デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« iOS版のATOKが ATOK Syncに対応! | メイン | 【明日発売】携帯代が高いなと困ってませんか!?【知らないと損!! ネットとスマホ節約&活用術】 »

2015年2月25日 (水)

6000万円集めようとして8億4000万円集ってるPebbleの新製品Pebble TimeとApple Watchどちらを買うか?

Pebbleの新製品、Pebble TimeがまたしてもKickstarterでPledge可能になっています。

Goalは50万ドル(約6000万円)に設定されていたのですが、そんなのはあっという間に(まだ初日)飛び越えて今700万ドル(8億4000万円)の出資を集めています。期間はあと30日あるので、Kickstarter誌上最高の成功例として知られるPebble自身の持つ1020万ドル以上という記録を塗り替えるのは間違いないのではないでしょうか?

Pebble_time__awesome_smartwatch__no
KickstarterのPebble Timeのエントリーはこちら。
https://www.kickstarter.com/projects/597507018/pebble-time-awesome-smartwatch-no-compromises?ref=home_popular

新製品は、まったく新しい製品となっていて、カラーeペーパーを使った表示となっており、従来型と違ってスムーズなアニメーションなどを実現しています。

僕は、デジタルデバイスの非常に重要なファクターは『バッテリーの持ち』だと思っています。過去の経験から言って、どんなに新機能満載のデバイスでも実用的なバッテリーライフがないと使わなくなってしまいます。

僕はPebble Steelのユーザーですが、これの一番評価できるところは1週間以上持つバッテリーです。他の1日しかバッテリーが持たないスマートウォッチは、ちょっと面白くても、いつしか使わなくなってしまうんです。



その他にも、タイムライン表示の新しいインターフェイス、1000以上のウォッチフェイス、カラーeペーパーが日光下でも読みやすい、防水、音声通知、通話も可能になっています。iOS 8、iPhone iPhone 4s以降のiPhone、4.0以降のアンドロイドに対応とのこと。

ともあれ、多くの人が気になるのは、3〜4月に発売されるApple Watchとどちらを買うかでしょう。というか、多くの人はともかくApple Watchが第一の選択肢なのではないでしょうか?

私は、前述の理由つまり『バッテリーライフ』においてPebbleの方が有用なデバイスになるのではないかと思い、Pebble TimeをPledgeました!

Pebble_time__awesome_smartwatch___2

ちなみに、定価は199ドルになるようで、最初の1万人は159ドル、3万人までが179ドルになるようです。

Dsc06751(昨年の春に取材に行ったPebble社の社内がムービーに写ってて面白かった。分解されたPebbleは見たけど、カラーeペーパーは知らなかったぞ!w)


限られたバッテリーパワーの中で、実現できることを実現するというのはアップルが得意だったことのようにも思うのですが、Apple Watchはどうも実現している機能からしてバッテリーライフはかなり短いのように思います。高性能なCPU、カラー液晶、光学式ハートレートモニターなどがどう考えても激しくバッテリーを消費するでしょう。

それとも、限られた機能を上手く使ったPalmより、バッテリーが持たなくても誰もが望む機能をすべて華やかに実現したiPhoneが最終的な勝者になったように、Pebbleはギークのためのマシンに過ぎず、Appleが勝者となるのか。注目したいと思います。

というわけで、私はPebble Timeを買いましたけれどね(Apple Watchも買うけれど……財布が(泣))

Dsc06776(この写真は昨春Pebbleに行った時、Pebble Steelを購入した時。EvangelistのMyriam Joireさんと一緒に。)


(タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー