デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 明日、明後日は、EVERNOTE DAYS! @お台場、日本科学未来館 | メイン | EVERNOTE DAYS 2014 TOKYO 2日目 #EvernoteDays »

2014年7月11日 (金)

EVERNOTE DAYS 2014 TOKYO 1日目 #EvernoteDays

台風を吹き飛ばして、Evernote Days 2014 Tokyo 開幕です!

『記憶の未来』
をテーマに、さまざまなセッションが今日と明日の2日間開催されます。

とりあえず、今日1日は
このエントリーで継続して更新しますね!

さて、場所はお台場の未来科学館。

Dsc09645
ここ数日、ネットでも話題のトイレの博覧会をやっているところですね。
子供には大人気間違いなしです(笑)。

Dsc09646
会場はここの7階です。

Dsc09649
メイン会場はここの7階の未来館ホール。
ここで行われるセッションは有償で事前のチケットが必要になるようです。

Dsc09653
いよいよ開幕!

Dsc09663
カッコいいオープニングムービーが流れて、Evernote JAPANのGM、カッコいい井上健さん登場です。

Dsc09667
日本のEvernoteとしては、過去最大のイベントだけに、非常に緊張して今日を迎えられたようです。とりわけ、天気、台風のことは心配されたようで、昨夜は眠れなかったとのこと。

しかし、みんなの想いが届いて、台風一過の見事な快晴!

続いて、基調講演。
レオス・キャピタルワークスのCIO、藤野英人さんが登場です。

Dsc09686


テーマは、
『投資家が語る記憶の未来
 “Memory is Money?”』

ま、私なんかは投資とかは全然関係ない儲からない世界に生きてるんですが
投資ってどんなものなのか、非常に分かりやすく解説して下さいました。

株価ってギャンブルみたいに思っている人がいるかもしれません。でも、ウォーレン・バフェットさんとか、ずっと巨額の資金を運用して、ずっと確実に利益を上げ続けている人がいるわけですよ。それは、まぐれなのか? っていうと、そんなことはないと。

Dsc09688
基本的には、なんか分析の手法があるんだそうです。

Dsc09689
動きをずっと解析していくか、それともその会社のことを解析していくか?

そんな中、藤野さんの考え方としては、長期的には利益と株価は一致すると考えてらっしゃるそうです。

Dsc09692

会社を理解し、その利益が上がるかどうかを判断する。そういう投資の手法なのだそうです。たとえば深く理解する。投資する人が高学歴で洗練された人が多いから、そうでないところに見落としがあるとか、いろいろよく見て、社長さんにもあって、投資する会社を決める。そうでないところにもかならず投資する。

Dsc09699_2
人と合う、データを集める、人もデータも集めるけど、どちらも時々、嘘をつく。そんな中で確からしさを求めていくのだそうだ。

Dsc09710_2

Dsc09711_2

Dsc09712_2

Dsc09713_2
という結論でした。

やばい! 起こっている出来事に、全然レポートが追いつかない(笑)駆け足でいきます。

お昼には『シリコンバレーで大人気!! 『お〜いお茶』とIT企業が作る未来』と題して、伊藤園の角野賢一さんが、いかにして、シリコンバレーに浸透したかのお話を。

Dsc09726
もちろん、きっかけは、Evernoteだったのですが、ノンシュガーの伊藤園のお茶。アメリカにあった甘いお茶じゃなくて、ノンシュガーがIT系の企業に受け入れられた。なんと、グーグルなどでは月に数千箱が売れるらしい。

Dsc09736
さて、イノベーションホールでは、PFUの山口さんがスキャンスナップについてお話し。

Dsc09779
iX500、そのEvernoteエディションとか、本当にEvernoteを使うのに欠かせないアイテムですね。

Dsc09775

Dsc09778
そして、最新のiX100で、また新しい使い方が広がってきたというお話。

Dsc09790
さて、同時にメイン会場では日本のGMの井上健さんが『Evernoteの未来——生産性ツールを越えてどこへ向かうのか』と題してお話中。

Dsc09798

Evernoteって、どういう会社で、何を考えててて、どういう方向に向かっていくのかを、井上さんらしいとても丁寧な口調で丁寧に解説して下さいました。

Dsc09797
なぜ、100年続く企業をめざすのか。なぜEvernoteマーケットをはじめたのか、なぜかたくなに独立性を保とうとするのか。普段聞けない根っこの話が聞けてとても面白かったです。


次っ!

メイン会場ではEvernoteの積田英明さん(100kg持ち上げる人ですね)が、『Evernote Buisinessが作る新しいワークスペース』として、お話を。

Dsc09810
たまたまレザースーツのクシタニさんの事例が出てたんですが、実は私、バイク雑誌時代のレザースーツはクシタニさんにご提供いただいてて、櫛谷さんが画面に出ててビックリしました(笑)いまでもバイク編集部の方ではめっちゃお世話になっているハズです。

Dsc09815
会議室1では共働きを快適にするEvernote活用術として、アンバサダーの小西紗代さんと、本間朝子さんが。

Dsc09839
この話、すっごい面白くて、ご夫婦でEvernoteの共有機能を使って、お買い物リストを共有したりして活用されているというお話。

Dsc09827
こういうの、例として、めっちゃわかりやすいからいいですよね。

レシピも、ウェブも、スキャンした紙も、テキストも、動画でさえも、Evernoteというパッケージにできて、さらに、検索できる。活用法の説明といして、すっごい秀逸でした。

Dsc09837

イノベーションホールでは、『紙とEvernoteについて考える』と題して、コクヨの山崎篤さん、アンバサダーの五藤隆介さん、rakko entertainmentの若林大悟さん、NTTdocomoの源河 浩一さんが10分ずつ講演。

Dsc09851
みなさん、話慣れてらっしゃるから、話もリラックスして面白かった。

Dsc09847
コクヨの山崎さんのCamiAppについてのプレゼンもいろいろ開発についての裏話など満載で面白かったです。

Dsc09844


『セールスフォース・ドットコム』の寺本裕一さん登場。
『Evernoteとsalesforceのコラボが生み出すビジネスマンの仕事術』としてお話。

Dsc09873
salesforce って、いわゆるCRM、顧客管理のサービスなんですが、聞いてみると顧客管理だけじゃなく、いろんなサービスが組み合わさって、salesforceのサービスになっているんですね。

Dsc09878

会議室1では、Evernoteアンバサダーの堀江賢司さんと川添祐樹さんがスモールビジネスでのEvernoteの活用方法を。

Dsc09885
川添さんは福岡で人材育成やコンサルティングについてのお仕事をされている方。

Dsc09890
堀江さんはご存じ、原宿のHappy Printersを運営されている方です。

Dsc09893
さて、メイン会場では、Evernote本社からおいでになった佐藤真治さん、GMの井上健さん、アイレットの後藤和貴さんが『信頼できるクラウドサービスの条件』というテーマでお話されました。これが、普段なかなか聞けない面白い話。

Dsc09907

Evernoteのデータ保護の三原則。

これは非常に興味深い。他のサービスと違って、大事なデータはあなたのものですよ……っていう前提が非常に確固たるかたちである。特にアップロードは料金で制限はあるけど、ダウンロードの量は無制限だっていうのは、データはあなたのもので、取り出しは自由だっていう思想によるものだ。

Evernoteのデータは非常に強固に守られていて、実際にどの部分にタッチするかっていうのは個別に資格が限定されていて、シビアな部分に触れるのは片手の指に足りないぐらいの人で、さらにすべてはログが取られていて。誰がどのデータに触ったか、触れるかは非常に明白になっているのだそうだ。

Dsc09908
データサーバーはサンタクララに。そして、バックアップは常時リアルタイムでサクラメントのサーバーにも保管されている。ユーザーのパソコンにもデータはあるので、全部で5〜6重ぐらいの状態になって、バックアップ保全されているとのこと。

Dsc09910
その後、DDos攻撃の話とか、情報漏えいの話とかの現場での対応、どんなことをされているかなど。

Dsc09900
Evernoteはどういう思想で、データ保護を考えているか、実際にそのためにどんなことをしているか? などの話なんですが、現場に実際対応されている佐藤さんの話がとても面白かった。

さて、メインステージはライフハッカー日本版の編集長米田智彦さん、ハフィントンポスト編集長松浦茂樹さん、WIRED編集長若林恵さんが『記録と記憶。メディアが僕たちの暮らしに残せるもの』というテーマで。

Dsc09936
司会はEvernoteの上野美香さん。

Dsc09951
会議室1では、『アンバサダーに聞こう、仕事に使えるEvernote術』として、アンバサダーのいしたにまさきさんと、コグレマサトさんと、倉下忠憲さんがトーク中。

Dsc09967
よくお話を聞く方々なんですが、実際にEvernoteをどういう風に使っているのかとか聞くのは非常に興味深かったです。いしたにさんのIFTTTと、Evernote連携って、本当にすぐ役に立つ話だったし。

Dsc09952

Dsc09958_2
ネタフルのコグレさんは顔出しNG♪

Dsc09975
『知的生産』についていろいろ思考し、著作も多く
さらに最近ラノベ『アリスの物語』も上梓された倉下忠憲さん。

そして、イノベーションホールではEvernoteでCEOのフィル・リービン氏の『付き人』という不思議なポジションにつかれた代田常浩さんがGM井上健さんと『シリコンバレー流ビジネスキャリアの作り方』について。

Dsc09983
先日、僕も取材に行って、日本とまったく違うワークスタイル(頻繁に仕事を変わる、実力重視、日本より生活重視、でも仕事は上手くいってる雰囲気)なシリコンバレーの人たちがどうやって働いているのか、どうやったらシリコンバレーで働けるのか……っていうのは興味深い題材。

Dsc09988
代田さんは東大卒、スタンフォードへ留学、でもサッカー、バレーボール、柔道(黒帯持ち!)、アメフトというスポーツでも活躍し、あのラーメンの一風堂で『麺茹で』を任されていたという多彩……というか謎の経歴の持ち主。

そんな代田氏が、どう考えてキャリアを重ねてきたかのお話。

まとめると、

1.変化すること、積み上げること
2.心躍る方を選ぶこと
3.職人のこだわりを持つこと
4.青臭く、馬鹿デカくいくこと

ということであった。

……というわけで、とっても駆け足な全13セッションのレポートでした。

明日も、数多くのセッションはあるようで、もう有料のチケットは売り切れているそうなのだが、一番大きいホールでのセッション以外は無料で参加できるとのことなので、ぜひお台場の日本科学未来館7階に足を運ばれてみてはいかがだろうか?

ちなみに、今日は『取材しなきゃ!』という義務感に追われて、全セッションをハシゴしてみたが、明日は選択してじっくりそれぞれのセッションを聞いてみようと思っている。さて、どれを聞こうかな……。


(更新完了)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー