デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« NASAハッカソンの子供向けワークショップで体験したこと ‪#‎spaceappstokyo‬ ‪#‎SpaceApps‬ | メイン | 家庭用の断裁機ってあってもいいかも! #PLUS断裁機 #scansnap »

2014年4月21日 (月)

au、LTE-Advancedを日本初導入、CAにより下り最大150Mbpsエリアが拡大する! 

001

auは本日、自社LTE網にLTE-Advanced技術のひとつ、キャリアアグリゲーション(CA)を日本ではじめて導入することを発表した。これにより、対応したauスマートフォンは受信最大150Mbpsを可能にするという。

 au含め、各キャリア複数の周波数帯を使って通信網を確立している。ドコモなら2GHz、1.7GHz、1.5GHzと800MHz。auが2.1GHz、1.5GHzと800MHz、ソフトバンクが2.1GHz、1.7GHz(イー・モバイルの基地局)、900MHzといった具合だ。これまでは各マートフォン、複数の周波数に対応していたとしても、同時に複数から受信することはできなかったが、今回、CAを導入することで、2.1GHzと800MHzを同時に受信することが可能になり、75Mbps+75Mbpsで最大150Mbpsを実現するというものだ。

ただ、auではすでに2.1GHz帯LTEに関して、150Mbps化を実現している。これまでは、同周波数内において、10MHzという帯域幅しか使っていなかったが、これを20MHz化したため。いわゆる、電波が通れる幅を広くして、高速化を図ったというものだ。これに関しては、ドコモもすでに導入済み。東名阪バンドと呼ばれる1.7GHz帯において実施している。しかし、今回のauのCAという技術では、2.1GHz帯の10MHzと800MHzの10MHzを組み合わせて20MHzという帯域幅を確保し、下り最大150Mbpsを実現。ココが新しいわけだ。ちなみに、上りに関しては、これまで同様10MHz幅なので最大25Mpps。

 

002

CAの特徴は高速化だけでなく、一方の周波数帯が弱いときに、もう一方で補完する、ダイバーシティ効果により、通信の安定感も高めることができる。また、両方の周波数帯が使えるということは、使われていない帯域を減らすことにもつながり、効率化も図れるという。

 ・通信の高速化

・通信の安定性向上

・通信の効率化

003

以上3点が今回のCAによって強化されるということだ。現在すでに150Mbps対応基地局を約2,500(2.1GHz単体での150Mbps 約700基地局を含む)整備済みで、今年度末までには2万局を目指すという。すでにauでは800MHz、2.1GHzのデュアルバンドを基本に基地局を整備してきたいということで、あとは両バンドを連携させる作業でCA対応可能になるそうだ。また、2.1GHz単体での150Mbps化は郊外を基本に展開してきたが、CA採用基地局は都市部でも展開していけるということ。都市部ユーザーにはうれしいニュースだ。

ただし、CAの効果を体感するには、対応端末が必要になる。今夏発表する予定のスマホから対応するということで、基本的にはアンドロイド端末になるだろう。auでももちろん扱うであろう次期iPhoneがCAに対応するかはアップル次第とのこと。

004

CA自体はau独自の技術ではなく、各社LTE-Advanced技術の導入タイミングを図っているところ。auが早期にCA導入できた背景には、それを見越したマルチバンドオペレーションがある。800MHz帯はすでに実人口カバー率99%を超え、さらに2.1GHz帯も今年度末には90%超えが実現するという。両周波数帯が全国にまんべんなく設置されているので、CAのい効果も高いというわけだ。いずれ各社がCAを導入するであろうが、auの優位性はしばらく続くと自信を見せた。さらに、今年度末までには、LTE-Advanced技術のうち、eICICというマクロとスモール基地局の干渉を防ぎ、通信品質を上げる技術も導入予定だそうだ。東京オリンピックが開催される2020年には高品質なビデオへのニーズが高まり、生活の中にネットに接続するセンサーなども溢れるはず。これまで以上に通信の速度、安定感へのニーズが高まる。auはそれに応える世界最高水準のICT基盤構築に向けて様々な施策を講じているということだ。

コメント

コメントを投稿

2017年3月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー