デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« ラジコンヘリで人間を持ち上げる、世界初の快挙を達成!  | メイン | enchantMOON S-II発表! »

2014年3月12日 (水)

10万円のiPhoneケース【フリック!】

最新号でもご紹介しているが、DAQから近々10万円もするiPhoneケースが発売される。そこで開発中のケースを撮影させていただいた。10万円といえば、もやは中身のiPhoneより高価。落っことしても、iPhoneは割れてもいいから、ケースだけは傷つかないで! と妙なことになってしまうw

14その削りの美しさときたら、本当にほれぼれするほど。A7075のアルミをここまでのカタチに仕上げる大変さを考えたら、たしかに、10万円の値打ちはあると思う。

16
「iPhoneの寸法に、製造工場によって(たぶん大量生産下で治具などの摩滅があるのだろう)誤差があるんですよね」という言葉が誇張ではないと思えるほどのパーツの合い。

17ネジは量産市販されているものでは一番小さいという。通常のメガネのものより小さい。私は比較的器用な方だと思うが、それでも苦労するほどの小ささ。穴のひとつひとつや、ネジのウケのステーでさえ面取りされているのがお分かりいただけるだろうか?

15
カチッとしたパーツの合い。すごい精度だ。

フリック!の誌面であまり大きく写真が使えなかったので、ここに公開。

そうそう、フリック!の誌面で書いてた、DAQのSQUAIRの2万4800円のiPhoneケースのロゴがどこに入っているか、分かりましたか?

ここです。

02

ここですよw

02_2
いやー、DAQさん恐るべしです。そして、これを主張しないところがまた恐るべし。

今後の製品展開も楽しみですね。

これらケースに関する詳細記事は、フリック!4月号でどうぞ。

Img_2135





コメント

iPhoneの寸法がちょうどいい。きれいね

コメントを投稿

2018年10月

カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー