デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 『MetaMoJi Note塾』の4本目Vol.03『手書き→日本語入力してみよう』アップ | メイン | 【ヘッドフォン】欲しいものがまた増えた……【祭り】 »

2015年5月14日 (木)

【docomo&au夏の発表会】スマホで僕らの生活がまた変わる!?

5月13日にNTTドコモ 2015夏 新サービス。新商品発表会が、そして本日5月14日にはau 発表会 2015 Summerが行われました。

定例の発表会ですが、いつものように最新の技術が詰まった輝く新端末のお披露目でが中心ではなく、両社とも新サービスの紹介がメインのイベントでした。

Da

新ポイントサービス「dポイント」は2015年12月1日から提供開始。

Dc

dポイントはLAWSONのPontaと交換可能!
さらにドコモのクレジットサービス、DCMX、DCMXminiで決済すれば3%割り引きに

NTTドコモは新ポイントサービス「dポイント」を発表。従来の「ドコモポイント」が進化したもので、これまでNTTドコモ商品の購入などに使えるだけでなく、dポイント加盟店での支払いにも使える(1ポイント1円)というもの。さらにdポイントはLAWSONが提供する「Ponta(ポンタ)」と相互交換可能。LAWSONでの買い物にも使うことができるようになります。

 

Ab

「au WALLET Market」をオープンし、食料品をはじめとした「ちょっといいもの」を販売!

Ad

全国のauショップでも販売!

一方、auは好評を博している(開業1周年で1200万の累計申し込み数!)au WALLETをさらに展開した「au WALLET Market」のオープンを発表。約2500店舗のauショップで「ちょっといいもの」、例えば厳選されたお米やコーヒー豆、無農薬野菜、さらにIoT家電などが買えるサービスをスタートさせる。実際に店舗に商品を置くのではなく、店舗内に設置したバーチャルモールやウェブサイトで購入するもので、スタッフやコールセンターによる丁寧なサポートも充実させるとのこと。

Aa

まさかキャリアショップで野菜を買う日が来るとは

Ac

auショップが郵便局のような場所になります!

さらに両サービスとも、上記以外にも映画のチケットが安くなったり、高級ホテルでのディナーを安く行けるようになったりします。

携帯電話キャリアとして、基本的に通信網の提供、端末の販売を主に置いてきたNTTドコモとauが、ほぼ同じタイミングで実店舗を舞台にしたサービスを始めるのは非常に興味深いこと。

両社とも提供する新サービスは、ユーザーなら「積極的に使わなきゃ損」なもの。ポイントはNTTドコモ、auの端末を介して生活に密着した買い物ができるようになります。今後、新サービスが定着すれば、スマホがますます手放せないものになるだけでなく、一度、利用し始めるとMNPで他社に乗り換えるのが難しくなる。スマホがいろんなお買い物の窓口になるってことは、携帯電話キャリアの社会に対する影響力がさらに強くなることでしょう。MVNOが安価な月額利用料金を提供し始めていますが、NTTドコモやauといった大きな会社ゆえにできる便利でお得な包括的なサービスは強い引き止めの効果が期待できます。

もちろんユーザーがその便利さに即座に飛びつくかどうかは、はっきりと見えないところがあります。また、携帯電話で買い物ができるおサイフケータイ機能は一部の人には熱狂的に支持されていますが、その機能がないiPhoneユーザーが多いことからも、「スマホで買い物」するという習慣は、まだまだ絶対に必要だと多くの人に思われていません。

しかし数年後に振り返ると、今回の発表会は、携帯電話キャリアの業態が変化する、その転換点になるかもしれません。NTTドコモのLAWSONという毎日使っているコンビニでのサービス開始。そしてauの「あたらしい自由」というキャッチフレーズの強さから、想起される「明日」は、やっぱり便利で楽しそうです。

もうひとつの大手携帯電話キャリア、ソフトバンクの発表会はこれから。どんな発表になるのか、楽しみです。

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー