デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« ダイソンの『サイクロン』の理屈を聞いて目うろこ #‎dysonjp‬ | メイン | 本日発売!『5000万人のためのLINE便利帳』! »

2014年2月25日 (火)

想像を絶するところからウエアラブル来た!【メガネの三城『FUN'IKI』】

Google Glassだ、telepathy oneだ、なんだかんだとウエアラブル界隈が賑やかですが、全然、予想外の方向からウェアラブルデバイスに関するリリースが来ました。

それが、先日iPadの本で4000台ものiPadを導入したという話題で取材させていただいた
『メガネの三城』

えーっ! って感じもしますが、
そりゃ、メガネなんだから、Googleじゃなくて、『メガネの三城』でしょ?
という気もします。

_pdf1_4

このFUN'IKIプロジェクトの製品『雰囲気メガネ』は、電話、メール、SNSの着信、その日のスケジュール、株価や天気の変動、その場で設定できるタイマー……などが、メガネのレンズに投映されるフルカラーLEDライトの点滅と、小型スピーカーのサウンドで通知されるのだそうです。

この公開された写真とリリースの文面を総合すると、スマホというかiPhone上で動作しているアプリから、設定ができて、各通知がBluetooth 4.0 Low Energyを介して『雰囲気メガネ』に情報が行き、LEDの光と場合によっては音声ガイダンスで通知がされるようです。

_pdf2_4
センサーは照度センサーと加速度センサーが搭載されているようです。照度センサーは、レンズへのライティングの明るさのコントロールに使われるようですが、加速度センサーは何に使うんでしょうねぇ?

Google Glassのように小型の液晶画面を搭載するより、当然消費電力も少なくて済むし、実はこれは非常に現実的なアイデアかもしれません。メガネ上に投映された文字を苦労して読むよりも、『メールが来た』『天気が変わる』というようなシンプルな情報が、パッとLEDライトの色だけで通知される。それでいいのかもしれません。より詳しい情報が必要なら、スマホをポケットから取り出せばいいのですから(今、みんなそうしてますよね?)。

ちなみに、発表されたのは、現在スペイン・バルセロナで開催されている世界最大のモバイル見本市『Mobile World Congress』において。本製品はまだ研究開発段階で、一般発売時期は未定とのことですが、何しろ、製品の製造、流通、販売システムをすべて持つ『メガネの三城』が発表しているのですから、意外と我々が手にできる日も遠くないかもしれません。

詳しくはこちらのウェブサイトを参照のこと。

(タクタ)

コメント

腕時計として最初に普及したのは1911年にフランスのカルティエが開発した角形ケースの紳士時計「サントス」である。「サントス」の原型は、ルイ・カルティエが友人の飛行家、アルベルト・サントス・デュモンに依頼されて、飛行船の操縦に適した腕時計を製作したものであった。

Ahaa, itts plsasant discussion concerning this paragraph att thiis placfe att thyis webpage, I
have reqd alll that, soo att ths time me alo comenting here.

Thank yoou forr thee good writeup. It in fact was a amusement acount it.
Lookk advanced to more addfed aggreeable fom
you! However, hhow caan wee communicate? These are in fact fantawtic ideass
in onn thee topi oof blogging. Youu have ouched some goodd poinnts here.
Anyy way kep uup wrinting. http://cspan.co.uk

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー