デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« Surface 3登場。で、Windows RTはどうなったのか? | メイン | 将来、照明はすべてダイソン製になるかもしれない【ダイソン・アリエル】 »

2015年5月28日 (木)

クラウド時代のすべてのMacBookモバイラー必携アプリ【TripMode】

再び、みなさんに『パケ死』の危機が迫ってきています。

パケット通信が多過ぎて料金を払うのが困難になることを『パケ死』と言ったのは10年ほど前の話。

しかし、データ通信速度が速くなって、『パケホーダイ』な時代になって、そんな言葉も海外旅行の時以外には忘れられつつありました……が、通信量の7GB制限、または従量制の課金によって、ふたたびそんな危機が近づきつつあります。

また、クラウドサービスの普及によって、我々の知らない間に膨大な通信を行なってクラウド同期をする可能性があります。たとえば、あなたのクラウドストレージに知り合いが、5GBのファイルを置いたら、自動的に5GBの同期が始まる……可能性もあります。

iPhoneなどのモバイルデバイスには、『Wi-Fiの時のみ同期する』的な設定がありますが、パソコン側にはそんな設定がないので(固定のWi-Fiであれ、モバイルWi-Fiルーターであれ、テザリングであれ区別がつかないので)せっせとバックグラウンドで同期してしまうわけです。

つまり、テザリングをしている人は、いつパケ死したっておかしくないわけです。

実はワタクシ、やらかしてしまいまして、いつもの通り、発表会に取材に行ってこのブログを更新してたら、通信制限がかかってしまって……『なぜ?』と思って、記録を見たらこんなことに!

Img_7811
3日で11.48GB !!
1日で7.85GB !!

いや、バックグラウンドでせっせと同期がかかってましてね……。

個人的にはパケットの量で通信料金を決めるのには反対です。だって、データ量っていうはムーアの法則的にはどんどん増大していくものです。写真1枚の量も、動画のサイズも、いろんなストレージのサイズもどんどん大きくなるはずです。

数年後には月の通信料が数万円になってしまう可能性だってあると思います。そうなると、クラウドサービスの健全は発展だって阻害されてしまう可能性もあると思います。

とはいえ、バックグラウンドでの通信をなんとか制御したい。これからのクラウド時代、OS自体がそういう機能を持つべきだよなぁ……なんて思ってたら、私の窮状を見て、とある方が便利なサービスを教えて下さいました!

それが、このTripModeというMac用アプリ(http://www.tripmode.ch/)です。

ちなみに、7.99ドル(現在セール中で6.99ドル)で、無料の試用版(7日間、15分/日だけ試用できます)。

Photo_4

インストールすると、メニューバーに常駐して、モバイル通信の時に、通信するアプリを制御できます。

Blog

ブログを書く時はブラウザ、メールをチェックする時はメールアプリだけチェックすればいいわけです。これで安心して、モバイルWi-Fiルーターやテザリングで通信できます。

コメント

iOS用の奴も欲しいです。何とかなりませんか。

iOSは、設定でコントロールできますよ(だいたいですが)。

Touche. Great arguments. Keep up the great spirit.

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー