mini 4か、iPad air 2がないといけないらしい。

でも、スライドオーバーといって、こうやって右から別画面を表示させるのはできた。

Siriが賢くなったり、いろいろ機能も増えているそうですが。とりあえず。


Img_3621

2017年9月

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー