デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« Moff来た〜! #moffband | メイン | エプソンから新活動量計とWristable GPSの新型登場! »

2014年10月 1日 (水)

iPhone 6 Plusがデカイ。そこで、カバンの中運用を考える

案の定。iPhone 6 Plusがデカイです。

もともと、これまではパンツのお尻のポケットに入れてきたのですが、ちょっと無理があります。かといって、この使い心地を知ったら、小さな画面の端末に戻りたいとも思いません。

そこで、いろいろ考えてきました。

やっぱり、iPhone 6 Plusは落っことしそう(笑)【iPhoneの持ち方に関する考察】

では、ストラップと、その長さについて。

iPhone 6 Plusを買っちゃった人が、Ingressをするいくつかの方法

では、テザリングでIngressをする方法について考えてみました。

Dsc03145
やっぱり、方向性としては6 Plusはバッグに入れるような方向になりそうです。そして、チョコッと使う時にはテザリングで5sからアクセスすると。少なくともIngressをする場合はそうやってするしかありません。

Dsc03146
iPhone 6は iOS 8のiCloudのcotinuietyの機能で、通知を連携できますし、他の端末で電話に出ることができます。つまり、iPhoneにかかってきた電話をiPadで受けるような運用が可能です。

ただし、これは、同一のWi-Fi環境下にいたら……という条件付きなので、屋外でそういう運用をするには、別途モバイルWi-Fiルーターを稼働させる必要があります。

201410013_2
こうすると、たしかに、バッグの中のiPhone 6 Plusにかかってきた電話を、SIMを抜いた古いiPhone 5sで受けることができます。

数日、この運用をやってみましたが、iPhone 6 Plus、iPhone 5s、モバイルWi-Fiルーターの3台の電源を気にせねばならず、面倒です(あたり前)

ちなみに、6 PlusのテザリングでiPhone 5sで電話を取れたりしたらいいな……と思ったのですが、テザリングではiCloud Continuityは動作しませんでした。残念。

そこで、最近はこうやって使ってます。

201410014_2
これで、iPhone 6 Plusをバッグの中に入れっぱなしにできます。

メッセージや、電話の通知は腕のPebbleに来ます。通話は耳につけてるヘッドセット( Jabra STORM)で。そして、移動中などに、ちょっとFacebookを見たり、電車の乗り継ぎを調べたりはiPhone 5sでという運用が完成します。



「じゃあ、iPhone 5s使えばいいんじゃない?」という意見は、あらかじめ却下しておきます(笑)

おそらく、このPebble、Jabra STORM、iPhone 5sの役割を、Apple Watchが果たしてくれるようになるのでしょうね。








コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー