デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

『働くこと、学ぶこと』をめぐる生徒と先生のトークセッション iTeachers×iStudent  教育ICTプレゼンツ【更新中】 #iPadEduT

正直、今、新社会人としてオフィスで働こうとすると、キーボードが打てないとか、ワープロソフトが使えないとかでは話にならない……というか、上司や先輩は『困ったな』っていう顔をするのは間違いないだろう。

Word、Excel、メールやブラウザー、『ググる』スキルも必要とされるだろう。できることなら、プログラミングや、ウェブサイトの構築、フォトショップなども使えた方が、道が開けるだろう。

が、基本的には学校ではあんまりそういうことは教えない。それはいつ身につけるんだろう?

勉強するにしたって、デジタルデバイスの力は借りた方がいい。パソコンやタブレットを自由自在に使いこなす教育の方が効率はいいはずだ。

ただ、現実は『手でノートを取らないと覚えない』とか、『検索するんじゃなくて紙の辞書を使いなさい』と言われる。効率ばかりが学習ではないが、効率的に学習する工夫は必要だろう。タブレットで、問題集をこなしたり、Skypeでアメリカやイギリスに住むネイティブスピーカーと、直接話した方が効果的な学習ができるに違いない。

が、現実は、そうはなっていない。何が問題なのだろう。

ひとつは、『教育』というのはひとつの制度だから、硬直しがちだというのはあるだろう。誰もがタブレットやデジタルデバイスを購入できるわけではないという平等性の問題もあるだろう。もしかしたら、先生達がデジタルデバイスをうまく扱えないのかもしれない。

そんなわけで、flick!でも教育に関する問題はたびたび扱ってきたが、今日もICTの導入に努力する有志の方々の団体iTeachersの方々のイベントに取材にうかがったので、レポートしよう。

Dsc07332

なお、例によって、以下は聞き書きのメモ書きなので、厳密はレポートではないことをお断りしておく。

●印は、プログラム。その隙間にメモ書きしていく。
なるほど、今日は生徒さんの立場の人と、先生側の立場の人が交互に話すのね。

なお、以下でUstsreamさているはず
http://www.ustream.tv/channel/iteachers
twitterのハッシュタグは
#iPadEduT

●--------------------------------------------------------

●■ オープニング:
●[司会]小池 幸司 先生(教育ICTコンサルタント) / 神谷 加代 さん (ライター)

Dsc07329

【更新中】

●--------------------------------------------------------
●■ Session 01 〜 プレゼンテーション 〜
●テーマ:勉強と仕事とICT
●--------------------------------------------------------

●〇 iStudents 01
●・長谷川 加奈 さん (東京国際大学 4年)
●タイトル 「勉強と学びのスパイラルアップ!」

Dsc07333
勉強と学びの違いは何?
私の人生を変えた学びについて→ひとりでは学べない

自分でInputとOutputが出来る人になりたい。

Dsc07338
就職活動でiPadを使ったら、とても注目されて評価された。
(まだ普及していないらしい)

●--------------------------------------------------------
●〇 iTeachers 01
●・小酒井 正和 先生 (玉川大学)
●タイトル 「教育 ICT の次一手はこれ!〜IoT でつくる新しい学び〜」

Dsc07355
いわゆる、一流企業は面接を受ける時点で80%が有名大学。
『なんのために勉強するの?』
スクールカーストなどなど、小〜高校の勉強、学校社会のリセット。

アクティブラーニング。
チョロQ最強伝説。

Dsc07357
まだ見ぬ仕事を作り出すために。
学習の効率化。
ICTで効率を上げて、活用力を増やす時間が必要。
クラウドコンピューティングを使うとか、時間が必要。

Dsc07360
興味をひくためにものに影響を与える
IoT。
小坂井先生の学校の植物工場。
デバイスを作ってモニタリングしている。

Dsc07361
今時に必要なビジネスのセンス。

人生の勝者ってなんだ?
→最後まで立ってるヤツ
 常に学んで変化できる人。


●--------------------------------------------------------
●〇 iStudents 02
●・和田 泰弘 さん (デジタルハリウッド大学 2年)
●タイトル 「僕がデジハリに入り2年がたった今」

大学でWeb専攻。

Dsc07368
学長の顔写真がインパクトあって入学を決めた。

Dsc07366
授業でティーチングアシスタント。
教える側に立ってみて体験したことがあった。
質問に答えなきゃならないんで、予測して勉強するようになった。

インターンシップで学んだこと。
お金をもらって勉強する。
チームでモノを作る難しさを知れた。

これから卒業制作。

●--------------------------------------------------------
●〇 iTeachers 02
●・栗谷 幸助 先生 / 石川 大樹 さん (デジタルハリウッド)
●タイトル 「〜プログラミング教育〜 子供達の“働く”に何をもたらすべき? 何を教えるべき?」

栗谷先生は、映像を使った反転学習などが専門。

Dsc07380
山口さんは、デジハリのカリキュラム開発などの政策に携わった。

Dsc07378
プロミグラミング教育が熱い!

Dsc07374


海外はもちろん、国内でも、義務教育段階からプログラミングが推進される。

指導要領には百数十ページにわたって要領が記載されているが、実はそれについて分かっている先生がいない(理数系の先生が基本的に教えているらしい)。そもそも、専門の教育を受けている人はいない。

民間の動きとして、サイバーエージェントのスクールとかいろいろ。

なぜ、プログラミング教育が必要なのか?

プログラマー人材の不足。経済成長の種まき。プレゼン能力の向上。

Dsc07381
プログラミング学習と、その挫折(石川さんは挫折した)。

コーディングじゃなくて、プログラミングのPDCAを学ぶべきじゃないのか?

Dsc07385

Dsc07387

●--------------------------------------------------------
●〇 iStudents 03
●・渡辺 康太 さん (広尾学園中学校 3年)
●タイトル 「僕と部活とICT」

中学三年生!

僕と部活とICT。

デジタルネイティブ世界。

Dsc07390
幼稚園のころにYahoo!のメールアドレスを作って、小学生でTwitterを。

写真と、演劇部の照明、という部活にパソコンを使いこないしている。

Dsc07393
グーグルマップで下見して、RAW現像して、Googleドライブで共有。

Dsc07396
マックからLED照明をコントロール。

サイトを作ったり、動画を撮影したり。

Dsc07398

子供にとって、部活は仕事なんじゃないか?
授業はiPadで、部活はMacBook。

そして、いろんな大人に出会えたり、それが、将来の仕事につながるんじゃないか?


●--------------------------------------------------------
●〇 iTeachers 03
●・金子 暁 先生 (広尾学園中学校・高等学校)
●タイトル 「教育活動をリデザインする 〜学校×教員×生徒再定義〜」

広尾学園の金子先生。

Dsc07410
定員の1/3しか、生徒が来ない状態から教育改革で、定員を超えて受験生が来る状態に。

Dsc07404
その改革の、第2期では、ICTデバイスを増やしていっている。

Dsc07405
多様なデバイス。それぞれに最適なデバイスを使う。そして、デバイス依存にならないシステム作り。

Dsc07411


いや、広尾学園さんは本当に先進的なんですね。

Dsc07412

Dsc07413

Dsc07414

Dsc07415

Dsc07416

Dsc07417

●--------------------------------------------------------
●■ Session 02 〜 iTeachers × iStudentsトークセッション 〜
●テーマ:教育ICT 本音トーク
●パネリスト:iTeachers 3名 + iStudents 3名
●モデレーター:小池 幸司 先生(俊英館)

Dsc07423

まずは、QAを中心にしたトークセッション。

Q仕事へのイメージは+ですかーですか?

渡辺:どっちかっていうとマイナス。実際にやってみないと分からないと思いますが。
長谷川:完全に+で。働いてみたくてしょうがない。

Qもし人生がやりなおせるなら、もう一度今の仕事をやりたいか?

金子:どの職業についたとしても、最終的に今のような仕事をしているだろうな。自分のやりやすい環境を作り、自分のやりたい仕事を作っていたと思う。
栗谷:最初は流通>ウェブデザイン>今教える仕事。大学の先生って、免許があるわけじゃない。自分が経験したことの楽しさ、喜びを若い人に伝えていきたいっていう風に思ってやっている。それが先生だとしたら、やりたい。

Q自分にとってICT機器はどういう価値や意味を持つ

和田:自分を表現する場所。作ったものを出していけるし。発信できる場所、見る場所。
渡辺:扉、窓。twitterから世の中のいろんなものが見えたり、聞けたりする。ネット上のものを使って、次のステップへの手がかりを。

Q機能制限の運用に関して

小酒井:年齢にそった規制。自分の中学生を娘は、子供に自由に使わせている。ご父兄の了承を取った方が早い。先生はけっきょく親御さんからの圧力とかに影響されるし。
金子:iPadは素晴しいと思った。そっちにハマると問題が多い。中学生段階は規制が必要。高校生になると、あるていど規制をリリースしていっていいのかと思う。

Q普段、学校の先生たちはどのぐらい生徒、学生の要望を聞いてくれます。

長谷川:なんでも言うことを聞いてくれるます。それどころか、もっとなんか要望を言って欲しいと思ってらっしゃるんじゃないかと思います。
和田:デジハリは要望にはすごい応えてくれる。

Qそうしてそんなに表情豊かにしゃべれるのですか?

栗谷:研究している。音声だけのとかみて。
小酒井:営業用です。普段は無表情。こわい。先生を演じてる部分はありますよね。芸人さんみたいにエンターテイメントな部分はある。
小池:話したりとか得意じゃないので、そのへんは勉強しなきゃっていう部分もありますよね。

Q ICT導入にあたり苦労したところは?
金子:先生が生徒役になって模擬授業をしたけど、はちゃめちゃになった。「消えちゃった」とか「分からない」とか。でも、生徒たちは、全然すんなり使ったから、先生が別に先に使えるようになっているハズはない。

Q 先生と、生徒、保護者間のLINEやSNSのやりとりを禁止する自治体が出てますが、どう思いますか?

和田:ひいきされている人が出るっていうような話があるけど、それもその人の才能。禁止したって解決しない。
渡辺:細かく話ができるし、あった方がいいと思う。オフィシャルなコミュニケーションプラットフォームがあればいい。

Q教員と学生のオンラインのコミュニケーションプラットフォームについて。どういう方法を使っているか?

汎用のSNS(Facebookとか)を使うのって難しいと思う。違うところで展開した方が、頭の切り替えとか、接し方とか、区別がついていい。LINEとか、Facebookは使わない。(ゼミはLINEを使ったりするけど)。

最後に感想
長谷川:去年見てる側だったのが出るのに、ワクワクと不安があったのですが、出られて楽しかった。
和田:先生方がこういう集りをしてくれるのはありがたいなって思う。今後は自分の得た技術をどれだけ発揮できるかを今年は発揮したいなと。
渡辺:金子先生の今後の計画を聞いて、これから楽しみだな……って思いました。
小酒井:毎年、プレゼン上手くしようと思ったのですが、弟子が上手て困った。他のみんなも上手だった。私は専門が学者で、ICTをもっと普及させていきたい。
栗谷:さまざまな事例を知りたくて、さまざまな効果が知りたくて、そういうことをiTeacherという場で協力できればと思っている。
金子:テーマを忘れててプレゼンを作ってて、即座に方向転換をした渡辺君という世代と、方向を変えようともしない世代。今後は、学校単位のことを突き抜けて、日本の学校のICTを考えていきたい。

2015年1月30日 (金)

【Ingress】新メダルTranslator登場、Ingressメディア芸術祭展示

Ingressに興味ない方もいらっしゃるだろうし、あんまりIngressネタもなぁ……なんて思っていたのですが、ニュースがいくつかあるのでまとめて。

(ついに、Ingressタグを作ってしまった……過去のエントリーに関しては週末にでも反映いたしまする)

まず、今朝、新メダル『Translator』がアンロックされました。

Ingress_report__translator__bucketl
グリフハックに成功するとポイントをもらえます。

1グリフハック        : 1ポイント
2グリフハック        : 2ポイント
3グリフハック        : 4ポイント
4グリフハック        : 8ポイント
5グリフハック        : 15ポイント

で、ポイントによってメダルがもらえます。

ブロンズ    200
シルバー    2,000
ゴールド    6,000
プラチナ    20,000
オニキス    50,000

私はグリフハックが得意ではありませんが、それでも通勤途中だけで、117まで行きましたから(ちゃんと取れる人なら200は越えてると思います(笑))、1日グリフハックしてればゴールドは不可能ではないんじゃないでしょうか?(今日の夜には、『Translatorのゴールドゲット!』って声が聞けそうな気がしますw プラチナに行く人はいるか……?)

先日の3メダル追加も含め、レベルアップはどんどんしやすくなっていくようです。それに対する批判的な声もあるでしょうけれど、基本的にはA8以上の強さは同じなわけで、インフレしたってゲームバランスは変わらないわけです。また、3メダル追加の時にジョン・ハンケさんも「初期のころはGuardianも、Seerも取りやすかったので、取りにくくなった分バランスを取る必要がある」とおっしゃっていたので、そういう理由もあるのでしょう。




実際に、ちょっとやってみると。
・マルボロとかパンツとか言ってる場合じゃない。(私は言ってる)
・5 Glyphで失敗するより、4 Glyph。(という状態じゃ、アカン)
・片っ端からグリフハックするので、時間はかかる。
・レベルの低いのもグリフハックするようになる。
・グリフ真剣度合が増す。
・結果、インベントリは急速にいっぱいになる。
・結果、闘争は激化する(ような気がする)

いずれにしても、ちゃんと覚えないといけないようです。
ちゃんと英文にして覚えよう……。

http://culage.github.io/IngressInfo/glyph.html
https://gist.github.com/akiraak/b7c112e46b79dacfabf1
(@inuroさんの投稿より)

さて、もうひとつニュース。

Ingressが第18回メディア芸術祭エンターテイメント部門で、大賞を受賞したことはご存じだとは思いますが、その件に関して、2015年2月4日(水)から2月15日(日)まで、国立新美術館で展示されるそうです。

メディアアーティストの真鍋大度氏が協力し、三面プロジェクションを使ってIngressの世界観を表現したインタラクティブ作品を展示するそうです。

Image001png01d03c7095fa31b0
(こんな画像が送られてきたんだけど、どんな展示なんだ……?(楽しみ) これ、ハチ公ですよねw)

会期:    平成27年2月4日(水)~2月15日(日)
会場:    国立新美術館 ※2月10日(火)休館
            10:00~18:00 (金曜は20:00 まで)※入場は閉館の30 分前まで。
 


最後に、これはだいぶ前からそうなのかもしれませんが、ウェブサイトのビギナー向けのヘルプが日本語化されております。初心者の方はぜひ。あまり知られてないような気がするので。

Ingress_

2015年1月29日 (木)

アップルストアイベント『iPhone、iPad、Macで完結させる、これからの確定申告』に来ています【更新終了】

我々が仕事をお願いする、フリーランスのカメラマンやライターさん、イラストレーターさん含め、フリーランスの人って、Macを使っている人が多いのですが、従来、会計ソフトって、Mac系のアプリは弱かった……っていうか、なかったんですよね。

だから、そのためだけにWindowsを使ったり、BootCampやParallelsを使ったり……っていう破目になる人が多かった。それが、ようやくMacでできるようになります。

Dsc07302
というわけで、今日、アップルストアで登壇されたのは、弥生会計の代表取締役・岡本浩一郎さんマネーツリーのCEO・ポールチャップマンさん、ScanSnapの山口篤さん、そして、ユーザー代表として、ファッション関係のフリーランスのライターさんの市川渚さんが登壇。

Dsc07284
司会は、テクノロジージャーナリストの大谷和利さん。

Dsc07265
弥生会計はご存じのように、確定申告をするためのソフトウェアの超定番。これは最近、クラウド版が発表され、Macでも使えるようになりました。

Dsc07289
MoneyTreeはiPhone、iPadで動作する出納管理ソフト。

Dsc07273
その弥生スマートコネクトとマネーツリーが、今日から連係します! 一度、設定すると、自動的に同期するそうです。

さらに!

Dsc07266
来春にはスキャンスナップとも連係するそうです!

Dsc07299


平成27年の税制改革で、領収書の電子保存が規制緩和されるということで、スキャンスナップを機転とした確定申告が一気に可能になりそうです。

Dsc07307
まだまだ、細部はこれからっていう部分もありそうですが、注目しておきたい分野です。

Dsc07308

【更新終了】

2015年1月28日 (水)

iOS8.1.3と OS X Yosemite 10.10.2がリリースされました

iOS 8とYosemiteではいろいろチャレンジが多かったせいか、不具合も多かったですが、ここらあたりで、そろそろ安定性が向上するのではないかと期待します。

というわけで、iOS8.1.3と OS X Yosemite 10.10.2が同時にリリースされました。

Skitch_

Skitch__2
統一学力テストって何?

_2015_01_28_9_57_2

いろいろ書かれてますが、安定性が増すかもしれないのが一番楽しみ。私のお知り合いかいわいでは、いまのところ、アップデートして『トラブったー!』って話は聞きませんが、慎重派の人は、我々がアップデートした結果を聞いてからでも遅いはないかも。また、アップデートしてご報告します。

2015年1月27日 (火)

日本のMakeはどこに向かうのか?【DMM.make AKIBAで取材しました】

ツブヤ大学さんの、イベント『日本のMakeはどこに向かうのか?』の取材で、DMM.make AKIBAにお邪魔してます。

Dsc07139
登壇されている方が、超豪華で、3Dプリンターでおなじみケイズデザインラボの原雄司さん、角川アスキー総合研究所の遠藤諭さん、DMM.make AKIBA支配人の吉田賢造さん、15万円のiPhoneケースでおなじみDAQの後藤鉄兵さん、芸術ユニット明和電気の土佐信道さん、ABBALabの小笠原治さん。

Dsc07181

Dsc07188
そして、司会は、銀河ライター主宰(元『広告批評』)の河尻亨一さん。

Dsc07171
現在の日本のmekerムーブメントについて、DMM.makeという場の人、もともとモノを作ってる人、それをレポートしている人、出資してる人……といういろんな立場の人が話をされるという面白いイベントです。

Dsc07147


※以下、聞き書き走り書きなので厳密には合ってないかもしれませんが。いい話がいっぱいあったのでメモ。


『CESで見てたんだけど、プレイヤーが変わりつつある。CESでは大メーカーはサポート側に回って、個人や小企業がモノを作るようになってきている』(原)

『アメリカの方はもう、プレイヤーが変わり始めていて……ちょっと言い方はどうかと思うけどバブルってる。日本ままだまだ、これからだけれど、こういう場所を作って、どういう風に変わって行くのか見させてもらっている』(小笠原)

『今、バブルなんだったら、これからどうなるのか。そこは経営によって変わってしまう。』(遠藤)

『バブってるから行くんっていうより、なんかやってたらそういう雰囲気を出してくれたはるから、それは乗らなアカンと思って』(後藤)

『IEEEに呼ばれて明和電気をプレゼンしてくれっていわれて、一人でライブできるキットを持って行って、明和電気の社歌を歌ったんですが、受けましたが、場違い感はありました』
『MakeはMakeする技術がなくても作れるようになったってところが意味があるんじゃないかと。』
『プラスチックを自分がコントロールできるようになるとは思わなかったんですよ(シリコンで造形するか、金型を作るかしかなかった)。むかしはプロフェッショナルしか触れなかった』(明和)

『設計から、造形から、ぜんぶできるようになる、昔で言うシンガーソングライターみたいな人がこれから生まれてくる』(小笠原)

『これから進歩するのは素材。今の家庭で、今の精度で加工して作って受け入れられるのはセラミックかと。今の子供に合ったサイズの皿とか作れる』(小笠原)

『すぐ作れるというのがすごい。これはもう、東スポなんです』(明和)

『make、3Dプリンターはマスプロじゃない。オタマトーンは13万個売れたけれど、これを3Dプリンターで作ったらもうからないんですよね』(明和)

『でも、ハイブリッドっていうのはある。私は金型擁護派ですが』(原)

『なんで、日本やらないかっていうと製造者責任っていうのがあるんですよ。ハズブロ社、オモチャと3Dプリンターでやってますよね。オプションは3Dでっていうのはありですよね。でも、日本のメーカーは難しい。法規制とかそういうところってあると思います。』(原)

『人間が使うインターネットって、今の2倍ぐらい。あと40億もあればいい。でも、世の中のいろんな事象とか、そういうことを活用するための人工知能の進化……』(小笠原)

『industry 4.0って、全部にIPがあって、非常に効率的な工業生産っていうのがありますよね。それはまたMakeとどう関係するのかなって。Make以上に僕は驚異というか気になってます。』(原)

『デジタルファブリケーションがみんなの手に……という現在の状態は、20年前のインターネットの状態に似てると思うんですよね。プロトタイピング、β版の公開とかしながら、作業を進めて行くっていう。』(小笠原)


『インターネットって、ひと段落したと思うんですよ。強烈な時代の変わり目に来ているというのは知らないといけない。すべてのものにネットが繋がりうる技術が揃った(それがIoT)。そうなると、まったく世界が変わって行くし、これからそういう世界を設計するっていう。つまり、クラークの第3法則、もはや魔法の世界なんですよ。魔法の時代を設計するって、すごいことですよ。そういったことが、ちゃんと顕在化して言われてない。』(遠藤)

『インターネットが約20周年で、それがひととおり、一回りして、もう一度考えなけりゃならないという時代に来ている』(河尻)

========いったん終了========

『魔法に飽きてきている自分がいる。魔法の世界。芸術家って自分の中を見つめる職業だと思うんですけど、それと違う世界に来てる。』(明和)

『過去を見るとすごいいいんじゃないかと。』(河尻)

『歴史は繰り返すんだけど、テクノロジーだけは進化しかしない。そういうヤバいものではある』(遠藤)

『進歩と進化は違いますよね。テクノロジーは進歩しますよね。進化は弱いものが、大きな変化によって成り代わる。まったく違う体系のものが』(小笠原)

『ぼくは『いいんじゃね?』って思うんですよ。文明を否定しだすときりがないし』(後藤)

『さくらインターネット作って、苦労して支えてきた僕ですけど、インターネットの進化が、どうでもいいっていう方にも来てる(部分もある)。それで、IoTの方に来たっていうのはある』(小笠原)




【更新終了】

2015年1月26日 (月)

『iPhoneユーザーにMacBook Airをすすめる10の理由』明日発売!

『iPhoneユーザーにMacBook Airをすすめる10の理由』が明日1月27日に、全国の書店コンビニで発売されます。A4サイズ112ページ、630円+税です。

Dsc07102
タイトル通り、iPhoneやiPadを使っていて、『Mac買おうっかな?』と思っている人のための本です。

Dsc07104
Mac、特にMacBook Airの13インチをお勧めする理由を、大きく10項目にわけて、説明しております。

Dsc07105
どのMacをどんな仕様で買えばいいかも書いてます。

Dsc07106
すでに、Macを買っちゃった人の体験談も。

Dsc07107
買ったばっかりのMacをどうやったら、使いこなせるかも。

Dsc07108
アプリに関しては、プリインストールのアプリと、誰もが使うべきEvernoteなどのアプリと、Macならではの性能を発揮する専門的なアプリに分けて解説しております!

Windowsから乗換えようっていう人も安心。

Dsc07109
Windowsからの乗り換え方、作法の違いもていねいに解説しています。ハマりがちな落とし穴も、事前に知ってれば大丈夫。

もし、どうしてもWindowsが必要な人のために、Parallels Desktop 10をご紹介。これさえあれば、併用もできるし、MacをWindowsパソコンとして使うこともできます。前持ってたWindows環境をそのまま移動して、Mac上で使う事さえ。

Dsc07111
こうかくとMacが初心者用のパソコンに見えるかもしれません……というわけで、本気にフルパフォーマンスを発揮されているプロフェッショナルのお話も。

Dsc07110

もちろん、どこで買えばいいかもご紹介。

Dsc07112

弊誌お勧めは、増えつつあるAPR(アップル・プレミアム・リセラー)さんです!

Dsc07113

というわけで、明日、27日発売の『iPhoneユーザーにMacBook Airをすすめる10の理由』全国の書店コンビニで。

もちろん、Amazonさんほか、ウェブストアでも販売されています!


よろしくお願いします!

2015年1月25日 (日)

締切と受験生に、DysonのファンヒーターAM09 #dyson #netatmo

締切仕事や、受験勉強なんかで、ストーブ付けてやってると、猛烈な眠気に襲われませんか? あれって、実はCo2、二酸化炭素が過剰というか、酸素不足なんです。

私も締切の仕事を持ち帰って、家ですることがあるのですが、夜中に起きてるのは僕だけ。エアコンで部屋中あたためるのも大げさだし、普段は石油ファンヒーターなんですけど、あれって本当に眠くなります。

そんなわけで、dysonさんからお借りして試用させてもらいました。正確には、ファンヒーター、dyson hot + cool AM09 。あの羽根のない扇風機の暖房も使えるタイプです。

Dsc07070
ウチは、いつも石油ファンヒーターを使っているのですが、netatmoで見てみるとこんな感じ。普段は400〜500ppm、締め切って人がいるぐらいで1000〜1500ppmのCo2が、なんと計測不能な5,000ppmぐらいまで立ち上っています。

Img_3110
まぁ、なんちゅうか危険なレベルです。換気しましょう。でも、計測してみたら、マジでみなさんのご家庭もこんなかもしれません。ぜひnetatmoで計測してみて下さい。

AM05は、温度設定はできるし、首振りも可能だし、さらにワイドに風を出して部屋全体を暖めることもできるし、ナローな風にして、自分だけを暖めることもできます。また、夏には普通の扇風機としても使えます。

Dsc07054
使ってみてのインプレッションとしては、ナローにして寒い夜の締切仕事や、受験勉強なんかの時に使うのがいちばんしっくりと来ます。身体だけ温めて、頭はクールに。基本的には電熱器なので、部屋全体を暖める常用暖房として使うには、ちょっと電気代が心配かも。

Dsc07056
(ちなみに、羽根なしで風が出るリクツはこちら

受験生のいるご家庭の方や夜なべ仕事の方、ちょっとお高いと思うかもしれませんが、頭スッキリで暖かく勉強&お仕事できて、成果が上がるなら安いものかもしれませんよ。




ただいま、我々のブログの読者さん向けにDysonさんが、羽根のない扇風機の温風も出るバージョンホット&クール『AM09(同6万3504円)』、小型のコードレス掃除機『DC61モーターヘッド(オンラインストア価格4万937円)』、それのロングバージョンで、かつ新型のヘッドが 付いた『DC74(同8万784円)』、の3種類を各5台、プレゼントとしてご協賛下さっています(ただし、撮影やモニターに使った機材ということなので、開封済みのものの含まれ、かならずしも新品のものとは限りません)。

応募要項はこちら。
https://secure-ss.gsj.bz/campaign/enquetes/index/dyson_blogger_2015

2015年1月23日 (金)

『iPhoneユーザーにMacBook Airをすすめる10の理由』が会社に納品されました

発売は、27日火曜日なんで、また週が明けたら詳しくお話しますが、年末からせっせと作っておりました『iPhoneユーザーにMacBook Airをすすめる10の理由』が会社に納品されました!

Dsc07076_2
iPhoneや、iPadを使ってて、MacBook Airに興味出てきたな……って方、にお勧めです。

だって、なんだってできて、薄くて、カッコいいのに、10万円しないんですよ?

というわけで、この本のお値段も相当頑張ってて、A4112ページで、630円+税です。全国の書店、コンビニで27日火曜日から発売です。……今回コンビニにもけっこう入ってるるので、都市部の方(そうはいっても、地方のコンビニまでは行ってない気がする)はコンビニも要チェックです。

Amazonさんでは、予約受付が始ってますね!



お楽しみにっ!

2015年1月21日 (水)

フリック!にジョンハンケさんロングインタビュー載ってます!【Ingress】

現在発売中のフリック! 巻頭特集はバッテリーですが、Darsanaレポート4ページ、ジョンハンケさん、ロングインタービュー8ページも掲載しております。

Img_3115
Darsanaのレポートはウェブで克明にお届けしましたが、フリック!の記事では、あらためて総括してまとめております。

Img_3116
ジョンハンケさんのインタビューはこんな感じで、ひたすら文字文字です。

1時間の間に話したことを、ほとんど全部文字にしました。

『ノートパソコンから、携帯電話、スマートフォンへと移行して次は何なのか? たとえば、ウェアラブルコンピューティングがあって、その次はどうなるのか?』(イングレスを作った理由の話の中で)

『ウェアラブルのことをよく理解して、どんなアプリケーションが本当に役に立つかを理解し、その分野においてグーグルがリーダーになるための方法を考えています。』
編:では、グーグルグラスでもプレイできるようになるのですか?
『我々は現在IngressとアンドロイドウェアのAPIを統合するという開発の取り組みをしてます。つまり、あなたの質問に対する答えは……』

編:最初から8本のレゾネーターなど、複雑な仕組みは決まっていた?
『最初のプロトタイプは、サンフランシスコの地図を使って、紙の上に作りました。大きなフォームボードにマップを貼ってね』

『フランスのプレイヤーが9000フィートの山の頂上にポータルを作ったのもすごいと思いますし、南極にもポータルがあります』
編:北極にもあるのですか?
『知りません(笑)あるとすれば、サンタクロースがオーナーなんじゃないですかね(笑)』

編:……そのあたりは意識されていたのですか? たとえば、ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)とか。
『それはすごく興味深いですね。実は、私もそうなんです。私もD&Dをプレイしていました。マニュアルを読んで、グラフペーパーで地図を作って楽しんでました。2012年に、Ingressの最初のAnomalyを開催したのは、テキサス州のオースティンと、ウィスコンシン州のレイクジェネヴァでした。実は、レイクジェネヴァは、RPGの父であるゲイリー・ガイギャックスがダンジョンズ&ドラゴンズを産み出した街であり……』

……ってな具合で、延々と会話してます。ほとんど、私の趣味でもありますが。

興味ある方は、ぜひフリック!で全文お楽しみ下さい♪

Photo
配信はこちらから。

Amazon Kindleこちら。







2015年1月16日 (金)

かなりお得なモニタープレゼントのご案内【 #dyson 】

我々が取材でいつもお世話になっているダイソンさんより、モニタープレゼントのご案内です。

Photo
上記3機種を、各5台。モニタープレゼントにご提供下さるそうです。

応募要項はこちら。
https://secure-ss.gsj.bz/campaign/enquetes/index/dyson_blogger_2015

商品は小型のコードレス掃除機『DC61モーターヘッド(オンラインストア価格4万937円)』、それのロングバージョンで、かつ新型のヘッドが付いた『DC74(同8万784円)』、羽根のない扇風機の温風も出るバージョンホット&クール『AM09(同6万3504円)』の3種類です。

ただし、撮影やモニターに使った機材ということなので、開封済みのものの含まれ、かならずしも新品のものとは限りません。ということで、内々の我々ブロガー向けの案内となっているので、おおっぴらに広告などでうたうプレゼントではないので、一般のプレゼントキャンペーンより、かなり当然可能性が高いんじゃないかと思います。面倒な長いアンケートもないので(短いのはあります)正直言って、絶対応募しておいた方がいいと思います。

当選された方はブログなどでレポートしてくれるとうれしいとのことですが、絶対条件ではありません。別にブログやってない人でも応募できます。その場合は、使った感想をまわりの人に伝えたり、Facebookに書いたりするといいんじゃないでしょうか。

DC61は家の掃除や、クルマの掃除、そして布団の掃除に最強ですし(いろんなヘッドが入ってます)、DC74はマンションの掃除だと最強です。ウチみたいに狭い家だとデカイ掃除機がいらなくなるレベルです。AM09は個人用の扇風機&ヒーターとしては最強。ということで、ブログ読者の方々向けの、絶対応募しておいた方がいいモニタープレゼントのご案内でした。

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー