デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2013年11月 | メイン | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月24日 (火)

内職コラムが、オープンになりました(笑)

私がこれまでひそかに内職して書き続けていた『e-mansion』さんのコラム『デジタルライフの歩き方』が、オープンになりました。

e-mansionさんは、マンションへのインターネット設備を提供している会社。このコラムはそのインターネット設備を利用されている方へのサービスとして提供されていたもので、これまでは、そのサービスの利用者の方しか見ることができなかったのですが、晴れて一般公開されるようになったのでご紹介しておきます。

_emansion
基本的にはマンションにインターネットを敷いたばっかりの方が読まれるケースが多かろうということで、ネット初心者の方にも分かりやすく……書いているつもりなので、フリック!の読者の方にはぬるいとは思いますが。

Vol.01運動不足を、デジモノで解消!? 今注目の『アクティビティロガー』
Vol.02お父さんだって記念写真に入りたい カメラを買うならWi-Fi付きを
Vol.03スマホやタブレットに『アプリ』を入れて、自分好みにカスタマイズをしよう!
Vol.04USBでスマホを充電『モバイルバッテリー』の選び方
Vol.05いわゆる『セキュリティー』ホントは何に気を付ければいいの?
Vol.06便利だけれど、トラブルも多い『SNS』このネットワーク社会をどう渡って行けばいいのか?

Vol.07そろそろ、電子書籍始めませんか? 電子雑誌も手軽に読めます

これまで、この7回掲載されていて、毎月1回更新されます。

よろしかったら、ご覧下さいませ。

2013年12月21日 (土)

子供用iPadの作り方

意外と、無責任だな……と思うのが、自分のアカウントのままの古いiPadやiPhoneを、お子さんに渡す方が多いということです。

iPadやiPhoneは高度な情報端末。使い方を間違えれば、かなりのトラブルが発生する可能性があります。銀行口座のお金や株を動かすこともできれば、写真や情報を全世界に公開することもできます。あなただけの問題ではなく、あなたの知人の情報などもリスクにさらされるワケです。子供に悪気がなくても、アドレスブックの情報を他人に送ることなんて、2タップぐらいでできてしまいます。

iPadを子供に渡せばクリエイティブな能力を開花させてくれるかもしれません。でも、渡すなら、リスクのない状態にして渡すのがオトナの責任というものです。

01_3 というわけで、クリスマスプレゼントやお年玉として、iPhoneやiPadをお子様に与える方、自分へのクリスマスプレゼントのおかげで余ったiPadを子供に与える方のために、お子様に渡す用セッティングの概要を。

セッティングにはいろんな方法がありますが、ここでは一番小さいお子様に渡すように最強のプロテクションでご説明します。メールができず、ネットも非常に強いプロテクションのかかった状態です。まずは、これで使ってみて、徐々にプロテクションを弱めていく方法で使うのがいいと思います。

ちなみに、将来的にいろいろな機能を使えるようになるように、最初からiCloudアカウントを取得した状態にしておきます。また、許可なしにはアプリを買えないようにしておく前提で親と同じiTunesアカウントで使うセッティングです。iTunesアカウントを別にして、iTunesカードをお小遣いとして与えて運用するという手もあります。

1.
というわけで、自分のお古を、子供に与えるという設定でお話すると、新しいiPadに自分が移行した後、まずは『設定>リセット』から『すべてのコンテンツと設定と消去』を選択します。これで新品状態に戻ります。

03
2.
次に親のiTunesアカウントを入れます。そして、親が別端末で買った音楽やアプリが勝手に流入しないように、自動ダウンロードをOFFにします。

044
3.
子供用のアカウントを新規に作ります。スケジュールやアドレスブックも管理できるようになりますし、将来的にメールを使わせたければそのアカウントを使えますし、メールを使わせない場合には、メールをOFFにしておけばOKです。

054

4.
それから必要だと思われるアプリだけを選んでインストールします。いろいろ探せば勉強に役立つアプリはけっこうあるので、ぜひ探索してみて下さい。あまり複雑にせずに、必要なアプリだけを入れておいた方が管理に手間はかからないでしょう。

06_2

07

08
5.
サファリを使う手もありますが、エロや暴力がすぐにサジェストされるインターネットにまだ触れさせたくない年齢の場合は『Yahoo! あんしんネット』を使うのがお勧めです。

09

10

設定で、表示できる情報をいろいろコントロールできるのが便利です。ただ、検索結果も一切表示できないようにするには『キッズモード』にするしかありません。他の設定では、検索結果は表示されますが、クリックしてもジャンプできない設定です。ただし、キッズモードにすると、ホワイトリストに乗っているサイトにしか行けませんから、お子さんにしてもストレスかもしれません。そのあたりは年齢によって、いろいろ調整の必要があるでしょう。

6.
『設定>機能制限』をONにして、サファリとアプリなどのダウンロードや、アプリ内購入もOFFにしておきます。これをOFFにしておかないと、いつの間にか子供が魔法石を100万円分買ってたなんていうトラブルになるわけです。

114

7.
最後にアカウントをロックして終了です。これで、メールアドレスはじめ様々なアカウントを勝手に作ることができなくなります。これでひと安心。

122
以前、教育関係の方と対談した時にも話題になったのですが、最終的には何であれ子供とのリアルなコミュニケーションが大切です。制限するだけでなく、こういうことはやめようね……という対話をしながらインターネットの世界を歩くべきです。ただ、いきなりクルマで車道を走らせるような暴挙はやめて、安全な歩道というか、公園の中から、徐々にさまざまな機能を説明しながら使わせるようにするべきではないでしょうか?

前述のように、この状態はフルに制限のかかったの状態なので、メールを使わせる、サファリを使わせる……など、お子さんの成長状態に合わせてそれぞれの機能をオープンにすればいいと思います。

詳しくは、フリック!デジタル1月号の、該当記事をご覧下さい。

Skitch_2 ※機能制限は、iOS6からの機能で、iOS7でないとこのパターンはできないので、iOS5.1.1までしかアップできない初代iPadでは使えないのが玉にキズ……。








まさか、いつものiPhoneケースでお正月を迎える気?

というわけで、お勧めは今月のフリック!にも記事を掲載している、富坂綜絖店のiPhoneケースであります。

02_2 実はこのケースを作っている富坂綜絖店は中学〜大学時代一生だった同窓生の親戚ということで、いろいろ意見を聞かれてアドバイスさせてもらったり、試作品を使わせてもらったりしていたのです。最初の頃は端がホツれたり、いろいろ難しい感じだったのですが、表面にコートしたり端を中金で止めたりして、かなりいい感じになってまいりました。

04
裏面も和紙を貼ってもらったり。

06 なにしろ、作っているのは本物の西陣の綜絖店だから、生地なんかも由緒正しいのがいっぱい。

01
基本的には一品物だそうです。

ウェブサイトがちょっと古くさかったり、代金支払いが銀行振替え、郵便振替、代引きしかない……orz と、ちょっと古めかしいのですが、まぁ、そのへんは、京都の西陣のおじさんががんばってらっしゃるからということで……。本物を手に入れるのには手間がかかるのです。

お正月の和装用にどうぞ。4515円だそうです。お求めはこちらから。

2013年12月19日 (木)

取材させていただいたiPadを活用する美容師さんが全国大会優勝!

最後の紙版のフリック!、Vol.08の巻頭特集で、iPadを活用する美容師さんとしてご登場いただいたKINOSHITA GAIEN EAST STREETの荻原奈々さんが、美容師の全国大会で優勝されたそうです。そう、あのEvernote CEO、フィル・リービンさんのカットをされていた人です。

荻原さん、おめでとうございます!

YouTubeに同店のパブリシティをサポートする成田大祐さんが動画をアップされていらっしゃったので、その努力の過程をぜひ、ご覧下さい。感動ものです。



しかし、美容師さんの競技って厳しい世界なのですね……そして、ヘアスタイルって、ここまでクリエイティブなんだ……驚きました(笑)

また、フリック!で取材させていただいた通り、iPadやEvernoteを活用したからこその有償なのかもしれません。すごいですね!

2013年12月17日 (火)

α7と OM-D E-M1

高級ミラーレスということで、同じカテゴリーにいる2台。

Dsc00768
ボディサイズはほぼ同じ。価格もボディ単体ならほぼ同じ。バリアングル液晶が付いているのも、高精細なEVFが備わっているのも同じ。

でも、その思想は猛烈に違う。どちらを選ぶかで、人間性を問われるぐらい(^_^)

Img_6657
(↑ちょっと寄せようとしたので、前後関係があるので、印象が強調されていますが、誌面用の写真はちゃんと横並びで撮ってますです)

CMOSサイズはフルサイズを搭載するα7が圧倒的にデカい。画素がデカいってことは何にも勝る。しかし、そもそもデカいとレンズも頑張らないとイケナイ。マイクロフォーサーズはCMOSが小さい分、レンズ中央の美味しい部分を楽に使える。現に、上の写真で付いている12-40mmF-2.8レンズは非常に評判がいい(そもそも2.8通しだし!)。そもそもマイクロフォーサーズは非常にレンズのバリエーションが増えてきているけれど、α7は専用のレンズは現状ではわずか2本(付くという意味ではいろいろ付くけど、専用という意味では)。いろいろ実際的な取り回しで評価の高いOM-Dと、圧倒されるようなスペックをまとって登場した期待のα7。どっちを選ぶかってけっこう難しい問題。

次号で、荻窪圭さんがザクッと結論を述べて下さる……ハズです。

2013年12月16日 (月)

フリック!発売5日でも、まだ総合1位

『Airか、miniか』というタイトルがタイムリーだったのでしょうか?
フリック!1月号発売後5日経っても、
まだマガストアのランキングで1位です。

ご支援ありがとうございますm(_ _)m

____
日経BPさんで書かせていただいている私のコラムも、PCカテゴリーのアクセスランキング1位を快走中! (2位のiPadも私ですが、これは旧iPadなので、ご注意を)すべて、みなさんのご支持、ご支援のおかげであります。感謝!

逆にいえば、そのご支持がないと、私なんて、ただのガジェット好きの偏屈ですからねぇ……(笑)感謝しておりますm(_ _)m

2013年12月12日 (木)

日経BPネットさんの連載、掲載されました!

ワタクシ、村上タクタが、日経BPネットさんに連載させていただいているコラムの9回目が掲載されました。

こちらからどうぞ。

タイトルは『iPhone 5sと5c、性能で迷うより好きな色を選べばいい』とちょっと乱暴なんですが(笑)、それだけiPhoneの性能が成熟期に入ってきたのだということです。内容はけっこう細かくiPhoneの機能について解説というか、持論を展開しております。どうぞ、読んで『いいね!』をポチっておいていただけると嬉しいです。

Iphone_5s5c___nikkei_bpnet_bpbp
この連載の、iPadについて書かせていただいた回が、なんと累計40万PV超も読まれているそうで、何故か今もPCのコーナーのランキングトップにあって、なんでそんなことになっているのか、書いた当人が一番良くわかっていないのですが(笑)いつまでも、旧iPadの記事が快調なのもアレなので、次は新しいiPad Air/mini Retinaの記事を書いて、これを越えられるように頑張る所存です。

しかし、そのアクセス、むしろ、フリック!本誌に欲しいぞw

2013年12月11日 (水)

iPad Air用ケースの個人的オススメ

軽いとはいえ、落っことすと傷つくので、iPad Air用のケースを買いました。ODOYOのAir Cortです。

Dsc00755
リア側も守ってくれて、フロント側もスマートカバーのようにマグネットでON/OFF可能なフラップが付いているのが気に入っています。そのフラップを後に折り畳むと、キーボードスタイルになるのも定番ではありますが、トータルでのまとまりがいいのがお気に入りの理由です。

表面の仕上げは、去年型のブラックなどで使っていたキャンバスっぽい仕上げになってます。今年は全色そうなったようです。

Dsc00754
色はもう毎年恒例になってますが、7色(下の図版はHans Internationalのサイトより)。この色味のチョイスが、私好みなんですよねぇ。

Img
実は、ODOYOとの出会いは2年弱前、「香港本」というガイドブックの取材で香港に行った時、「これは日本で売ってないぞ!」と思って、買って帰ったのが最初です。買って帰ったら、すぐにhans Internationalさんから販売が始まったのですが(笑)その時買ったのが、パープルのエアコートでした。以来、mini用、Air用とお揃いで買っています。

Img_6178
前後ともプロテクションできて、かつ厚くならないのが気に入っている理由です。

Nexus 7(2013)にホワイト登場! 

N7_w

7インチアンドロイドタブレットの代表格、Nexus 7の最新2013年型にホワイトが登場! 
既に発売されているブラックのほうは16GB、32GB、それに32GBのLTE版があるが、ホワイトはWi-Fiモデル、32GBのみ。
OSはアンドロイド4.3だが、OTAですぐに最新の4.4キットカットにアップグレードできる。

発売は12月13日(金)、予想実勢価格は3万3800円だ。

詳しくはGoogle Play、もしくはASUSウェブサイトまで! 

2013年12月10日 (火)

iPad Airかminiか? だからAirだって!

フリック!自体はともかく、私(タクタ)個人的には、断然Airだと思ってます。なにしろ、画面がデカい方が絵を描いたりの作業がしやすいし、写真、その他いろんなコンテンツも見やすいのです! まぁ、miniがRetinaになったところで、そろそろ老眼が入ってきた私にとってはメリットがないっちゅうのもありますが。

が、使い方によって、そこはいろいろ……ということで、早くもNew iPadを手に入れた6人の人に、使いかたと使い勝手を取材してまわりました。やはり、お仕事によって、「だから××」というのはありますね。このアプリを使うから、「絶対××」とか。

01
iPad AirとMacBook AirやLet's Noteを片手にバリバリお仕事をする女性CEOにもご登場いただいたりしております!(^_^)

彼女は、プレゼンで大きく画像を見せられるから、Airの方がいいっておっしゃっていました。

Img_1743_2
去年、iPad大か、miniかという企画をした時には、mini派が圧倒的に多くて、フルサイズ派を探すのに苦労したものですが、今年は、Air派の方が多い。mini Retinaが出れば……という声は去年多かったですが、意外とそれが出たのにmini派が減っているという不思議な状況になっています。まぁ、それだけ、Airとmini Retinaの性能差が悩ましいことになっているということですねw

というわけで、Airかminiかの悩みに決着をつけたい人は、本日発売のフリック!デジタル1月号Vol.27をどうぞ!

Flick_2014_01

Amazon Kindleでの配信も始まりました。Amazonアカウントさえあれば、iPad、iPhone、Android用としてストアで購入できます(iOS版は他の端末で購入してからダウンロード)。

2017年11月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー