デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

『知らないと損!! ネットとスマホ節約&活用術』は、

昨日発売の『知らないと損!! ネットとスマホ節約&活用術』、みなさん、お手に取っていただけましたでしょうか? これは文字通り買っといて損のない本に仕上がったと思います。読んで、携帯代を削減できたら、すぐモトが取れますからね。

私も、我が子を見るような思いで、書店、コンビニを回っております(笑)

Img_7551
ちなみに、今回は相当数コンビニに入ってるので、コンビニでもけっこう見つけやすいと思います。ローソン、ファミマ、スリーエフなどにはいっているハズです。セブンイレブンには入ってません。

Ingressプレイヤーの方は、ローソンさんでグリフハックしてから、本書を買うと一石二鳥かと存じます。

アマゾンさんは……おなじみの、発売即売り切れ状態。『一時的に在庫切れ:入荷は未定』と表示されていますが、継続的に入荷しているはずなので、ポチっておいていただければ数日後には届くのではないかと思います。





というわけで、新刊『知らないと損!! ネットとスマホ節約&活用術』の情報でした。


【Ingress】新メダルIlluminator来ましたね。

今朝、IngressのiPhone版が1.70にアップデートされ(それとは関係ないかもしれませんが)、Illuminatorという新メダルが追加されました。

Illuminatorの指標はMUということで、これまで「MUはIngressの究極の目的だからメダルにはなんないんだよね」なんてしたり顔で言っていたのが、すっかり覆された感じですが(笑)最近増えたメダルと一緒で比較的ステップは難易度低めな気がします(という感覚がすでにズレているという話もある)。

Fullsizerender
と、言いつつ、私はご覧のようにシルバーをちょっと越えた辺りです。周囲の人は「最初からゴールド」とか「プラチナ」っていう声も聞くので、私はプレイスタイル的に低めだったんでしょう。

これまで高MUを目指してた、関西の某@******loveさんとか、ダルサナで日本を覆った人なんかは、いきなりオニキスだったりするんでしょうか?

どっちかっていうと都会のスタイルで、地方でやるときもあんまりデカイの作ったら人迷惑かなぁ……と思って遠慮しいしいやっていたのですが、こうなったら、もう大CFを狙うしかないですよね。バイクとクルマがあって夜行性という私のプレイスタイル的には新しい楽しみが追加された感じがします。

でも、みなさんそう思うのは同じ条件なワケで……しばらくは、大CF合戦が続きそうですね。

2015年2月26日 (木)

Nexus Player明日発売、1万2800円【ワイモバイル】

アンドロイドOSで動く、セットトップボックス(と言っていいのかな?)Nexus Playerがワイモバイルから明日発売になります。

Dsc08449
まぁ、とっても簡単にいえば、Apple TVのアンドロイド版です。
(1行でレポートが終ってしまいました……)

つまり、アンドロイドOSで動いていて、動画を見られたり、ゲームをできたり、簡単なサイトを見られたりして、さらに、手元のアンドロイドの画面をそのままテレビに投映できるっていうデバイスです。

Dsc08446
アップルTVと違うなって思うのは、音声認識を上手に使っていて、リモコンに向かって日本語で話して、簡単な操作をしたり、検索ワードを入力したりできるということ。アップルTVのリモコンってけっこう操作しにくいし、iPhoneを繋げると便利だけどワイヤレスで接続を掴む手間がかかる。操作性はアップルTVよりかなり便利な気がしました。

それから、ゲームが充実していること。専用のゲームパッドが別売りで用意されていて、かなり本格的なゲームもプレイできそうでした。

Dsc08441(本田選手のものまねで登場したじゅんいちダビッドソンさんが、格闘ゲームのソウルキャリバーをプレイして会場を盛り上げた)

また、キャンペーンも広く、ワイモバイルでnexus 6を買った人、ソフトバンクでAQUOS Crystalを買った人にはNexus Playerをプレゼント。Googleからは2100円分のGoogle Play Storeのコードをプレゼント。

また、コンテンツ側のGYAO!やU-NEXTともコラボレーションキャンペーンを行なう。

このあたりのユーザーキャンペーンの手厚さもApple TVにないところ。

Dsc08401
というわけで、まとめると……Android版 Apple TVで、音声を使った操作系と、ゲームが便利そう。日本のコンテンツ周りもちゃんと営業されてる……といった感じでしょうか?

あ、nexus 5、6、PlayerはワイモバイルさんがExclusive……独占販売だそうです。


Apple TVはめっちゃ便利で、iPhoneを持ってる人は絶対必携……って思うんですが、なかなか全家庭にはまだまだ普及してません。という意味では、nexus買った人への無料プレゼントも含め、販売店を持っている分Nexus Playerの方が普及は早いかも知れませんね。

2015年2月25日 (水)

【明日発売】携帯代が高いなと困ってませんか!?【知らないと損!! ネットとスマホ節約&活用術】

家族で3〜4万円携帯電話代がかかる、ひとりで1万円以上かかるっていう人は多いのではないでしょうか? 明日発売の知らないと損!! ネットとスマホ節約&活用術』は、そんなあなたのための、電話代節約のための一冊。



Dsc08362
そもそも、いつから電話代ってこんなに高くなったんだろう……と考えると、やはりスマホになってから。高機能な携帯を使うためのパケット定額なら高くてしかたない……と思って始めたものが、いつの間にか誰もが使う当たり前のものに。

さらに、いつのまにか、妻や子供たちまで使うようになって、気がついたら家計を圧迫する大要因に! ってパターンが多いのではないだろうか(ウチはそう)。


家計簿アプリのZaimさんに行って、家計の中での通信費のデータの平均値を取材させてもらったのだが(ただし、これは数値を入力している人の平均値だが)、夫婦+子供ふたりの家庭の通信費はなんと4万円超! そりゃ家計が大変なハズ!

Dsc08375
なんとか、この通信費を圧縮できないかと思って調べ始めたのがこの本を作ることになったきっかけ。まずは、よく分からない電話代の構造を調べて、できるだけシェイプアップ!

Dsc08377
プランの選び方でだいぶコストダウンできる!

Dsc08378
さて、みなさん格安SIMと言われる契約形態にするのに問題はありますか?

キャリアメール使ってますか? 実はもう多くの人が使ってませんよね? LINEやSNSがあるし。電話番号だって、今やナンバーポータビリティで持って行ける格安SIMが増えてます。家族との家族割? でも、もうたいてい誰とでも通話は定額です。

キャリア独自のコンテンツサービスが要り用ならともかくとして、実はほとんどの人にとっては大手キャリアにこだわってる必要なんてないんです。

Dsc08379
というわけで、格安SIMについても詳細解説。

その他、ワイモバイルや、U-mobileについて、7GB制限ってどのぐらいか? 無料の通話アプリ、忘れちゃいけないモバイルバッテリーの話、お得なクーポンアプリやLINEのスタンプを無料で手に入れる方法、自宅ネットの節約&活用術、Wi-Fiの活用方法、バックアップ、子供とネット、子供がDSを欲しいと言ったら、LINEをしたいと言ったらどうしたらいいか……などなど、家庭で困るスマホやネットの問題の解決方法をギッシリまとめました。



明日、26日にコンビニと全国書店で発売です。
550円+税。


たとえば、毎月324円(←オプションひとつの値段)のコストダウンをひとつするだけで、1年だと4000円ぐらいになります! 一刻も早く、本書を買って、携帯代のコストダウンを!

6000万円集めようとして8億4000万円集ってるPebbleの新製品Pebble TimeとApple Watchどちらを買うか?

Pebbleの新製品、Pebble TimeがまたしてもKickstarterでPledge可能になっています。

Goalは50万ドル(約6000万円)に設定されていたのですが、そんなのはあっという間に(まだ初日)飛び越えて今700万ドル(8億4000万円)の出資を集めています。期間はあと30日あるので、Kickstarter誌上最高の成功例として知られるPebble自身の持つ1020万ドル以上という記録を塗り替えるのは間違いないのではないでしょうか?

Pebble_time__awesome_smartwatch__no
KickstarterのPebble Timeのエントリーはこちら。
https://www.kickstarter.com/projects/597507018/pebble-time-awesome-smartwatch-no-compromises?ref=home_popular

新製品は、まったく新しい製品となっていて、カラーeペーパーを使った表示となっており、従来型と違ってスムーズなアニメーションなどを実現しています。

僕は、デジタルデバイスの非常に重要なファクターは『バッテリーの持ち』だと思っています。過去の経験から言って、どんなに新機能満載のデバイスでも実用的なバッテリーライフがないと使わなくなってしまいます。

僕はPebble Steelのユーザーですが、これの一番評価できるところは1週間以上持つバッテリーです。他の1日しかバッテリーが持たないスマートウォッチは、ちょっと面白くても、いつしか使わなくなってしまうんです。



その他にも、タイムライン表示の新しいインターフェイス、1000以上のウォッチフェイス、カラーeペーパーが日光下でも読みやすい、防水、音声通知、通話も可能になっています。iOS 8、iPhone iPhone 4s以降のiPhone、4.0以降のアンドロイドに対応とのこと。

ともあれ、多くの人が気になるのは、3〜4月に発売されるApple Watchとどちらを買うかでしょう。というか、多くの人はともかくApple Watchが第一の選択肢なのではないでしょうか?

私は、前述の理由つまり『バッテリーライフ』においてPebbleの方が有用なデバイスになるのではないかと思い、Pebble TimeをPledgeました!

Pebble_time__awesome_smartwatch___2

ちなみに、定価は199ドルになるようで、最初の1万人は159ドル、3万人までが179ドルになるようです。

Dsc06751(昨年の春に取材に行ったPebble社の社内がムービーに写ってて面白かった。分解されたPebbleは見たけど、カラーeペーパーは知らなかったぞ!w)


限られたバッテリーパワーの中で、実現できることを実現するというのはアップルが得意だったことのようにも思うのですが、Apple Watchはどうも実現している機能からしてバッテリーライフはかなり短いのように思います。高性能なCPU、カラー液晶、光学式ハートレートモニターなどがどう考えても激しくバッテリーを消費するでしょう。

それとも、限られた機能を上手く使ったPalmより、バッテリーが持たなくても誰もが望む機能をすべて華やかに実現したiPhoneが最終的な勝者になったように、Pebbleはギークのためのマシンに過ぎず、Appleが勝者となるのか。注目したいと思います。

というわけで、私はPebble Timeを買いましたけれどね(Apple Watchも買うけれど……財布が(泣))

Dsc06776(この写真は昨春Pebbleに行った時、Pebble Steelを購入した時。EvangelistのMyriam Joireさんと一緒に。)


(タクタ)

2015年2月24日 (火)

iOS版のATOKが ATOK Syncに対応!

iOS版のATOKがVer.1.3.0になり ATOK Syncに対応しました!

Img_7541
MacやWindowsでATOKパスポートを使っていれば、単語登録や、お気に入り辞書、変換候補の表示順や確定履歴が共有できるようになる。また、辞書もATOK for Windowsと同等のものになるということで、収録語数が増えている。

Img_7536


iOS版の ATOK。こちらでお伝えした通り、iOSのIME開放にともなって、リリースされていたのですが、最初のバージョンが1500円もしたのに、あまりに使いにくかった(iOSの制限でオンライン入力ができず、入力した文字が2〜3文字しか見えなかった)ということもあり、使うのをやめた人も多かったのではないでしょうか?

しかし、
2014年10月9日    1.0.3    バグフィックス
2014年11月12日    1.1.0    iPhone版QWERTY追加、iPad版テンキー追加
             入力スペース拡大
2014年11月21日    1.1.1    バグフィックス
2014年12月9日    1.2.0    疑似インライン入力実現、ATOKメニューからの設定
2014年12月19日    1.2.1    マイナーアップデート

と実は細かいアップデートが継続されており、そして今回のATOK Syncの導入により当初より大幅に使い勝手は向上している。

リリースされたばかりの時に、一度インストールしてから使うのをやめてしまった人も、そろそろ再び利用してもいい頃合いかもしれない。特に、パソコン側でATOKを使っている人は、辞書が共有されるということでメリットが大きいハズだ。

2015年2月19日 (木)

cheeroの『Power Cube』がIngressユーザーのマストバイであるワケ

cheeroからIngress用モバイルバッテリー『Power Cube』が届いた。

これは撮影用のブツだが、製品版だということなので、おそらく一般のユーザーさん向けも、今日明日ぐらいに発送される模様。みなさん、週末はピカピカ光りながらIngressができる。

Dsc08292
おそらく、非公式な『領布品』(利益を取らないという意味でGoogleさんがお見逃し下さるもの)である、エンブレム入りのTシャツや、ステッカーなどを除けば、初めての『誰でもお金を出せば買えるイングレスの正式アイテム』ということで、非常に感慨深い。

Dsc08286
ただでさえ、夜だとウロウロして怪しい Ingressのエージェントだし、終バスの出た夜の駅前なんかだと、敵エージェントにあっても「アイツ、敵か?」と思いながら黙々とXMPを撃つしかなかったのだが、これからは、このLEDをピカピカ光らせれば

「お、それ、なんですか?」
『イングレスの公式バッテリーなんですよ』

なんていうやりとりができるようになるかと思うと、非常に胸アツだ。いわば、現状唯一の公式アイテムとして、エージェントの身分証のような役を果たすと思うのだ。

Ingressユーザーのみなさん、夜のエージェント活動の時は、これをピカピカ光らせて連帯感を高めようじゃないですか! そういう意味ではもう会員証みたいなもの。マストバイです!

Dsc08284
背面側。僕が見た試作品は、プラスチックも少し波打ってたりしてたのだが、製品版はしっかりしたクオリティの製品になっている。

Dsc08278
これまでのcheeroとはレベルが違う高級な箱。マットブラックにシルバーのちょっと凹んだ感じになってる印刷ですよ。カッコいい。

Dsc08279
なんちゅうか、角が落ちてて、黒いからドラキュラに出てくる棺桶っぽい。XMがいっぱいふき出してきそうな感じだ。

Dsc08280

付属品もなんだか立派になって……初代Power Plusのころからcheeroを見ているcheeroウォッチャーの私としては、本当に感慨深いものがある。あのcheeroが世界のグーグルと手を組んで新商品開発ですよ! なんというか、世界征服まであと少し感あるじゃないですか(涙)

Dsc08281
アイテムは3枚カードが入ってくるのかと思ったら、1枚にまとまってた。

裏面の下のほうにコードがあって、それを入力したらゲーム中で使えるようになる。ADAとJARVISと、PowerCubeにメーカ名があるなんて知らなかったw アナハイム・エレクトロニクスみたいなもんな。

Dsc08282
今でもまだ在庫はあるようです。

僕の想像ですが、いつものcheeroの製造&在庫作戦ではなくて、このアイテムカードのコードの問題があるから、グーグルさんから出たコードの数だけまとめて一気に生産して在庫してあるんじゃないでしょうか? 逆にいえばその数にいってしまったら、売り切れ……ってことになるんじゃないでしょうか? 追加生産されるかどうかは知りませんが。

というわけで、お求めはお早く。
この週末の夜はピカピカさせて、連帯感を確認しましょう。



2015年2月16日 (月)

新型『VAIO Z』に感じる、Macにない『尖った心意気』

Sonyから分離したVAIOがリリースする、現体制での完全新作PC新型『VAIO Z』が素晴しい。

Vaio_z__silver_right_win8_2何が素晴しいって、キンキンに尖っているのである。

Vaio_z__black_rightsideいや、尖っているって別に、物理的に薄くて尖っているっていう話ではない。いや、もちろんボディも尖っている。本体と液晶の両方の天板はアルミでボディはカーボン。レーシングマシンみたいだ。

『人間の発想を、1秒も止めたくない。
 人間の決断を、1秒でも速くしたい。
 人間の努力を、1秒も無駄にしたくない。』

だから圧倒的なレスポンスを実現したとソニーの人は言います。

とっても簡単に言うと、TDP(サーマル・デザイン・パワー=熱設計のこと)28W、つまりMacBook Pro 13inch並のパワーを、15W並み(つまりMacBook Air同等)のボディに詰め込んであります。それを、支えたのはVAIOに深いレベルから独自設計する技術力があるから。

Vaio_z_vs_fit13a_motherboard_comparゆえに、消費電力も少なく、このパフォーマンスを15時間も発揮することができるそうです。

さらに! パタンと閉じるクラムシェルタイプのボディから、液晶を反転させて、タブレットとして使うこともできます。そして、このクラムシェルタイプの時のペンでの操作感が素晴しい!

Vaio_z__black_touch_panelピンポイントで細かいところにタッチできるし、なんといっても筆圧感知式だから、ペンの押し付ける強弱で、線の太い細いをコントロールすることができる。書き味は本当に素晴しい。太いスタイラスしか受け付けないiPadとはえらい違いだ。筆圧感知があると、絵を描く表現力はすごく広がる……というか、実はこれがないと正しくはお絵描きができる感覚にはならない。

Vaio_z__silver_rear_left_2というわけで、速い、軽くて小さい、液晶は高精細で、電池は持つ。ノートととしても使えて、タブレットとしても使える。しかもお絵描きに向いていることといったら、iPadの比ではない……といったら、そりゃあ欲しくなるでしょう。

MacBook AirもMacBook Proも素晴しく良くできているが、ここまで尖ったセンスは感じない。久し振りに(もしくは生まれて初めて)欲しいと思うウインドウズパソコンだ。

思えば、Macもメジャーになって、誰もが持ってるパソコンになったが、そのぶん一般的になってしまっている。スタバでMacBook Airと並んだ時、本機なら『勝った!』と思えるのではないだろうか?(周りの人がその勝利感に気付くかどうかはともかく)

ただし、お値段はちょっと張る。i5の2.7GHz、8GB、128GB SSDという素のモデルで、18万9800円(+税)。

『圧倒的』と言われるパフォーマンスを満喫するために、i7 3.1GHz、16GB、512GB SSDを積むとお値段は29万4800円(+税)に跳ね上がる。13.3インチのノートパソコンで30万円弱となるとちょっと腰が引ける。

しかし、これって僕らが望んでたVAIOだと思うのだ。ちょっと高くったって、超高性能で、多機能、超コンパクト。そんな尖ったVAIOを、僕はとっても欲しいと思う。


VAIO Z
http://vaio.com/products/z/
            




必携のクラウド同期名刺アプリ『Eight』にプレミアム版登場!

無料で、名刺データを読み込んでクラウド同期できるアプリ『Eight』に、プレミアム版が登場した。

Eight_web_iphoneプレミアム版は、400円/月、4000円/年で、優先入力、全項目入力、CVSダウンロードが可能になる。

そもそも、Sansanのメインストリームのビジネスは企業向けの名刺管理サービス。その機能の一部を個人でも無料で使えるようにしたのがEightだったのだが、その機能の一部を個人でも有償で使えるようにしたもの。

Imgwebpremium


優先入力は、読み込まれたデータの処理が優先的に行なわれるもので、これまで無償版では2〜3日から1〜2週間かかっていた処理が優先的に行なわれるようになるというもの。

また、無償版ではある程度限られていた入力項目が全項目になる、CVSでデータをダウンロードできる……など、名刺データを仕事として有効活用したい人にはありがたい機能が追加されている。

Imgwebdownload


企業で導入、スタッフで共有するとなるとSansanになるが、個人でも高いレベルでの名刺管理が必要になる人もいるだろう。そういう人にとっては嬉しいサービスの登場だ。

Eightプレミアム
https://8card.net/premium

2015年2月14日 (土)

【速報】心に迫る光と影と、大切な主題。堤大介さんの短編映画『ダムキーパー』のiTunesでの提供が始まります!

昨年シリコンバレーを訪れた折りに、Evernote外村さんのご紹介で、ピクサーを案内して下さった堤さんの短編映画『The Dam Keeper』の、iTunesでの予約販売が始まりました!

Itunes
渡米し、ピクサーでカラースクリプト(ストーリーボードのような感じで、色や光の当て方でシーンを描いていく手法)を担当している堤大介さん。ジョブズが建築を指揮したというピクサーの社屋の中にあるこの大きな絵も堤さんが描いたモノ!

Dsc06818
(この時、ピクサーをご案内下さったのが、堤さんです)

なんといっても聖地巡礼!【シリコンバレーレポート5】
http://blog.sideriver.com/flick/2014/05/5-e3e8.html


その堤さんが、ピクサーでの立場を離れて、作った自主製作映画が『The Dam Keeper』。

大気汚染から町を守るために人知れず働くブタくんと、ブタくんの通う学校に転校してきたキツネくんの話ですが、心に迫る光と影の美しい扱い方、アニメーションとは思えないほど深みのある、まるでペインティングナイフで描いた油絵のようなテクスチャー、そして見るほどに浮かび上がってくる重要な主題。各国の短編映画の賞を総なめにした短編アニメーションです。

私は、ショートフィルムフェスティバルで上映された時に見たのですが、本当に良かったですよ。
『ダム・キーパー』を見た
http://blog.sideriver.com/flick/2014/06/damuki-pa.html

まだ、iTunesでは予約できるだけのようですが、ぜひダウンロードして、できればアップルTVなどを使って大きな画面で見て下さい。iPhoneなどの小さな画面で見るのはもったいないかな。たった300円です。必見。

『The Dam Keeper』(iTunes)
https://itunes.apple.com/us/movie/the-dam-keeper/id962374424




(ショートフィルムフェスティバルの時の予告編)

(あ、でも言語が英語のみになっているので、英語版かも。字幕とか入ってるのかな……? でも割とシンプルな映画だから、言葉が完全に分からなくてもおおよそ分かると思います)

2017年9月

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー