デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 【Kickstarter】VRのハードルを下げる、視線追跡技術 | メイン | 夜中の3時に何をドキドキしてたのっ!? »

2015年5月20日 (水)

【要充電ケーブル】Apple Watch OSが初めてのアップデート

Apple WatchのOS、「Apple Watch OS 1.0.1」にアップデートしました。バグの修正だけでなく、以下のパフォーマンス向上が図られるとのことです。

●パフォーマンスの向上
・Siri
・スタンドアクティビティの測定
・室内自転車および室内ローイングワークアウトのカロリー計算
・屋外ウォーキングおよび屋外ランニングワークアウトの距離とペース
・アクセシビリティ
・他社製App

●新しい絵文字の表示サポート
言語の追加
・ポルトガル語(ブラジル)
・デンマーク語
・オランダ語
・スウェーデン語
・ロシア語
・タイ語
・トルコ語

A

アプリ「Apple Watch」を起動、「マイウォッチ」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」へ

Apple Watchのソフトウェア・アップデートは、iPhone内のアプリ「Apple Watch」を使って行います。まずはアプリでデータをダウンロード(今回は51.6MB)、その後、Apple Watchにアップデートのデータがダウンロードされます。アップデートにしてはデータは小さめですが、終了まで30分ほど時間がかかります(もちろん、環境にもよります)。

B

ソフトウェアアップデートには充電ケーブルが必要です!


またアップデートを行うためには、以下の条件が必要です

・iPhoneが通信圏内にある(ペアリングされている)
・充電器に接続されている
・50%以上充電されている

つまり、アップデートには充電ケーブルが必要で、屋外では行うことができません。「まだ」の方は今晩、ご帰宅されてからゆっくりアップデートしましょう。

コメント

モバイルバッテリーとマグネット式ケーブル持ち歩いてるんで、普通に屋外でアップデート出来ましたけど、
なぜ屋外ではアップデート出来ないと言い張るのでしょうか?

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー