デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« Timが伝家の宝刀!『One More Thing !』 WATCH | メイン | Apple Watchのある世界は、これまでとまったく違う【Apple Watchとは何か?】 »

2014年9月10日 (水)

5分で分かる、Apple Watch & iPhone 6【通勤時用】

すごいイベントでした。ここのところのアップルは新鮮じゃないなんていう話を全部吹き飛ばすような、怒濤の発表会でした。

登場した製品は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、そして、Apple Watch(iWatchではありませんでした)、そして、最後にU2の最新アルバムを5億人(!)に無料プレゼント

20140910_32729_2
Apple Watchは腕にあるべきものを完全に再定義してくれました。

つまり、iPhoneの通知を簡単に受けるもの、腕で必要とされる情報を表示するもの、多少のレスポンスを返せるもの、ジャイロの他、腕から取れる心拍などの情報を取れるセンサー、必要とあれば通話もSiriも。そして何より完全にファッショナブル。

Apple__apple_watch__
同じiPhoneをみんなが持っているみたいに、同じ腕時計をみんながするのはイヤだなぁと持っていたら、本体は大きくわけて3種類、色もいろいろ、ベルトもいろいろでトータル22種類、さらに42mmケースと、38mmケースの2種類があって、合計44種類のバリエーション。これなら欲しいデザインが見つかりそう。

Apple__apple_watch___2
本体はどうやら、iPhoneの子機として動作するようです。LTE回線は持たずにiPhoneと(多分Bluetooth、もしかしたらWi-Fiで)やりとりして動作する模様。

操作は横に備えられたリュウズと、感圧式のディスプレイで操作するようです。感圧式のディスプレイは、細かい操作を許容するようで、力を抜いて細かい操作するのと、ベタっと大きな力を加えて押すので違う操作をできるようです。

裏面には可視光と赤外線のセンサーを備えていて、心拍なども取れるらしい。

Apple__apple_watch___3

ちょっとした振動とか、液晶の小さな表示でコミュニケーションするためのさまざまな方式が確立されているのもすごいと思った。買ってぜひ試してみたい!

Apple__apple_watch___3_2

心拍が、他の人(恋人とか、夫婦とか?)に伝わるって、アップルはどんだけロマンチストなんだ!w

ともあれ、来年の発売で、実際に手にできるのはもうちょっと先っぽい。価格は349ドル〜。

iPhoneはiPhone 6、iPhone 6 Plusの2台。

Apple__iphone_6
これはもうウサワされてたほぼ通りだけど、5.5インチは1920×1080の401ppi(アップル史上最高!?)と、ほぼ昔のシネマディスプレイ並みのpixel数に。重量は172g。4.7インチは、1334×750ピクセル、326ppi(これは従来のiPhoneと同じ)。

A8コアに、M8モーションコアプロセッサーを用意。

完全に新しい1.5μpixelの800万画素カメラ。Focus Pixelを使ったAF。f2.2の開口部、240fpsまでのスローモーションビデオ(従来の倍)。

6 Plusには光学式手ブレ補正まで搭載。

iPhoneも、Apple WatchもNFCを搭載しており、Apple Payという新しい支払い方式に対応しているけど……これは、日本ではまだ使えなさそうな雲行き。

三井カメラマンが、ハンズオンに行っているハズなので、実際に触ったレポートをくれるハズです。今しばらくお待ちを!

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー