デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« ASUSからは”SIMフリー”ファブレット | メイン | Macintosh30周年おめでとう »

2014年1月24日 (金)

スマートウォッチって必要? 便利なの?①

001

002

フリック! Vol.26でも紹介したが、アクティビティロガーにランニングや自転車用の腕時計型GPSなど、腕型デジタルデバイスの数々が、昨年頃から多数リリースされ、ブームになりつつある様子。待望されたいたナイキのNIKE+FUELBAND SEなど、予約に行列ができたほど。CESでも数々のウェアラブルデバイスが発表されたようですし、今年もますます『腕の争奪戦』がニートアップしていくのではないだろうか? 

8001

さて、そんな腕型デバイスの花形? スマートウォッについて。昨年から噂が絶えないアップルのiWatchなど、スマートウォッチは注目されども、街中で見ることはまだまだ少ない様子。そもそもなにができるのか分からない、どう便利なの? という方もまだまだ多いかと思う。そこで、一ユーザーの立場から、スマートウォッチの使い方、便利なところ、既存スマートウォッチの比較インプレなどを行いたいと思う。



まだまだ少ない、国内で買えるスマートウォッチ

そもそもスマートウォッチとは何か? 現在手に入るスマートウォッチのは、一般的にはスマホの補助的デバイスという立ち位置。ブルートゥースでスマホと接続し、主な機能としてはスマホが受信する着信、メールなどの各種通知を表示するというもの。外にも製品によって電話の着信の応答や拒否、カメラのリモートシャッターになったり、ミュージックプレイヤーの制御やフェイスブックなどのチェックインなどが行える。並行輸入ものもあるようだが、現在国内で正式に手に入るのは少なく、だいたい以下になる。

ソニー・SmartWatch SW2 
価格:1万4800円

6001

同社XPERIAシリーズをはじめとしたアンドロイド用スマートウォッチ。1.6インチのタッチパネルカラー液晶を搭載。電話、メールの通知、写真アルバムの閲覧、ミュージックコントロールなどの基本機能のほか、Google Playから手に入る様々なアプリで機能が増やせるのが特徴。既に2代目とあり、ソニー純正以外にもサードパーティ製の様々なアプリがあるのがいい。バッテリーも1日もつかどうかといった初代に比べ、実際に2~3日持つようになり、実用的。

サムスン・GALAXY Gear 
価格:3万6540円(ドコモ、au取扱い)

7001

同社GALAXY J、GALAXY Note 3用のスマートウォッチ。1.6インチのカラータッチパネル液晶は有機ELを採用し、非常に鮮やか。通知やミュージックプレイヤーコントロールはもちろん、カメラやマイクを内蔵し、写真が撮影できたり、通話ができたり録音メモが撮れたりと、非常に多機能。ただし、専用アプリ『Gear Manager』からダウンロードてきるアプリがまだ少なく、拡張性に欠けるのと、バッテリーの持ちは決してよくない。
 
カシオ・G-SHOCK

価格:1万8000円~

Gb69007jf

カシオの代表的なタフリストウォッチにスマート機能を付加。最新型は着信、メール、SNSの通知にミュージックコントロール、カレンダーやリマインダーの通知、電話検索などが行える。新たにブル―トゥース4.0に対応し、省電力化。iOS、アンドロイドの両OSのスマホなどに対応する。

※写真は GB-6900-7JF、現在は新型のGB-X6900B-1JFなどがリリースされています 

ConnecteDevice(ブルーネクスト)・COOKOO 
価格:1万4800円~

9001

アナログ時計をベースとしたスマートウォッチ。着信、メール、カレンダーやSNSからの通知やiPhoneの電池切れアラームなどをシンプルなアイコンでお知らせ。カメラのリモートシャッターやミュージックコントロール、電話検索も可能。シンプルが外観ながら多機能で、なにより電池が1年近く持ち、充電の心配がないのがいい。



果たして時計に通知されたりするのは便利なの? 

6003

現在発売されているほとんどのスマートウォッチの基本機能は通知というわけになるが、果たして手元で通知が確認できるのは便利なのか? 必要なのか? 実際に日々使用している筆者自身の意見としては、必要ないけど便利ではある。スマートウォッチ充電が切れていた! 家に忘れた! なんてときも、別にまったく困らない。ただ、あると便利なのは確か。使っている中で、「あ、便利」と思う場面をいくつか例として挙げてみよう。


1.現在筆者はメール、フェイスブックメッセージ、カレンダー、LINEなど様々な通知を設定している。ゆえにけっこう頻繁に来るわけだが、通知が来るたびにいちいちスマホを取り出すのは面倒。そんなときに、便利。手元でチェックして必要なときだけスマホを取り出す。っ通知が多い方には便利。そもそも見逃しづらくなるメリットはある。
2.スマホを取り出せない会議などで便利。スマホを出すのが憚れるような場面でも、電話の着信やメールの通知が手元で確認できるのは便利。電話に出れない場合など、手元で切れてしまうのはいい。
3.冬は便利。春~夏~秋と、厚着しない季節はあまり感じなかったが、現在長めのコートを着ているため、ふだんスマホを入れているパンツの前ポケットにアクセスしづらい。そんなときにどんなメールやメッセージが来たか分かるのはなかなか便利。返信など必要なときだけスマホを取り出せばいい。鞄の中にスマホを入れることが多いような方には便利でしょう。
4.車で便利。運転中は基本的にスマホをみてはいけない。交通ルール違反であるのはもちろん、やはり危ない。手元でサッと確認できるのはいい。
5.車で便利その2。車の中でも電話に出なくてはいけないような状態で、BTヘッドセットやイヤフォンなどつけている場合。スマートウォッチで着信操作ができるのはなかなかいい。まぁ、イヤフォンにリモコンが付いている場合も多いが……。
6.音楽を聞いているときに便利。リモコンなしのヘッドフォンなどで、スマホで曲を聞いている場合、曲送りなど手元でできる。iPhoneはリモコン付きヘッドフォンも多いが、アンドロイドの場合、リモコンが対応していない場合などもあるので、なくてもいいが、結構便利。
7.スマホがどこに行ったか分からないときに便利。どこかで落として紛失してしまっている場合は駄目だが、部屋のどこに置いたか忘れた、鞄に入れたっけ? などというときに、電話を探す機能で電話から音を鳴らしたりできるとすぐ見つかる。実際、ズボラな性格なので何度か助けられた。



以上をお読みいただき、お、便利そうだと感じた方は、スマートウォッチ向きかもしれない。あくまで現状の一般的なスマートウォッチを使った個人的な感想だが。iWatchなど、さらに新しい製品が出てくると、もっと他に利便性を見出すことができるのかもしれない。



今回は以上、次回はいくつかのスマートウォッチのインプレをお届けしたいと思う。

山本

コメント

現段階ではどの社の機種も欲しいとは思いませんね。<スマートウォッチ
どれも腕時計サイズのタブレットやスマートフォンって感じで、時計としての使い心地は良くなさそうだし。
来年発売のカシオ製には期待したいですね。時計としての使い心地を最優先にするそうですから、扱い易くて実用的な製品になる事を期待したいです。

今の所スマートウォッチというのは、「腕時計サイズのタブレット端末」と「スマートウォッチ的機能を付けた既存腕時計」に分かれると思います。前者がAppleとかに代表される現行各メーカーの大半の製品で、後者がカシオのBluetooth G-SHOCKとかですね。
現行のAppleスマートウォッチとかは、バッテリー駆動時間が最大のネックなようですが…

今カシオも本格的にスマートウォッチの開発に着手していて、来年1月のCESで公開するようですね。果たして従来のスマートウォッチと一線を画す革新的な製品になるかどうか… 今から来年が待ち遠しいですね。

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー