デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

あの初代ドラクエがiPhoneに。無料ダウンロード、100万人まで!

あの、ファミコンで遊んだ、初代のドラゴンクエストが
iPhoneアプリとして無料DLできます。

まず、こちらからドラゴンクエスト・ポータルアプリをダウンロード
その中で、ドラゴンクエストをダウンロードします。
100万人までなら無料でダウンロードできるそうです。

100万人までどのぐらいかかるのか知らないけど
あの国民的傑作ゲームなんだから、あっさり100万人行くかも
とりあえず、急いでダウンロードだけしとこう!

Img_6068

起動して、あのテーマソングが流れてきたら絶対、感動します! 8ビット音源エライ!(このiPhoneから流れるのが8ビットかどうかは知りませんが)

iPhoneで、あのアプリが遊べるなんてねぇ……。弟にファミコンを借りて、プレイしたのが懐かしい……。ファミコンの繋がったテレビがおばあちゃんの部屋にしかなくてね。おばあちゃんが寝てから、横でドラクエをプレイさせてもらったなぁ……(懐)

まず最初は王様の部屋にいて、いきなり『ロトの血を引く者』とか呼ばれちゃうのよね。それから、ラダトームのお城から、街をウロウロして、スライムなんかを倒しながらロトの洞窟に行くのよね(笑)いやー、もう、なにもかもが懐かしい!

新しいiPhone版は縦画面なのね。十字キーが画面に表示されるんだけど……これちょっと操作しにくいんだけど、慣れるものなのかしら?

ダウンロード、LTEでやると7GB制限にひっかかると困るからと思って、Wi-Fi環境でやったんですが、ぜんぜん、一瞬でダウンロードできました。一瞬です。調べてみたら、ファミコンのカセットって、1MBだった。1MB(泣)7GB制限までに、7000回DLできる。今どき、800万画素の写真より小さい(泣)僕らの青春のスケールの小ささに驚いた。

むしろ、アレフガルドの世界をたった1MBで描き切ったのがすごいのか。

追記:ゲーム機に詳しい川村和弘さんによると、『ファミコン版ドラクエ1の容量は、512Kbitで、64KBですよ。』とのこと。ますますすごい。つまり7GBまでに10万9000回ぐらいダウンロードできるってことです。1カ月にそんなにDLしてどうするw

Img_6070
国民的ヒット作が無料とあれば、とりあえずダウンロードするよねぇ。スクエアエニックスさんの目的は、この『ドラゴンクエスト・ポータルアプリ』をダウンロードしてもらうことなんでしょうね。そして、このアプリを入れていれば、追加課金で他のドラクエや、もしかしたら、新作のドラクエを追加で買っちゃえるようになるということでしょうね。自らの最高のヒット作を、無料の広告代わりに使うっていうところがすごい。よく出来てるなぁ。

というわけで、ヒマをみてプレイしてみようかな。

2013年11月27日 (水)

ついにPhotoshopを買った(12月2日まで、1000円/月)(→延長されて12月31日まで!)

21年前に編集者の仕事を始めた時から
Photoshopは憧れのソフトウェアだった。

Adobe_photoshop_cc_2しかし、当時から10万円以上、illustratorなどと一緒に買うと20万円以上するような高価なアプリだったので、とてもじゃないが貧乏編集者が個人で買うのは大変すぎた。

そもそも、Photoshopは当時デザイナーやイラストレーターが使うアプリだったし、写真のデジタル化が進んでからはカメラマンも使うアプリになったけれど、編集者自身が画像に手を加えたりするのは越権行為というか、「シロウトが何やってんだよ!」とデザイナーやカメラマンの反感を買う所業だった。

加えて、もともと私はお絵描きとか好きだから、そんなもの手に入れた日には、画像いじりに熱中してしまって、本業の編集・原稿書きがおろそかになることは確実だった。

だから、ずっと、Photoshopは憧れのアプリだった。

そのPhotoshop CCが、1000円ですってよ。お客さん!

AdobeのPhotoshop CCとLightroom 5が1000円の特別価格サイト

Photoshop____adobe_creative_cloud
しかも、ちょっと前にあった、CS2以降(だったけ?)を持ってないとダメという制限もなし。誰でも1000円/月ですよ。

さすがに、月1000円なら僕でも払えるw

まぁ、毎月1000円ってことは、年間1万2000円、10年で12万円の決済をポチってしまったのですがね。こんなことを繰り返しているから、常に貧乏なのかもしれませんがね。

ちゅるちゅるっとインストール。
クレジットカード番号を入れて、いくつか『はい』を押したら、ついに憧れのPhotoshopがデスクトップに!

Photo_6
じゃじゃーん! 私もついにPhotoshopのユーザーですよ。
長生きはしてみるもんですね。これも『こんじる』だってできるワケです。

クリックして開いてみると……。

Img_5919_jpg___100__rgb_8_
わー! 私のMacでPhotoshopが動いている!
20年来の夢は案外簡単にかなってしまいました(笑)

というか、むしろ問題はこっからどうやって使いこなすかですよね。
チュートリアルもごっそり揃っているみたいなので、週末とかにコツコツ勉強しますか……。

クリエイティブクラウドっていうのが、インストールされて、それが個々のアプリのライセンスやアップデートをコントロールしているみたいですね。月額5000円で、このへんのが軒並み使えるようになるのですね……ゴクリ。

20131127_131139
とにかく、1000円/月で契約できるのは、来週の月曜日12月2日までですよ。ご決断はお早くどうぞ。


お絵描き好きとしては、次はillustratorを安くして欲しいなぁ……。

追記:12月9日まで延長されました!

追記2:さらに12月31日まで延長されました! なんか、この調子でかげろうのようにずっと伸びて行くような気もしないでもないですが、なんてことを言っていると終ったりするので、欲しい人はやっぱり申込んでおいた方がいいですよ!

2013年11月26日 (火)

『iPhoneの基本』発売です

iPhoneには取り扱い説明書がありません。

iPhoneは『触れば使い方が分かる』ほど簡単だからです。

「とはいえ、触っただけでは分からない!」
というあなたのための一冊を作りました。

Img_5883550円+税、全国の書店コンビニで発売です。
(コンビニはセブンイレブン系には入ってないので、ローソンやファミマなどの方がある確率が高いと思います)。

これまで何冊もiPhoneのHow To本を作って来ましたが、今回のが一番簡単で分かりやすくなっていると思います。逆に深い知識を知りたい方は『iPhone 5c/5s便利帳260』などをご参照下さい。

Img_5884
基本中の基本から解説しております。

また、普通に使っているだけでは気付かないような基本的なノウハウも掲載しております。iPhoneアプリを買ってから、間違って買った場合に解約する方法、ご存じですか?

Img_5885
というわけで、弊社サイトはこちら
Amazonはこちら

身近に初心者の方のいらっしゃる方、ぜひ、本誌を教えて差し上げて下さい。

2013年11月23日 (土)

SIMフリーiPhone発売でどうなるのか?

SIMフリーiPhoneが発売された、価格は?

昨夜突然、SIMフリーのiPhoneが発売された。これまで海外などで入手するか、少し怪しげなサイトで入手するしかなかったSIMフリーのiPhoneが、公然とネットのAppleストアで発売されたのだから、これはびっくり。

Iphone_5s__iphone_5s__apple_store__Iphone_5c__iphone_5c__apple_store_2


価格は、以下の通り。

Pages_1
これは、高いのか、安いのか? 得なのか、損なのか?

この代金さえ払えばiPhoneを入手できて、回線を使う、使わないの自由が得られるというのは、うれしい話だ。日本はこれまでかなり強固にSIMロック側にいたのだが、いきなりオープンになったということで、まずはユーザーとして喜ばしい。

しかし、これは得なんだろうか? ちなみに、我々が2年契約で2年間の間にiPhoneに対して支払う金額はだいたいこんな感じ……。

Pages
これは、ドコモで新規のiPhoneを購入した場合。MNPならもう少し安いし、同キャリアの機種変ならもう少し高い。また、キャンペーンなどでこのもう少しお得に買えるケースがあるのはご存じの通り。通話すればこれにプラスして通話料がかかる。

もちろん、これには通信費の定額代金も含まれている。この数字から、さっきのSIMフリーiPhoneの代金を差し引いて、さらに月額の差額を出すために24で割るとこんな感じ。

Pages_2
つまり、3570〜3250円以下の金額で、月額通信費が済むなら、SIMフリーiPhoneの方がお得ということになる。しかし、ご存じのように、キャリアのパケット定額の料金は5000〜7500円。つまり、SIMが縛られたiPhoneと、通信料をセットでキャリアから購入した方がはるかにお得。通常の人にとってSIMフリー端末のメリットは少ないことになる。


SIMフリーiPhoneはどういう人に役立つのか?

では、SIMフリーiPhoneはどういう人にとって必要なのか? いくつか考えてみよう。

海外生活の多い人
まず、あたり前だが、海外生活成分の多い人。もちろん海外から来て、一定期間だけ日本にいる人。日本にいる間だけ有効なSIMや、従量制のSIMカードをMVNO(仮想移動体通信事業者……と言うと余計わからないけど(笑)日本通信などの、回線を大キャリアから借りて、それを別のカタチのパッケージで通信サービスとして展開する事業者)などのSIMカードで使えばいい。で、海外ではその国のプリペイドSIMを使えばいい。

毎年iPhoneを買い替える人
私のように、毎年買い替えるタイプの人は、2年目iPhoneだけSIMフリーで買って、SIMだけ挿せばいい。iPhone単体は安くで手に入るのだから、2台持ち(もしくはそれ以上)になって、意味なくiPhoneを複数持ちしている人にとって、これはかなりメリットが大きい。(とはいえ、私は2年目の電話は妻に使ってもらっているからこうはしないが)。

通信料を極端に節約したい人
ほぼWi-Fi運用の電話付きiPod Touchのようにして、通信費を節約することはできる。ただし、前述のようにそれほどコストメリットがあるわけではないから、かなり極端な使い方としないとコストメリットはでない。うっかりすると、こっちの方が高く付く可能性もなきにしもあらずなので、あまりお勧めしない。自分でデータ料の概念などがよ〜く分かっている人がそうやって使う分には可能かもしれないが、自由に通信できないiPhoneなんて、iPhoneじゃないと思うので、ほんと、お勧めしない。

子供や、高齢の親に、使い終ったiPhoneの利用
SIMフリーであれば、自分が使わなくなったiPhoneの利用方法として、子供や高齢の親に渡すという使い方はアリかもしれない。仕事にも使い日常にも使う一般社会人だと、デメリットも多いが、たとえば、子供であれば音声通話を組み合せた300KbpsのSIMを挿して渡して、基本通話用、Wi-Fiのあるところなら快適に使えて、戸外ではなんとかデータ通信ができる(地図が見られて、メッセージサービスができれば十分という割り切りかたも)という使いかたあアリかもしれない。高齢の親にiPhoneを渡しておくのも定額SIMであれば便利かも。実家の親に、2GB規制のSIMを挿して渡し、フォトストリームを同期して、子供たちの写真を見てもらうビュアーとして使う手もある。

こんなところだろうか? 考えてみると、我々的にすぐに役立つことは少ないんだけど……逆に手元にある古いiPhoneがSIMフリーだったらよかったのに……という気もするw


SIMフリーiPhone登場は何を意味するのか?

そもそも、SIMロックとは何のためにあったのか? たとえば、SoftBankで買ったiPhoneをすぐに他のSIMを挿して使われては商売あがったりだからだ。日本の場合、通信費と端末代が不可分にからみあっていて、端末代が無料なわけはないのに、それを通信費に転嫁して『端末0円』と称するビジネスがまかり通っている。だが、実際には0円ではないから、『通信費』という名目で、端末代金を回収しなければならない。だからSIMロックというクビキに繋がれなければならなかったわけだ。

しかし、iPhoneをauも、ドコモも売るようになって、事実上、SIMロックの意味はなくなった(それにして、最低限の取り扱い台数など過酷な条件を呑んでやっとiPhoneの販売権を手に入れたドコモはいい面の皮すぎる。そんな条件を呑んだのに、もう誰でも扱えるようになってしまったんだから……)。ならばSIMフリーで売ったって問題はあるまい……という道理だと思う。

さて、そもそも、なぜ、日本のキャリアはiPhone=スマホの日本上陸を嫌がったか(明らかに最初ドコモは嫌がった。日本にスマホが入ってくる前に、本当はBlackBerryなどでやったように、高価なパケット料を課して『ね、iPhoneは使えないでしょ?』ということで、上陸を阻止したかったハズだ。そしてデメリットがあることを分かっていながら、SoftBankはドコモに対抗するために、このリンゴを食べたのだ)。それまでの、携帯電話事業者のビジネスはわる意味独占市場で、端末はメーカーに専用のものを供給させ、通話料をとり、パケット料を取り、さらにi-modeなどのコントロールされた市場でアプリやコンテンツを売ることができた。すべてはキャリアのコントロール下にあったのだ。

しかし、iPhoneは(我々にとって明らかなように)通信回線を持った小型携帯用コンピュータだ。思想としてオープンなインターネットから、コンテンツを取得することができる(それを上手くコントロールしてAppleに利益をもたらしているのが、App Storeの独占と、それに連なる音楽、映像などコンテンツ市場の独占だが)。広大なインターネットが、個人が持つiPhoneに接続されるなら、間にあるキャリアは土管にならざるを得ない。

すべてを持っていたキャリアは、iPhoneの登場と、最終的にそれが3キャリアに行き渡ったことで(行き渡るとiPhoneを持っていること自体は武器ではなくなるので)、昔から怖れていた土管に成り果ててしまった。土管に要求されるのは、高速性と、安定性と、低価格だけだ。そこには独占市場だった頃とは違う、過酷な競争だけがある。

iPhoneがフリーでパーソナルなインターネットを僕らのもとに持ってきてくれて、それはそれでうれしいことだけれども、結局のところAppleはこのSIMフリーiPhoneの登場をもって、日本の携帯電話市場の開国を成し遂げてしまっただけで、Appleファンの我々にしたってさすがに、収益がAppleだけに流れて行って、日本の通信事業者が疲弊していくことには不安を感じざるを得ない……。誰もが急にSIMフリーiPhoneを買うわけじゃないんで、急激な変化にはならないと思うが、起こっているのはそういうことだ。

海外に長期滞在する人には朗報。あとは、iPadもSIMフリーにしてくれるとありがたい。この調子ではきっと遠からずそうなるんだろうけれど、iPadこそ自由な通信コストで運用したい。しばらくMVNO事業者にとってはバブルな時代が来るのだろうか? 日本通信の株が急騰したり、MVNO事業者が乱立したりするのだろうか? といっても、3キャリアが、2GB従量SIMや、300kbps限定SIMなど多彩な料金制を打ち出してきたら、バブルも急速冷凍されるだろうから、あまり踊り過ぎるのも危険かもしれないけど。

いや、いろいろ移り変りが多過ぎるので、理解しようとするだけでも大変です。

(タクタ)

2013年11月22日 (金)

初めてiPhoneを買った方のための本、作りました。

身近に初めてiPhoneを買った方、いらっしゃいませんか?
いらっしゃったら、この本をお勧め下さい。

『iPhoneの基本』

A5サイズ、550円+税、11月25日月曜日発売です。

Img_5880
全国の書店、コンビニで。
Amazonはこちら

Amazonアカウントをお持ちなら、flick!を買えます。簡単に。

flick!が電子雑誌オンリーになってもう1年半近く。多くの方は、すでにお試しいただいているかと思うのですが、先日、Kindleストアにflick!が登場! これで、Amazonのアカウントさえあれば、とりあえずflick!を購読してみてもらえるようになりました。

ブラボー!

というわけで、まずは

1.Amazonのflick! 11月号のURLにアクセス

Amazoncojp__flick__digital_201311_v2.1-Clickでいますぐ買うをクリック!

3.kindle アプリをダウンロード。
 iPhoneでもiPadでも、Androidでも、もちろんKindle Fireでも。

Itunes__app_store__iphoneipod_tou_2

4.読む。


Dsc00036

これで読めます。

ポイントは、『Amazonで買い物をしたこと』があって、『iPhoneか、iPadか、Androidか、Kindle Fire HDシリーズ』のいずれかを持っていれば、flick!を買えるわけです。

ぜひお試し下さい。

ちなみに、最新号である12月号も発射準備中ですので、予約購入できます

2013年11月18日 (月)

今月も豪華プレゼント! ご応募はお早めに!

現在好評発売中のflick! 12月号Vol.26、今月も豪華プレゼントをご用意しております。

Flick_digital_

Lightning対応のモバイルアンプに、話題のiPhoneやアンドロイドで動かせるラジコンロボットSphero 2.0、さらにはBAドライバーを採用したklipshのイヤフォン、X4iまで、iPhone、スマホユーザー注目のアイテムばかり! ウェブサイトから簡単に応募できるので、ぜひ! アンケート結果は誌面に大いに反映させていただこうと思いますので、いろいろ書き込んでくださいね! 

【速報!】Kindleストアで雑誌の取り扱いが始まった模様

これまで、Kindleではテキストオンリーで、
雑誌の取り扱いはなかったのですが

ついに雑誌の取り扱いが始まったようです。

Dsc00036(右がKindle Fire HD、左がiPadのKindleアプリ)

しばらく前から試験的にデータは納入していたのですが
とりあえず、ひとつ前の11月号が配信されています。
他の雑誌の販売なども、公式なアナウンスはされていませんし
メニューにも『雑誌』というカテゴリーはないので、
まだ試験的な配信のような気がしますが、
とにかく、フリック!の11月号は買えます。

Amazoncojp__flick__digital_201311_v

これで、Kindle Fireなどの、Kindleのカラーデバイスの価値は
ググッと上がりそうですね。

ちなみに、誌面はビットマップデータでの配信です。
iPadでも、Kindle Fireでも試してみましたが
よくあるサムネル的なメージめくり用のもくじがないので
ページを探すのがちょっと面倒ですが
きっとまぁ、このへんは改善されるでしょう。

もちろん、Kindleアプリさえ入れればiPadでもAndroid端末でも
iPhoneでも読めます。
Amazonのアカウントさえあれば購入できますから
これで、電子雑誌もようやく、普及が進むんではないかと
とっても楽しみです。

とりあえず、試しに一冊、どうぞ(笑)



※従来から、一部、強引に画面をキャプチャして売ってる雑誌はありましが
 あの手法は公式ではありません。

2013年11月15日 (金)

iOS 7.0.4アップデートが出てます【iPhone】

iOSの7.0.4アップデートが出てます。

『設定>一般>ソフトウェアアップデート』
からアップデートできます。

Img_5811_2
アップデートはWi-Fi環境でなければできません。また、バッテリーが50%以上あるか、電源に繋がっていなければアップデートできません。バグフィックスなので、あわててアップデートする必要はないので、電源とWi-Fiがしっかりある環境でアップデートしましょう。また、再起動も行われます。

ダウンロードしてインストールをタップして、編集部の環境では最初『1分』と表示されましたが、ダウンロードに5分、インストールして再起動するのに10分ぐらいかかりました。

iPhone版は37.6MBですが、iPadは16.8MBでした。iPhoneの方がに変更が多いのでしょうか?

2013年11月14日 (木)

iPhone版Facebook最新版(6.7.2)は、こうやってアップデートする

先日、アップデートしそこなう騒ぎのあった6.7.1が落ち着いたかと思うと、6.7.2は、また微妙な感じのアップデートです。

Img_580842さっきも述べた通り変更点は2ポイント。

1.メッセンジャーをタップすると、メッセンジャーアプリが起動する。
2.住所録と連動して、電話番号とアカウントをヒモ付けようとする。


個人的にはどっちもイヤなんですよね。メッセンジャーアプリなんて起動しなくていいし、電話番号となんてヒモ付けて欲しくない。でもFacebookアプリだけ、アップデートせずにいるのも面倒。というワケで対策は。

1.メッセンジャーアプリを削除する。
2.設定で住所録との連動を切る。

というワケであります。

Img_58103_2
(↑これはメッセンジャーアプリの方の同期設定。Facebookの方は、設定>Facebook>アカウントの使用を許可するAPP>連絡先をOFFにすればいいと思う……?)

ま、これでひとまず、Facebookアカウントと電話番号をヒモ付けるのはOFFにできますが……誰か、知り合いが私のアカウントと電話番号をヒモ付けてしまったら、同じことな気もします。どうなんでしょ?

2017年11月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー