デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 選択スキャンのSV600と、包括スキャンのiX500 | メイン | Adobe Revel iOS版が2.0に »

2013年6月19日 (水)

これは面白い! USB Power Meter

商品を見た途端『これは面白い!』と、
感激して、取材用に入手したのが
センチュリーのUSB Power Meter
(オープン価格・センチュリーダイレクト価格2980円)。

__

簡単に言うとUSBケーブルに接続して
そのケーブルに、どのぐらいの電流と電圧が流れているか
計測する装置。

そもそも、5V500mAhの規格だったUSBだが
USB 3は900mAhだとか、iPadは2Aだとか
(たしかに、500mAhで充電してたら、12000mAhだと丸1日ぐらいかかるw)
供給側でも500mAhから2.1A対応までいろいろ。

そもそも、リチウムバッテリーはキャパ以上の電流量で充電したら
燃えたり破裂したりする危険のあるモノ。
幾重にも安全装置が用意されているとはいえ
社外品の規格外の充電器で充電してていいのかっていうのは
大変気になるところです。

その辺、計ってみると解決するわけで。

実際、iPad用の2Aの充電器でiPhoneを充電した時に何A流れているか
MacBook ProからiPadを充電した時に何A流れているかとか
実に興味深いワケです。

え? マニアック過ぎますかねぇ。
でも、どの条件下で早く充電できるかが
わかれば面白いと思うのですが。

というわけで、計測したら、かなり面白くて
次号、フリック!デジタル8月号をお楽しみに。

コメント

Cardwell's coming projection screens in addition to falling bits are usually sparer when compared with many stage shows, but they also placed the figures and also predicaments louis vuitton shoes in whole concentration. Mela Hoyt-Heydon's powerful fancy dress costumes, Jules Ferrin's thunderous seem along with Steven Young's impressive lighting style commingle to produce quite a few sensational stage images, and not simply your commemorated helicopter that delineates december Saigon.

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー