デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« cheero Power Plus 3 本日17:00から8000台【緊急トピック】 | メイン | Ingress史上最大の戦い【Darsana Tokyo】レポート01 »

2014年12月12日 (金)

ジョン・ハンケ氏、川島優志氏、単独インタビュー!【Ingress『Darsana』イベント直前!】

Darsanaイベント(12月13日)直前! ということで、来日してらっしゃったジョン・ハンケ氏(Google Earthを、そしてIngressを作った人)と川島優志氏にお会いして、単独でインタビューをさせていただいてきました!

Dsc06105
1時間にわたって、単独で、詳細にお話をうかがったので、これは非常に重要な情報が含まれています……おそらく一字一句みなさん逃したくないと思うので、全体はちゃんと書き起こして、次号1月10日配信のフリック!の原稿として、準備したいと思います。

Ingressのマネタイズの話、原初のIngressはどんなものだったか? 都会でも地方でも楽しめるのは何故なのか? 各国で宗教的な問題は起こらなかったのか? レベル8で成長が止るのは何故なのか? D&DなどのTRPGなどの(元?)プレイヤーが多いような気がするのだが意識はしているのか?(これは、とっても意外な回答が返ってきましたw)。Ingrssのストーリーが終わるってどういうことのか? など非常に興味深い話が聞けました。

で、ここでは取り急ぎ、近々のビッグトピックを。

詳細については、まだお話できないことになっていますが、来週ぐらいに若干また仕様変更があります。おそらく公式には明日のイベントのパーティで発表されるとは思いますが。絶対に聞き逃さないように。

ひとつはメダルに関しての仕様変更。新しいメダルがいくつか追加されるようです。それぞれいろんなタイプのユーザーに受け入れられそうなメダルです。地方の人にも喜ばれそうなタイプのメダルもあります。

今ひとつは、Intelマップについて仕様変更があるようです。これも、ある種の人にとって、とっても便利になると思います。

許可をいただいたら、このblogでも書きますね。もう言いたくて口が張り裂けそうですw その他にも、明日のDarsanaのパーティではアッチ方面や、コッチ方面からいろいろ発表がありそうで、とってもとっても楽しみにしておいていいと思います。

上の写真のDarsanaのカードはおそらく明日のイベントで配られるものなのでしょうか? 最後にお土産にもらいました。裏面にコードがあるので、それを入力すると、Darsana参加メダルになるのかな?(1時間少々、あまりの勢いでいろいろ質問をしていて、そんな眼の前のことさえ聞く余裕がなかった(笑))

最後にジョン・ハンケ氏から明日のDarsana参加者のみなさんへのメッセージを!

「東京の美しいサイトをみなさんと一緒に体験できることを、とっても楽しみにしています。ぜひ、1日中、東京の美しい風景や建築物を楽しみ、お互いの友情をはぐくみながら楽しんでいただけたらと思います。

あと、最初に必ずアフターパーティーの登録をするようにして下さい。Darsanaの前のスタンプを捺してもらっておいて下さい。そうすればバーティに参加できます。というのは最後の方まで待ってしまうと、パーティのスペースがないかもしれませんので。おそらく5000〜6000人の方がいらっしゃるんじゃないかと予想しています。Ingrssのイベントとしては過去最高の人数の方が参加するイベントです。」

Dsc06100
↑我々のIngress世界の創造主、ジョン・ハンケさん(中央)と、Niantic Labsで一緒にIngressを作る川島優志さん(右)。お会いしてワクワクし過ぎて顔面が崩壊している私(左)。興奮して「あなたは我々の世界(Ingress)の神です!」とか口走っていた気がしますw

とりあえず、最新のIngressを特集したフリック!デジタル1月号は、こちらから!(今回のinterview記事掲載の2月号は1月10日発売です)。

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー