デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« Intel Map機能追加来た!【#Ingress】 | メイン | 今度は登戸(川崎市)のレストランでサービス【Ingress】 »

2014年12月18日 (木)

横須賀市が、観光施策としてIngressを大プッシュ!【東京湾の無人島がIngressのステージに!】

GoogleのNiantic Labsが作る、世界をまたにかけたスマホで行なう陣取りゲームIngress

これまで、アウトドアで、実際に街を歩き、人と会うように設計されたこのゲームだが、最近、ローソンAXAダイレクトとの連係を発表したり、東京で5000人以上が集ったビッグイベント『Darsana』を開催したりと動きが激しい。

『実際に、その土地を訪れる必要がある』『熟達するとより楽しいが、始めたばかりでもスタンプラリーのように楽しめる』など、地域観光の振興にも役立つのではないかと注目されており、実際にこの春には石巻で地域に根ざしたイベントが開催されたりしている。

そんな中、このたび、横須賀市経済部商業観光課が、イングレスを中心に据えた観光施策を打ち出し、ウェブサイトを公開した。

目玉となるのは、『東京湾の無人島』として知られる『猿島』への渡航の割引。その他にもルート紹介が設けられるなど、凝ったウェブサイトとなっている(こちら)。

Strategy_base_for_ingress_in_yokosu
詳細ご覧いただければ分るのだが、『「猿島」においてXMが不安定になっており』とか、『世界で一番負荷のかかるといわれているエリア“PA01-ALPHA-12”のランキングも狙いやすい場所です』などと、異常にディープな内容となっており(Ingress的に言えばXMに脳を侵食された内容(笑))、横須賀市経済部商業観光課の本気度がうかがえる。

よくある『聖地巡礼的施策が人が集るらしいよ』といって始めたようなハンパな企画でなく、観光課の人が本気でIngressを楽しんでいるように思える。こうでないと、こういう施策は面白くはならない。ちなみに、編集部によると少なくとも3人以上の『エージェント』が観光課に潜入しているようである(笑)

モデルルートの紹介も、本気度が高くよく作り込まれたもの。

Strategy_base_for_ingress_in_yoko_2

Strategy_base_for_ingress_in_yoko_3
これは、この冬は『横須賀でIngress』がキーワードになりそうだし、『Ingressで行政が観光振興を図る』というムーブメントが起こりそうだ。

とりあえず、12月25日、平日は渡れない猿島にチャーター便が出て、Ingressプレイヤーだけが猿島を楽しめるブロガー向けイベントがあるそうだ。行きたい!

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー